2022 テラ・ヴォルトマンオープン エントリー/ドロー/結果【2022ハレ】

2022大会 テニスのBonJin
2022 ATPツアー

2022.06.13 – 2022.06.19

ATP 500
テラ・ヴォルトマンオープン〈旧ノベンティオープン〉
ハレ/ドイツ

ATP 500
Terra Wortmann Open
Halle, Germany

テニス 2022 テラ・ヴォルトマンオープン(旧 ノベンティオープン)の大会概要、エントリーリスト、ドロー(トーナメント表)、テレビ放送・ネット配信予定、大会結果などの情報です。
尚、この記事は、エントリーリストの公表からアップされ、ドロー及び結果(準々決勝・準決勝・決勝)までを随時フォローして追記更新していきます。

ドイツの新型コロナウィルス(COVID-19)の状況(REUTERS COVID-19 TRACKER)

大会概要

テラ・ヴォルトマンオープンは、ドイツのハレで開催されるATPワールドツアー500シリーズの大会(男子単催)です。

この大会は、1993年からの歴史を持ち、ドイツの片田舎ハレの名物として長く人気のある大会です。2014年までATP250カテゴリに属していましたが、2015年からATP500カテゴリに昇格し今日に至ります。
尚、昨年来、このハレの大会が、グラスコート・シーズン初のマスターズ1000大会への昇格を検討されている旨の情報もありましたが、今年は叶わなかったようです。

大会は、第1回開催から同地の地場企業であるゲリー・ウェバー社がメインスポンサーとしてその名を冠し、長らくゲリー・ウェバーオープンという呼称で親しまれてきましたが、2019年に経営不振のためスポンサーを急遽撤退。大会直前にミュンヘンの企業であるノベンティ・グループにその地位を譲りました(詳しくは過去の当サイト記事の追記をご参照ください)。
そして今年は、ドイツのPCメーカーであるTerra Wortmann社が大会名を名乗ることとなりました。

大会の戦績で出色なのはやはり、芝の皇帝・R.フェデラー。2003年から2019年まで、うち10回の優勝を誇ります。
周知のとおりフェデラーは、現在手術からのリハビリ中ということで、この大会のエントリーリストにも名前はありませんが、先日既にコート練習を始めたとの情報もあります。
何度も奇跡を演じてきた伝説の男が、我々にまたその勇姿を見せてくれる日も近いかもしれません(9月の「2022 レーバーカップ」、或いは10月の地元スイス開催「2022 スイス・インドア・バーゼル」からの復帰が濃厚とのこと)。

2022 テラ・ヴォルトマンオープン(旧 ノベンティオープン)〈ハレ〉

  • 大会グレード
    ATP500
  • 期間
    2022.06.13 – 2022.06.19
  • 開催地
    ハレ/ドイツ
  • 会場
    OWLアリーナ
  • 賞金総額
    EUD 2,275,275
  • コートの種類
    屋外グラス(天然芝)コート
  • シングルスドロー数
    32
  • ダブルスドロー数
    16
  • シングルス過去優勝者
    2021 U.ウンベール
    2020 開催なし
    2019 R.フェデラー
    2018 B.コリッチ
    2017 R.フェデラー
    2016 F.マイヤー
    2015 R.フェデラー
    2014 R.フェデラー
    2013 R.フェデラー
    2012 T.ハース
    2011 P.コールシュライバー
    2010 L.ヒューイット
    2009 T.ハース
  • チケット情報
    大会特設サイト
  • 公式メディア

