2020 アデレード国際 ドロー/展望/結果【2020アデレード】

テニス 2020
アデレード国際
ドロー発表・展望・結果など

ATP250 アデレード国際
アデレード/オーストラリア
2020.01.13 – 2020.01.18
Adelaide International
Adelaide, Austoralia

出場選手ドロー(トーナメント表)発表・展望・結果、テレビ放送・配信予定などの情報です。

2020大会 概要・出場選手エントリー記事はこちら↓

2020 アデレード国際 大会概要/エントリーリスト【2020アデレード】
テニス 2020 アデレード国際 ATP250 アデレード/オーストラリア 2020.01...

また、今大会の結果等は本記事後半で追記・更新します(準々決勝・準決勝・決勝など)。

[追記:2020/01/16~] 準々決勝以降結果。

2020年アデレード国際の本戦ドローが発表されました。

周知のように、オーストラリアではATPカップが絶賛開催中、フィナーレを迎えようとしているタイミングです。

今大会の男子シングルス本戦・予選、ダブルス本戦に日本人の名前はありません。
女子シングルス予選では柴原瑛菜、青山修子の挑戦が見られましたが残念ながら両名とも敗退しています。但し、この2名は恐らくダブルス本戦に出場すると思われます。

ドロー(男子シングルス・その他リンク)及び展望

PDFを画像表示しています(1ページ)。
画像下部のボタンより、拡大・縮小ができます。

draw-ms-2020adelaide-2

男子シングルス公式PDFリンク

男子ダブルス公式PDFリンク

(ATP公式ウェブ)

女子シングルス公式PDFリンク

女子ダブルス公式PDFリンク

(WTA公式ウェブ)

大会の展望

上位シードの陣容

今大会、男子シングルスの上位シードは次のとおり(第1~第4シードまでは1回戦BYE)。

  1. A.デミノー
  2. F.A.エイリアシメ
  3. A.ルブレフ
  4. P.カレノブスタ
  5. T.フリッツ
  6. C.ガリン
  7. J.L.ストルフ
  8. R.オペルカ

ジョコビッチはエントリーから外れる

予想どおりというか、ATPカップで奮戦中のジョコビッチはエントリーから外れましたが、同大会で同じく決勝ラウンド中のオーストラリアの若きスター・デミノーはエントリー継続で第1シードとなりました。若いので無理がききます。そして第2シード、最年少のエイリアシメもATPカップで活躍してからの出場です。羨ましいほどの体力です。^^;

上位シード勢の動向

全豪オープンを翌週に控える大会で調整も難しいとは思いますが、シード勢はハードワークを厭わない選手ばかりです。
特にルブレフなどはATPカップに選ばれない鬱憤もあるらしく(他国であれば十分出場資格があるランキングであることなど)現時点のドーハでも大暴れで気を吐いており、その勢いもこの大会に持ち込みそうです。

1回戦の見どころ

個人的にはストルフと迷惑ノーシードのベルダスコの剛腕対決、オペルカとP.クエバスの試合などに注目しています。
G.シモン-J.シャルディのベテラン・フランス対決も見ものですね。

テレビ放送・配信予定など

国内向けでは、現時点で下記の放送・配信予定があります。

WOWOW
1/16 準々決勝
1/17 準決勝
1/18 決勝

Adelaide International Tennis Tournament | 10–16 January 2021

にほんブログ村 テニスブログへ 

2020 ATP ワールドツアー カレンダー
テニス 2020 ATPツアー カレンダー 2020年シーズンのATPツアーを主としたカレン...

大会結果

準々決勝

P.カレノブスタ(4) vs L.ハリス
36 36

A.ラモスビノラス vs T.ポール
36 46

D.エバンス vs A.ルブレフ(3)
46 63 36

A.ボルト vs F.オーガーエイリアシメ(2)
36 06

準決勝

T.ポール vs L.ハリス
46 76 36

A.ルブレフ(3) vs F.オーガーエイリアシメ(2)
76 67 64

決勝

L.ハリス vs A.ルブレフ(3)
36 06

好調を持続しているルブレフはこれで2大会連続優勝。来週の更新ランキングもキャリアハイの16位となることが決まりました。
勝ちグセをつけて全豪オープンに乗り込みます。

女子シングルスの優勝はA.バーティ。
全豪へ向けて現在の女王が最高のスタートを切りました。

2020 決勝 ハイライト

(補)大会出場の流れ

エントリーからドロー発表、出場に至るまでのおおまかな流れを、用語とともに説明します。
※ 尚、細かいルールについては、シーズン、大会ごとに異なる場合もあります。

エントリーリスト
通常、各大会の6週間前に発表される、その時点での大会出場者リストです。
参加表明している選手のATPランキング順に出場が決定され、大会の出場枠にそのまま収まる(出場できる)ことを本戦ダイレクトイン、ストレートイン、または(DA)ダイレクト・アクセプタンスと表現します。

オルタネイト枠(A)
ダイレクトインに届かなかった選手の、いわゆるキャンセル待ちの枠です。

ワイルドカード枠(WC)
大会主催者側の推薦枠で、ランキングの低い大会地元の若手がチャンスを与えられて入ったり、タイミングの都合でエントリーしていなかった上位人気選手が招請されて入ることもあります。

プロテクトランキング(PR)
故障などで6ヶ月以上渡りツアーを離れなければならなかった選手が、復帰の際、その故障時点でのランキング(厳密には3ヶ月の平均値)を大会エントリーに生かすことができる救済措置の権利のことを言います。
復帰から9ヶ月間限定で、ワイルドカードを除く8大会に利用できます。

ラッキールーザー(LL)
予選開始後に本戦に欠員が生じた場合、補充のために設けられる特別枠で、予選出場者に限られます。ここでも、予選最終ラウンドの敗者の中からのランキング上位者が優先されます。

ドロー
トーナメント表をドローと呼びます。
上記の条件を元に調整され、日程にして本戦の2,3日前に発表されます。
そして予選ドロー調整の後、間もなく予選が開始されます。