2022 ボス・オープン エントリー/ドロー/結果【2022シュトゥットガルト】

2022大会 テニスのBonJin
2022 ATPツアー

2022.06.06 – 2022.06.12

ATP 250
ボス・オープン〈仮称:ヴァイセンホーフ〉
シュトゥットガルト/ドイツ

ATP 250
BOSS Open (Weissenhof)
Stuttgart, Germany

テニス 2022 ボス・オープン(旧 メルセデスカップ)の大会概要、エントリーリスト、ドロー(トーナメント表)、テレビ放送・ネット配信予定、大会結果などの情報です。
尚、この記事は、エントリーリストの公表からアップされ、ドロー及び結果(準々決勝・準決勝・決勝)までを随時フォローして追記更新していきます。

ドイツの新型コロナウィルス(COVID-19)の状況(REUTERS COVID-19 TRACKER)

大会概要

ボス・オープンは、ドイツのシュトゥットガルトで開催されるATPワールドツアー250シリーズの大会(男子単催)です。

1978年から続く歴史のある大会(更に前身の大会は1898年より)で、1979年から2021年までの長期間に渡りメルセデス・ベンツ社が冠スポンサーを務めていました(大会公式名は「メルセデスカップ」)が、2022年から大会公式名が変更されました。

また、2014年まではクレーコートの大会でしたが、2015年以降グラス(天然芝)コートの大会として開催され、ウィンブルドン選手権(全英)の前哨戦に位置づけられるようになっています。

新大会名である「ヴァイセンホーフ」は、シュトゥットガルトの一部地域の名称で、「ヴァイセンホーフ・ジードルンク」という、世界遺産に登録された街並みで知られています(1927年に同地開催の近代住宅展に出展された、ル・コルビジェの設計した住宅などがある)。
追記:開催直前に新大会名は更に冠スポンサーを得て、ボス・オープン(世界的デザイナーズブランドであるHugo BOSS)と命名されました。

開催地であるシュトゥットガルトは、ドイツ第6の都市とされ、政治・経済・文化・スポーツなどに加え自然景観にも優れたヨーロッパ重要都市のひとつです。

2022 ボス・オープン(旧 メルセデスカップ)〈シュトゥットガルト〉

  • 大会グレード
    ATP250
  • 期間
    2022.06.06 – 2022.06.12
  • 開催地
    シュトゥットガルト/ドイツ
  • 会場
    テニスクラブ・ヴァイセンホーフ
  • 賞金総額
    EUD 769,465
  • コートの種類
    屋外グラス(天然芝)コート
  • シングルスドロー数
    28
  • ダブルスドロー数
    16
  • シングルス過去優勝者
    2021 M.チリッチ
    2020 開催なし
    2019 M.ベレッティーニ
    2018 R.フェデラー
    2017 L.プイユ
    2016 D.ティエム
    2015 R.ナダル
    2014 R.B.アグート
    2013 F.フォニーニ
    2012 J.ティプサレビッチ
    2011 J.C.フェレーロ
    2010 A.モンタネス
    2009 J.シャルディー
  • チケット情報
    大会特設:Weissenhof
  • 公式メディア

2021年の男子シングルス決勝では、M.チリッチとF.オジェエイリアシメが対戦。
試合は、チリッチがフルセットの激戦を制し、ツアー19回目の優勝を果たしました。

2021 メルセデスカップ 男子単決勝

2022 エントリーリスト

2022男子シングルスのエントリーリスト(メインドロー・オルタネイト枠20)です。
大会ドローの確定まで随時更新します。
2022/04/30版
2022/05/30版

メインドロー 本戦

1 Matteo Berrettini 10 8
2 Hubert Hurkacz 13 12
3 Denis Shapovalov 15 16
4 Reilly Opelka 17 17
5 Nikoloz Basilashvili 24 25
6 Sebastian Korda 30 30
7 Lorenzo Sonego 35 28
8 Lloyd Harris 39 36
Holger Rune 40 42
Alexander Bublik 42 41
Ugo Humbert 46 44
Marcos Giron 49 60
Benjamin Bonzi 52 56
Marton Fucsovics 57 52
Oscar Otte 59 58
Maxime Cressy 62 62
Lorenzo Musetti 66 51
(WC) Andy Murray 67
Arthur Rinderknech 68 63
(WC) Nick Kyrgios 76
Benoit Paire 78 65
(WC)
(SE)
(SE)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

メインドロー オルタネイト20

1 Daniel Altmaier 53 66
2 Andy Murray 67 69
3 Brandon Nakashima 75 76
4 Nick Kyrgios 76 78
5 Jiri Lehecka 77 79
6 Kamil Majchrzak 79 80
7 Alejandro Tabilo 80 82
8 Joao Sousa 63 83
9 Denis Kudla 81 84
10 Jordan Thompson 82 85
11 Steve Johnson 92 92
12 Jan-Lennard Struff 97 93
13 Peter Gojowczyk 94 99
14 Quentin Halys 84 100
15 Ricardas Berankis 101 102
16 Feliciano Lopez 114 108
17 Radu Albot 118 110
18 Yannick Hanfmann 111 114
19 Stefan Kozlov 113 118
20 Mats Moraing 116 120

日本時間の5月20日現在、シングルスではメインドロー、オルタネイト枠ともに日本人選手の名前はありません。

2022 大会ドロー

2022大会ドロー(トーナメント表)です。

男子シングルス

ATP公式ウェブサイトリンク

draw-ms-2022stuttgart-f

  • 男子シングルスの第1シードはS.チチパス。

男子ダブルス

ATP公式ウェブサイトリンク

  • 男子ダブルスの第1シードはT.プエッツ/M.ビーナス組。

テレビ放送・配信予定など

2022/5/20時点、日本向けメディアでは、放送・配信の予定はありません。

2022 大会結果

  • シングルス:準々決勝・準決勝・決勝
  • ダブルス:決勝

男子シングルス

  • 男子シングルス本戦では日本人選手の出場はありません。

準々決勝

B.ボンジ vs O.オッテ
〈ボンジの棄権〉

L.ソネゴ(6) vs M.ベレッティーニ(2)
63 36 46

S.チチパス(1) vs A.マレー
67 36

M.フクソービッチ vs N.キリオス
67 03〈フクソービッチの棄権〉

準決勝

O.オッテ vs M.ベレッティーニ(2)
67 67

A.マレー vs N.キリオス
76 62

決勝

M.ベレッティーニ(2) vs A.マレー
64 57 63

男子ダブルス

  • マクラクラン勉/A.ゴランソン
    1回戦:● vs P.チチパス/S.チチパス 67 76 8-10

決勝

M.ビーナス/T.プエッツ(1) vs M.パビッチ/H.フルカシュ(3)
67 67

まとめ

この記事では、ATPツアー 2022 ボス・オープンについてまとめました。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。