2021年の男子シングルス決勝では、U.ウンベールとA.ルブレフが対戦。
ウンベールが殊勲のビッグタイトルをモノにしました。

2021 ノベンティオープン 男子シングルス決勝

2022 エントリーリスト

2022男子シングルスのエントリーリスト(メインドロー・オルタネイト枠20)です。
大会ドローの確定まで随時更新します。
2022/05/30版

メインドロー 本戦

1 Daniil Medvedev 2 2
2 Alexander Zverev 3 3
3 Stefanos Tsitsipas 4 4
4 Andrey Rublev 7 7
5 Felix Auger-Aliassime 9 9
6 Jannik Sinner 12 12
7 Hubert Hurkacz 13 13
8 Pablo Carreno Busta 18 17
Roberto Bautista Agut 19 19
Nikoloz Basilashvili 24 25
Karen Khachanov 25 24
Sebastian Korda 30 30
Miomir Kecmanovic 31 31
Cristian Garin 37 36
Alex Molcan 38 47
Lloyd Harris 39 37
Holger Rune 40 40
Aslan Karatsev 41 39
Ugo Humbert 46 45
David Goffin 48 48
Marcos Giron 49 49
Ilya Ivashka 50 50
(WC) Daniel Altmaier 53
Laslo Djere 56 51
(WC) Nick Kyrgios 76
(WC)
(WC) A+
(SE)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

メインドロー オルタネイト20

1 Fabio Fognini 51 52
2 Benjamin Bonzi 52 53
3 Daniel Altmaier 53 54
4 Marton Fucsovics 57 55
5 Filip Krajinovic 55 56
6 Lorenzo Musetti 66 57
7 Mackenzie McDonald 60 58
8 Oscar Otte 59 60
9 Emil Ruusuvuori 61 61
10 Maxime Cressy 62 63
11 Tallon Griekspoor 58 64
12 Arthur Rinderknech 68 65
13 Benoit Paire 78 67
14 Hugo Gaston 74 68
15 James Duckworth 72 70
16 Soonwoo Kwon 71 71
17 Brandon Nakashima 75 74
18 Richard Gasquet 70 75
19 Nick Kyrgios 76 76
20 Jiri Lehecka 77 77

日本時間の5月30日現在、シングルスではメインドロー、オルタネイト枠ともに日本人選手の名前はありません。

2022 大会ドロー

2022大会ドロー(トーナメント表)です。

男子シングルス

ATP公式ウェブサイトリンク

draw-ms-2022halle-f

  • 杉田祐一が男子シングルス予選に出場も1回戦敗退。
  • 男子シングルス本戦第1シードはD.メドベージェフ。

男子ダブルス

ATP公式ウェブサイトリンク

  • ダブルスの第1シードはM.グラノリェルス/H.セバジョス組。

テレビ放送・配信予定など

2022/5/30時点、日本向けメディアでは、以下で放送・配信の予定があります。

WOWOW 〈放送・配信〉

2022 大会結果

  • シングルス:準々決勝・準決勝・決勝
  • ダブルス:決勝

男子シングルス

  • 日本人選手の出場はありません。

準々決勝

O.オッテ vs K.カチャノフ(8)
46 76 64

D.メドベージェフ(1) vs R.B.アグート(7)
62 64

P.カレノブスタ(6) vs N.キリオス
46 26

H.フルカシュ(5) vs F.オジェエイリアシメ(4)
76 76

準決勝

D.メドベージェフ(1) vs O.オッテ
76 63

H.フルカシュ vs N.キリオス
46 76 76

決勝

D.メドベージェフ(1) vs H.フルカシュ(5)
16 46

男子ダブルス

  • 日本人選手の出場はありません。

決勝

M.グラノリェルス/H.セバジョス(1) vs M.ビーナス/T.プエッツ(3)
64 67 14-12 

まとめ〈追記・補足〉

この記事では、ATPツアー 2022 テラ・ヴォルトマンオープンについてまとめました。

追記・補足
  • 2022/06/18
    ランキング1位のメドベージェフが天敵アグートにストレート勝利して4強入り。
  • 2022/06/20
    • シングルス優勝はH.フルカシュ。キャリアタイトル獲得
    • ダブルス優勝はM.グラノリェルス/H.セバジョス組。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。