街道・宿場

全国

『続 日本100名城』-日本城郭協会選定-

『続 日本100名城』は、公益財団法人 日本城郭協会が50周年記念事業として企画・実施した日本の名城(城跡)の選定事業(2019年発表)。その100名城を簡単にに参照できるよう全国版マップとリスト(所在地や問合せ先、公式・関連ウェブサイトなど)にまとめた記事。ご城印(朱印)・スタンプについては個別参照のこと。
全国

日本遺産

日本遺産は、日本にある世界遺産のことではなく、2015年からスタートした文化庁主導の日本独自のブランディングプロジェクト。史跡や有形・無形の文化財などをパッケージ化してストーリーとして展開させることが特徴。国内外への効果的PRが狙い。既に全国で100件を超える認定ストーリーが存在する(2020年6月現在)。
雑記・博覧

奥州街道 -蝦夷地を臨む「奥の細道」-

五街道のひとつである奥州街道についての概要や、その特徴についてのまとめ。奥州街道は、東京都・日本橋から北海道の箱館まで、114次の宿を並べる(制定当時は宇都宮~白河までを奥州街道と呼んだ)。ルートは、東京都・埼玉県・茨城県・栃木県・福島県・宮城県・岩手県・青森県・北海道。後年特に蝦夷地との往来路として重要であった。
雑記・博覧

甲州街道 -江戸を陰で支えた富嶽の道-

五街道のひとつである甲州街道についての概要や、その特徴についてのまとめ。甲州街道は、東京都・日本橋から長野県の下諏訪宿まで、俗に「甲州街道四十四次」と呼ばれる。ルートは、現在の東京都・神奈川県・山梨県・長野県を通る約210kmのコース。有事の際の徳川将軍の避難路としての役割を持っていた。
雑記・博覧

日光街道 -家康が睨みを効かす将軍の参詣道-

五街道のひとつである日光街道についての概要や、その特徴についてのまとめ。日光街道は、東京都・日本橋から栃木県の日光東照宮まで、俗に「日光街道二十一次」と呼ばれる。現在の東京都・埼玉県・茨城県・栃木県を通る約140kmのコース。江戸将軍の参詣路とも呼ばれ大名や旅人に敬われたと言われるが、実質は重要な政治・物流路線。
雑記・博覧

東海道 -昔も今も日本を支える大動脈-

五街道のひとつである東海道についての概要や、その特徴についてのまとめ。東海道は、東京都・日本橋から京都府の三条大橋まで、俗に「東海道五十三次」と呼ばれる。関東から東海にかけての太平洋側のルートを通り、愛知から三重は一部海路となる。東京都・神奈川県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県を通る約500kmのコース。
雑記・博覧

中山道 -山路を往く、風光明媚な裏街道-

五街道のひとつである中山道についての概要や、その特徴についてのまとめ。中山道は、東京都・日本橋から京都府の三条大橋まで、俗に「中山道六十九次」と呼ばれる。関東から東海にかけて内陸の山側ルートを通り、長野や岐阜の難路は木曽路とも呼ばれる。東京都・埼玉県・群馬県・長野県・岐阜県・滋賀県を通る約540kmのコース。
雑記・博覧

日本の街道 2 -街道一覧-

日本には「街道」と呼ばれる、或いはかつて呼ばれた交通路が多く存在する。街道は、遺跡や遺構だけでなく、史実の背景としての挿話なども数多く残されている貴重な舞台。「日本の街道 1」に引き続いて、全国に数多く名前の残る街道をリストアップしてみた。五街道・東海道・中山道・甲州街道・奥州街道・日光街道・鎌倉街道・飯田街道
雑記・博覧

日本の街道 1 -概要とその歴史-

日本には「街道」と呼ばれる、或いはかつて呼ばれた交通路が多く存在する。街道は、遺跡や遺構だけでなく、史実の背景としての挿話なども数多く残されている貴重な舞台。ここでは、街道の概要とその成り立ち、宿場散策のための知識などをまとめた。一里塚・道標・高札場・旅籠・常夜灯・問屋場・本陣・並木・升形・関所・脇往還
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました