『清涼山 曹源寺』〈愛知県豊明市〉

清涼山 曹源寺 愛知-豊明市 彷徨うBonJin

『清涼山 曹源寺』は、愛知県豊明市にある曹洞宗の寺院です。

札所

寺院概要

基本情報

  • 名称:
    『清涼山 曹源寺』(せいりょうざん そうげんじ)
    Seiryozan Sogenji Temple
  • 所在地:
    〒470-1165 愛知県豊明市栄町内山45
    45 Uchiyama, Sakaecho, Toyoake-shi, Aichi-ken 470-1165 Japan
  • TEL:
    0562-97-0915
  • 公式メディア:

宗旨・沿革

  • 創建:
    鎌倉時代?
  • 宗派:
    曹洞宗
  • 本尊:
    釈迦牟尼仏
  • 開山:
    実田以耘(じつでんいうん)
  • 開基:
    不詳
  • ご真言:
    のうまく さんまんだ ぼだなん ばく
  • ご詠歌:
    知多四国 第一番におはします 曹源寺なる 釈迦の尊さ

アクセス

〒470-1165 愛知県豊明市栄町内山45

  • 駅・停留所:
    名鉄名古屋本線 「前後」駅
  • 駐車場:
    あり 山門外

詳細情報・参拝

一番札所曹源寺は知多半島の最北端に位置している。所在地の豊明市のうち市域のおよそ南半分は、明治39年以前は知多郡に属していた。名古屋のベッドタウンとして宅地開発が著しい街だが、寺のある大脇地区は農村風情を色濃く残しており、寺もその静かな環境のなかに仔んでいる。

威厳のある山門に知多四国第一番の風格を見せる曹源寺は、後柏原天皇の永正二(1505)年に開創された。開山は実田以耘大和尚。当初は天台宗だったが、その後、曹洞宗に改められた。

永禄三(1560)年に近郊で桶狭間の戦いがあり、二世の快翁龍喜和尚が多数の戦死者を「戦人塚」に弔った。以来、現在までその供養が続けられている。また同寺では、今川義元の位牌も守られている。

江戸時代の承応三(1654)年には火災に見舞われたため、開山の地より一キロほど離れた現在地に伽藍を再建、享保二(1717)年には山門が建立された。現在の本堂は、明治13年に再建されたものである。一番札所ということもあり、納経所には朱印帳をはじめ白衣、輪袈裟、などさまざまな巡礼用品が置かれている。

「知多四国巡礼」歴遊舎

ギャラリー

周辺情報

  • 宝福寺
  • 大府みどり公園
  • 桶狭間古戦場公園
  • 桶狭間古戦場伝説地
  • 桶狭間古戦場伝説地 附 戦人塚
  • 今川治部大輔義元之墓
  • 香華山 高徳院
  • 大蔵池公園

まとめ〈追記・補足〉

この記事では、愛知県豊明市にある『清涼山 曹源寺』についてまとめました。

追記・補足
  • 2019.03.18
    参拝(『知多四国八十八ヶ所霊場』札所として)。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。
訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとに記事内容施設などのご利用など企図される場合は、事前に当該運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました