2019 メルセデスカップ ドロー発表/結果【2019シュトゥットガルト】

テニス 2019 メルセデスカップ
ドロー・結果など

2019.6.10~2019.6.16 ATP250 シュトゥットガルト/ドイツ ドロー(トーナメント表)発表・結果(準々決勝・準決勝・決勝等追記)、テレビ放送・配信予定などの情報です。

2019大会概要・出場選手エントリー記事はこちら↓

2019 メルセデスカップ エントリー告知【2019シュトゥットガルト】
テニス 2019 メルセデスカップ エントリーリスト・大会概要 2019.6.10~2019.6.16 ATP250 シュトゥットガ...

現時点でオープンになっていない情報などは随時追記します。また、大会結果等の総括もこの記事に追記する予定ですので、よろしければまたご参照ください。

MercedesCup Stuttgart, Germany June 10 – 16 2019

2019年メルセデスカップの開幕です。

クレーシーズン終了とともに、グラス(天然芝)シーズンがスタートします。

現時点で、男子シングルス・ダブルスの本戦ともドローに日本人選手はいません。

シングルス予選ドローには守屋宏紀(世界ランキング・現242位)の名前があります。対戦相手は1回戦がA.ブブリク(2)、勝てばF.ロペス(5)でしょうか。ともに強敵ですが、頑張って本戦入りを果たして欲しい。

[追記:2019/06/12]

守屋は予選1回戦、0-2で敗退しました。

[追記:2019/06/14~]

準々決勝以降を当記事末に追記。

ドロー・男子シングルス その他リンク

PDFを画像表示しています(1ページ)。
画像下部のボタンより拡大・縮小ができます。

draw-ms-2019stuttgart

男子シングルスドロー 公式PDFリンク

男子ダブルスドロー 公式PDFリンク

(ATP公式ウェブ)

上位シード、注目選手は?

今大会、第1シードはワイルドカードで緊急参戦してきたA.ズベレフ、第2シードにK.カチャノフ、第3シードにD.メドベージェフ、第4シードがN.バシラシビリとなりました。この4名は、1回戦はBYEです。

ズベレフ、カチャノフの2名は直前の全仏オープンでもセカンドウィークまで残る健闘の後、休む間もなくドイツ入りして来ました。クレーからグラスへ、サーフェスはガラリと変わることになりますが好調を維持できるでしょうか。

全仏オープンで奮戦するも早めに終戦したその他の強豪たちも顔を揃えています。G.モンフィス、J.L.ストルフ、J.W.ツォンガ、D.シャポバロフなどの面々です。

また、クレーコートシーズンをスキップしていた、M.ラオニッチ、N.キリオスらも待ちに待ったグラスコートに参戦します。キリオスは全仏オープンの前から、既に彼の大好きなA.マレーのもと(ロンドン)でグラスコートの練習を始めていた模様です。

若手から中堅、ベテランと華やかな顔ぶれで楽しめそうです。

今シーズン、鮮やかなグリーン上で最初に活躍するのは誰でしょうか。

テレビ放送・配信予定など

国内向けでは、現時点、放送・配信の予定は見当たりません。

Startseite

大会結果

準々決勝

アップセットの多い大会になっています。ベスト8に残っているシード勢は2名のみ。

D.クドラ vs M.ベレッティーニ
36 36

過去対戦はクドラから2勝1敗ですが、躍進中のベレッティーニ有利か。

→勢いに勝るベレッティーニが手堅くストレート勝利。

J.L.ストルフ vs L.プイユ
64 64

過去対戦はプイユの3勝0敗。躍進中のストルフの巻き返しなるか。

→1,2セットともストルフが勝負どころでブレイク。躍進は本物になりつつあります。

D.ブラウン vs F.オーガーエイリアシメ(7)
67 76 67

初対戦になります。「ミスター芝ドレッディ」D.ブラウンはA.ズベレフを降すなど健闘しています。

センスの塊のような若手、エイリアシメとの対戦は面白くなりそうです。

→3セットすべてタイブレークで激戦に決着。お互い良いサービスでした。

M.ラオニッチ(6) vs M.フクソービッチ
63 63

久々登場のM.ラオニッチ、得意の芝で復活のきっかけをつくりたいところです。

過去の対戦はラオニッチから1勝0敗。

→ラオニッチの貫禄勝ちです。サーブは相変わらずの破壊力。

準決勝

J.L.ストルフ vs M.ベレッティーニ
46 57

初対戦、好調同士が激突。

→ベレッティーニはサーブ好調。ストルフにブレイクを許さず、また自身はチャンスをモノにして勝ちきりました。

F.オーガーエイリアシメ(7) vs M.ラオニッチ(6)
ラオニッチの棄権

カナダ対決は10歳差。過去対戦はラオニッチから1勝0敗です。

→残念ながら対戦は実現せず。ラオニッチの棄権です(未詳)。

決勝

F.オーガーエイリアシメ(7) vs M.ベレッティーニ
46 67

初対戦となります。売り出し中同士の頂点決戦。

→ベレッティーニが約1年ぶりの優勝(ツアー2勝目)です。第2セットはお互い譲らずタイブレークでも激戦でした。

2019 決勝

(補)大会出場の流れ

ブログ閲覧者の方からご要望があったため、エントリーからドロー発表、出場に至るまでのおおまかな流れを、用語とともに説明します。
尚、ルールについては、シーズン、大会ごとに異なる場合もありますので、現在でのおおまかな説明とさせていただきます。
誤りなどもあるかもしれませんが、その場合にはご容赦のうえ、やさしくご指摘いただけると幸いです。

エントリーリスト
通常、各大会の6週間前に発表される、その時点での大会出場者リストです。
ATPランキング順に出場が決定され、大会の出場枠にそのまま収まる(出場できる)ことを本戦ダイレクトイン、またはストレートインと呼びます。

オルタネイト枠(A)
ダイレクトインに届かなかった選手の、いわゆるキャンセル待ちの枠です。

ワイルドカード枠(WC)
大会主催者側の推薦枠で、ランキングの低い大会地元の若手がチャンスを与えられて入ったり、タイミングの都合でエントリーしていなかった上位人気選手が招請されて入ることもあります。

プロテクトランキング(PR)
故障などで6ヶ月以上渡りツアーを離れなければならなかった選手が、復帰の際、その故障時点でのランキング(厳密には3ヶ月の平均値)を大会エントリーに生かすことができる救済措置の権利のことを言います。
復帰から9ヶ月間限定で、ワイルドカードを除く8大会に利用できます。

ラッキールーザー(LL)
予選開始後に本戦に欠員が生じた場合、補充のために設けられる特別枠で、予選出場者に限られます。ここでも、予選最終ラウンドの敗者の中からのランキング上位者が優先されます。

ドロー
トーナメント表をドローと呼びます。
上記の条件を元に調整され、日程にして本戦の2,3日前に発表されます。
そして予選ドロー調整の後、間もなく予選が開始されます。