2019 ノベンティオープン ドロー発表/結果【2019ハレ】

テニス 2019 ノベンティオープン
ドロー発表・結果など

ATP500 ノベンティオープン〈旧 ゲリー・ウェバーオープン〉 ハレ/ドイツ 2019.6.17 – 2019.6.23
NOVENTI OPEN Halle, Germany June 17 – 23 2019

出場選手ドロー(トーナメント表)発表・結果(準々決勝・準決勝・決勝等追記)、テレビ放送・配信予定などの情報です。

2019大会概要・出場選手エントリー記事はこちら↓

2019 ゲリー・ウェバーオープン エントリー告知 錦織出場【2019ハレ】
テニス 2019 ゲリー・ウェバーオープン エントリーリスト・大会概要 大会ドロー(トーナメント表)は、発表あり次第別記事投稿します...

2019年ノベンティオープンの開幕です。

弊サイトの同大会エントリー告知記事の段階では、ゲリー・ウェバーオープンという大会名称でした(同記事の追記参照)。

筆者自身、まだ新名称がしっくりきません(笑)。ゲリー・ウェバーという名称が、あまりに伝統のある、そして印象深いものであるため、古くからのテニスファンにとっては少し寂しい思いもあります。

また、エントリーしていた錦織圭は直前の欠場を発表しました。残念ではありますが、右上腕の故障が完全に癒えず、大事をとっての欠場ということです。

ただ、補足のようなかたちで、錦織の同大会の来年以降3年間の出場コミットメントも同時に発表されました。ちょっと異例なことですが、恐らくは、ATPを含む大会運営の大人の事情(今回マネジメントは継続しているウェバー側と、新スポンサー陣営との駆け引き材料のひとつになっていることが推測されます)によるものではないかと…。

とにかく、これで錦織は今年のウィンブルドン選手権のグラスコートには前哨戦なしのぶっつけ本番で挑むことになりました。

前向きに捕らえ、フレッシュな気持ちで臨むグランドスラムもたまには良いかもしれません。

そして、この大会、現時点で、男子シングルス、シングルス予選の各ドローに日本人選手の名前はなくなってしまいました。

ただ、ダブルスにマクラクラン勉と現在躍進中のJ.L.ストルフのペアが出場します。1回戦はワイルドカードで出場のズベレフ兄弟と当たります。

このところマクラクランがパッとしません(ドロー運もけっこうシビアでしたが)。ストルフもシングルスが好調なだけに今後のペアの動向も気になるところです。

ドロー・男子シングルス その他リンク

PDFを画像表示しています(1ページ)。
画像下部のボタンより拡大・縮小ができます。

draw-ms-2019halle-r

男子シングルスドロー 公式PDFリンク

男子ダブルスドロー 公式PDFリンク

(ATP公式ウェブ)

上位シード、注目選手は?

錦織に続いて、D.ティエム、P.カレノブスタも今大会の欠場を発表しました。

ティエムは全仏オープンの激闘からの疲労回復、カレノブスタは軽微な故障というのがそれぞれの理由のようです。

今大会、男子シングルスの第1シードはR.フェデラー、第2シードにA.ズベレフ、第3シードにK.カチャノフ、第4シードがB.コリッチです。

この大会の顔とも言える芝の皇帝・フェデラーのパフォーマンスはやはり注目です。全仏オープンでは準決勝で魔神・R.ナダルに敗れはしましたが、過酷なクレーコートでもより進化したプレイでベスト4進出という結果を残し、改めて、彼こそが今なお「史上最高のオールラウンダー」であることを証明しました。

1回戦からやや厳しめのドローですが、自身の庭であるグラスコートに立ち、来るウィンブルドンに向けて今回どういう調整を試みるのか興味が尽きません。

メンバー的には同時開催のロンドンより平均年齢は高くなっているようです(笑)が、好調なK.カチャノフ、B.コリッチ、R.ガスケ、L.ジェレ、J.L.ストルフといった面々の活躍で大会全容は面白くなりそうです。

テレビ放送・配信予定など

国内向けでは、以下のメディアで予定されています。

WOWOW メンバーズオンデマンド

BS朝日

GAORA

GERRY WEBER OPEN

[追記:2019/06/21~]

大会結果

準々決勝

K.カチャノフ(3) vs M.ベレッティーニ
26 67
A.ズベレフ(2) vs D.ゴフィン
63 16 67
B.コリッチ(4) vs P.H.エルベール
57 0r0
R.フェデラー(1) vs R.B.アグート(7)
63 46 64

フェデラーは第2セット以降、アグートの巧みなディフェンスと深いボールに苦しめられたが辛くも振り切った。

準決勝

D.ゴフィン vs M.ベレッティーニ
76 63
R.フェデラー(1) vs P.H.エルベール
63 63

フェデラーが好調エルベールをストレートで一蹴しました。

昨日厳しいゲームを獲りきったところで、今日はブレイクすらさせず1時間で圧倒です。

相変わらず強いおじさんは、明日、復調モードのゴフィンを迎え撃ちます。

決勝

R.フェデラー(1) vs D.ゴフィン
76 61

(補)大会出場の流れ

ブログ閲覧者の方からご要望があったため、エントリーからドロー発表、出場に至るまでのおおまかな流れを、用語とともに説明します。
尚、ルールについては、シーズン、大会ごとに異なる場合もありますので、現在でのおおまかな説明とさせていただきます。
誤りなどもあるかもしれませんが、その場合にはご容赦のうえ、やさしくご指摘いただけると幸いです。

エントリーリスト
通常、各大会の6週間前に発表される、その時点での大会出場者リストです。
ATPランキング順に出場が決定され、大会の出場枠にそのまま収まる(出場できる)ことを本戦ダイレクトイン、またはストレートインと呼びます。

オルタネイト枠(A)
ダイレクトインに届かなかった選手の、いわゆるキャンセル待ちの枠です。

ワイルドカード枠(WC)
大会主催者側の推薦枠で、ランキングの低い大会地元の若手がチャンスを与えられて入ったり、タイミングの都合でエントリーしていなかった上位人気選手が招請されて入ることもあります。

プロテクトランキング(PR)
故障などで6ヶ月以上渡りツアーを離れなければならなかった選手が、復帰の際、その故障時点でのランキング(厳密には3ヶ月の平均値)を大会エントリーに生かすことができる救済措置の権利のことを言います。
復帰から9ヶ月間限定で、ワイルドカードを除く8大会に利用できます。

ラッキールーザー(LL)
予選開始後に本戦に欠員が生じた場合、補充のために設けられる特別枠で、予選出場者に限られます。ここでも、予選最終ラウンドの敗者の中からのランキング上位者が優先されます。

ドロー
トーナメント表をドローと呼びます。
上記の条件を元に調整され、日程にして本戦の2,3日前に発表されます。
そして予選ドロー調整の後、間もなく予選が開始されます。