2022 シンチ選手権 エントリー/ドロー/結果【2022ロンドン】

2022大会 テニスのBonJin
2022 ATPツアー

2022.06.13 – 2022.06.19

ATP 500
シンチ選手権〈クイーンズクラブ選手権〉
ロンドン/イギリス

ATP 500
Cinch Championships
London, Great Britain

テニス 2022 シンチ選手権の大会概要、エントリーリスト、ドロー(トーナメント表)、テレビ放送・ネット配信予定、大会結果などの情報です。
尚、この記事は、エントリーリストの公表からアップされ、ドロー及び結果(準々決勝・準決勝・決勝)までを随時フォローして追記更新していきます。

イギリスの新型コロナウィルス(COVID-19)の状況(REUTERS COVID-19 TRACKER)

大会概要

シンチ選手権は、イギリスのロンドンで開催されるATPワールドツアー500シリーズの大会(男子単催)です。

サーフェスはグラス(天然芝)コート。ウィンブルドン選手権の前哨戦として位置づけられていて、創設は1969年に遡る歴史のある大会です(1971年~1973年は男女共催でした)。

この大会は、2009年から2017年までメインスポンサーの名称を冠しエイゴン選手権と呼ばれ、2018年から2020年まではフィーバー・ツリー選手権、そして2021年はイギリスの企業であるシンチ社の名を冠しシンチ選手権と称するようになっています。
ただ、古くからロンドンのクィーンズ・クラブで開催されていることから、ヨーロッパ界隈では「クィーンズ・クラブ選手権」と呼ばれることのほうが多いかもしれません。

同週開催のドイツのハレ大会と共に、2014年まではATPワールドツアー250シリーズでしたが、2015年からATPワールドツアー500シリーズに昇格しました。

2022 シンチ選手権 (クイーンズクラブ選手権)〈ハレ〉

  • 大会グレード
    ATP500
  • 期間
    2022.06.13 – 2022.06.19
  • 開催地
    ロンドン/イギリス
  • 会場
    クィーンズ・クラブ
  • 賞金総額
    EUD 2,275,275
  • コートの種類
    屋外グラス(天然芝)コート
  • シングルスドロー数
    32
  • ダブルスドロー数
    16
  • シングルス過去優勝者
    2021 M.ベレッティーニ
    2020 開催なし
    2019 F.ロペス
    2018 M.チリッチ
    2017 F.ロペス
    2016 A.マレー
    2015 A.マレー
    2014 G.ディミトロフ
    2013 A.マレー
    2012 M.チリッチ
    2011 A.マレー
    2010 S.クエリー
    2009 A.マレー
  • チケット情報
    大会特設サイト
  • 公式メディア

2021年の男子シングルス決勝では、M.ベレッティーニとC.ノーリーとの対戦。

2021 シンチ選手権 男子シングルス決勝

2022 エントリーリスト

2022男子シングルスのエントリーリスト(メインドロー・オルタネイト枠20)です。
大会ドローの確定まで随時更新します。
2022/05/31版

メインドロー 本戦

1 Carlos Alcaraz 6 6
2 Casper Ruud 8 8
3 Matteo Berrettini 10 10
4 Cameron Norrie 11 11
5 Taylor Fritz 14 14
6 Denis Shapovalov 15 15
7 Diego Schwartzman 16 16
8 Reilly Opelka 17 18
Alex de Minaur 20 21
Grigor Dimitrov 21 20
Gael Monfils 22 22
Marin Cilic 23 23
Frances Tiafoe 27 27
Alejandro Davidovich Fokina 28 28
Botic van de Zandschulp 29 29
Daniel Evans 32 32
Tommy Paul 33 33
Jenson Brooksby 34 34
Lorenzo Sonego 35 35
Alexander Bublik 42 41
Pedro Martinez 43 43
Albert Ramos-Vinolas 44 42
(WC) Andy Murray 67
(WC) Jack Draper 106
Stan Wawrinka 264 22 (PR)
(WC)
(WC) A+
(SE)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

メインドロー オルタネイト20

1 Francisco Cerundolo 45 44
2 Benjamin Bonzi 52 53
3 Marton Fucsovics 57 55
4 Filip Krajinovic 55 56
5 Lorenzo Musetti 66 57
6 Mackenzie McDonald 60 58
7 Oscar Otte 59 60
8 Emil Ruusuvuori 61 61
9 Tallon Griekspoor 58 64
10 Arthur Rinderknech 68 65
11 Benoit Paire 78 67
12 Hugo Gaston 74 68
13 Andy Murray 67 69
14 James Duckworth 72 70
15 Soonwoo Kwon 71 71
16 Adrian Mannarino 69 73
17 Brandon Nakashima 75 74
18 Richard Gasquet 70 75
19 Jiri Lehecka 77 77
20 Alejandro Tabilo 80 78

日本時間の5月30日現在、シングルスではメインドロー、オルタネイト枠ともに日本人選手の名前はありません。

2022 大会ドロー

2022大会ドロー(トーナメント表)です。

男子シングルス

ATP公式ウェブサイトリンク

draw-ms-2022london-f

  • ダニエル太郎が男子シングルス予選に出場も1回戦で敗退。
  • 男子シングルス本戦第1シードはC.ルード。

男子ダブルス

ATP公式ウェブサイトリンク

  • マクラクラン勉/A.ゴランソン組は予選出場。
    →予選突破し本戦へ。
  • 男子ダブルスの第1シードはR.ラム/J.サリスベリー組。

テレビ放送・配信予定など

2022/5/31時点、日本向けメディアでは、以下で放送・配信の予定があります。

WOWOW 〈放送・配信〉

2022 大会結果

  • シングルス:準々決勝・準決勝・決勝
  • ダブルス:決勝

男子シングルス

  • 日本人選手の出場はありません。

準々決勝

A.D.フォキナ vs B.バン デ ザンダスフルプ
26 46

T.ポール vs M.ベレッティーニ(2)
46 26

R.ペニストン vs F.クライノビッチ
64 36 36

E.ルースプオリ vs M.チリッチ(7)
67 46

準決勝

B.バン デ ザンダスフルプ vs M.ベレッティーニ(2)
46 36

F.クライノビッチ vs M.チリッチ(7)
63 63

決勝

F.クライノビッチ vs M.ベレッティーニ(2)
57 46

男子ダブルス

  • マクラクラン勉/A.ゴランソン
    1回戦:● vs R.ファラ/J.セバスチャンカバル 63 36 4-10

決勝

H.ヘリエバーラ/L.グラスプール vs N.メクティッチ/M.パビッチ
75 67 10-4

まとめ〈追記・補足〉

この記事では、ATPツアー 2022 シンチ選手権についてまとめました。

追記・補足
  • 2022.06.15
    • 男子複のマクラクラン勉/A.ゴランソン組は予選突破も3大会連続の本戦緒戦敗退。
    • 男子単、S.ワウリンカがF.ティアフォーに勝利。芝コート大会では2019年ウィンブルドン1回戦以来の勝利。
  • 2022.06.20
    • シングルス優勝はM.ベレッティーニ。2週連続のタイトルで絶好調維持
    • ダブルス優勝はノーシードのH.ヘリエバーラ/L.グラスプール組。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。