延命山 地蔵寺(愛知県大府市)

延命山 地蔵寺 彷徨うBonJin

延命山 地蔵寺(愛知県大府市)
Enmeizan Jizoji Temple

  • 知多四国八十八ヶ所霊場 5番札所
    The 5th temple, Chita-Shikoku 88 Reijo (88 Stage on the Chita-Shikoku Pilgrimage)
  • くるま六地蔵 1番札所
  • 尾州大府霊場 16番札所

寺院概要

名 称 延命山 地蔵寺(えんめいざん じぞうじ)
Enmeizan Jizoji Temple
所在地 〒474-0023 愛知県大府市長草町本郷40
40 Hongo, Nagakusamachi, Obu-shi, Aichi-ken 474-0052 Japan
TEL 0562-46-1963
WEB Website
Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

宗旨・沿革など

宗 派 曹洞宗
本 尊 延命地蔵大菩薩
開 山 日山天朔大和尚
開 基 教岩玄秬和尚
創 建 江戸時代初期
ご真言 おん かかかび さんまえい そわか
ご詠歌 六道の 能化を誓う 御仏の 利益長草 この地蔵寺
その他 行事:どぶろく祭り・

アクセス

〒474-0052 愛知県大府市長草町本郷40

  • 駐車場:山門下
  • 最寄駅:JR東海道本線 共和駅
    知多バス 長草

詳細・参拝

東海市と大府市の境界周辺に広がる広大な畑を眺めつつ歩き、長草集落の中心にある地蔵寺へ。隣接する長草天神社は江戸時代の終わりまでこの寺が管理しており、二月のどぶろく祭りで広く知られている。

地蔵寺は天正元年(一五七三)、地頭の市村伝四郎の勧進でこの地に地蔵堂が建てられたのが起源。横須賀(現東海市)の長源寺から教岩玄秬和尚を迎え、地蔵寺として開創された。慶長十九年(一には日山天朔和尚が伽藍を建立して開山、さらに中興の祖とされる印宗定海和尚が延享四年(一七四七)に寺格を上げている。

庫裡は、鉄筋コンクリートの平らな屋根の建物に仏教様式の大屋根をかぶせるという珍しい建築で、昭和四十六年の完成。平成十五年には新たに瓦葺きの本堂が落慶した。

「知多四国巡礼」歴遊舎

訪問:2019/08/14

5番札所であるこの地蔵寺ですが、所在地が飛び地となっていて、知多四国霊場会発行の「知多四国お参りマップ」では、順打ちだと84番札所の玄猷寺と88番札所の円通寺の間の順路として推奨されています。
ただ、私はとりあえず番号順にお参りしたかったので4番札所の延命寺の後に伺いました。

周囲はクルマ通りも多い(国道249号線)住宅地。
敷地でまず目につくのが長草神社(天満宮)で、参拝上は地蔵寺は奥になります。

南無大師遍照金剛…。


延命山 地蔵寺 彷徨うBonJin

延命山 地蔵寺 彷徨うBonJin

延命山 地蔵寺 彷徨うBonJin


知多四国八十八箇所霊場

知多四国八十八箇所霊場(ちたしこくはちじゅうはちかしょれいじょう)は、愛知県の知多半島にある88ヶ所の弘法大師(空海)ゆかりの札所の総称です。「(知多)新・四国八十八箇所霊場」と呼ばれることもあります。

弘法大師(空海)は、東国巡錫の途中に知多半島に上陸(現在の南知多市聖崎)し、医王寺で七日間、岩屋で百日間の護摩行を勤められたと言います。

その後1809年(文化6年)に、尾張国古見村の妙楽寺住職「亮山阿闍梨(1722~1847)」が弘法大師の夢告によって発願。三度四国に巡拝を重ね、福住村の農家「岡戸半蔵」と、讃岐生まれで水戸藩出仕の武士「武田安兵衛」の献身的な協力を得て、十余年をかけて知多四国霊場を開創したとされています。

現在は、88箇所に加え、開山所の3箇所と番外霊場7箇所の合計98箇所を巡礼するようになっています。

小豆島八十八箇所、篠栗四国八十八箇所と共に、「日本三大新四国霊場」に数えられることもあります。

詳細は下の記事をご覧ください。

知多四国八十八ヶ所霊場
知多四国八十八ヶ所霊場についての知識 弘法大師ゆかりの霊場と言えば、本家はむろん四国八十八ヶ所霊場及び高野山と…
「霊場」とは?
  「霊場」とは? その意味と日本の霊場をリストアップ 旅好き、観光好きなおじさんとしては、大自然や…

四国八十八ヶ所霊場(1)
四国八十八ヶ所霊場についての知識 恐らく、国内の「霊場めぐり」と呼ばれるものの中で最も著名なのがこの四国八十八…
四国八十八ヶ所霊場(2)
四国八十八ヶ所霊場 一覧とアクセス いざ、四国八十八ヶ所霊場めぐりへ。 所在地札所番号順の一覧表と、マッピング…

掲載されている情報について、すべて最新かつ正確との保証はいたしかねますので、詳細につきましては各情報の運営元等にご確認いただきますようお願い申し上げます。