2022 ウィンブルドン選手権 エントリー/ドロー/結果【2022全英】

2022 グランドスラム大会 テニスのBonJin
2022

2022.06.27 – 2022.07.10

グランドスラム
ウィンブルドン選手権
ロンドン/イギリス

Grand Slam
The Championships, Wimbledon
London, Great Britain

テニス 2022 ウィンブルドン選手権の大会概要、エントリーリスト、ドロー(トーナメント表)、テレビ放送・ネット配信予定、大会結果などの情報です。
尚、この記事は、エントリーリストの公表からアップされ、ドロー及び結果(準々決勝・準決勝・決勝)までを随時フォローして追記更新していきます。

イギリスの新型コロナウィルス(COVID-19)の状況(REUTERS COVID-19 TRACKER)

大会概要

ウィンブルドン選手権は、イギリスのロンドンで開催されている男女共催のグランドスラム大会(四大大会)です。
サーフェスはグラス(天然芝)で、クッション性は高いものの表層が滑るため球足は速く不規則で、ビッグサーバー有利と言われています。
そして、大会が進むにつれて選手のポジション付近の芝が傷み、もしくは剝がれてしまうため更に不安定さが増す独特の仕様です。

ご存知の方も多いとは思いますが、日本で言われる「全英オープン」というのは便宜上の呼称で、シンプルに「The Championships」というのがこの大会の現在の正式名称です。
直訳すると「ザ・選手権」。
まさに、名称だけとっても世界随一のテニスの権威という自負がみられますが、元々は「The Lawn Tennis Championships On Grass」と呼ばれていました。

また、ウィンブルドン選手権は、「テニスの聖地」と呼ばれる「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」を会場としており、その大会運営方式も、ミドル・サンデーの休養日があったり、白いウェアの着用義務があったりと、グランドスラム大会の中でも最も伝統と格式を重んじる大会となっています(2022年大会よりミドル・サンデーは無くなるはず)。
更に、会場コートに関しても、いわゆるメインコートを「センターコート」とシンプルに呼ぶほか、以下第1、第2と番号のみのコート名が付けられていて、他の大会のメインスタジアムのように愛称や広告主名などはありません。
しかも、このセンターコートに限れば、原則として1年に1度、このウィンブルドン大会期間で使用されるのみという徹底ぶりです(2012年のロンドン五輪・テニス競技では例外的に使用されました)。
また観客に対しても、チケット発行のルール(オフィシャル販売エージェントは2社のみで、IDチェックと引き換えの現地チケット発行が原則)や、ドレスコード要請もあります。

因みに予選は、本戦会場から少し離れたイングランド銀行スポーツセンターのコートで行われるため、本戦に出られない選手は会場すら入れないという厳しい格差も受け入れなければなりません。

ウィンブルドン選手権の男子シングルスの歴代最多優勝回数記録は、単独でR.フェデラーの8回(2003、2004、2005、2006、2007、2009、2012、2017)。同、最多連続優勝記録もフェデラーの5連覇(同数にB.ボルグ)。
フェデラーが芝の皇帝と言われる所以です。
また、現在のこの大会は、2003年のフェデラー優勝以降2021年までの18年間、BIG4(R.フェデラー〈8回〉、N.ジョコビッチ〈6回〉、A.マレー〈2回〉、R.ナダル〈2回〉)以外の優勝者がない大会でもあります。

ただ、正直、今季大会は残念なことが重なっています。
まず、大会のシンボルであるR.フェデラーがケガのため欠場。
ロシアの軍事侵攻問題で同国とベラルーシ国籍選手の出場が認められないこと。またその余波で全出場選手にATPランキングポイントが付与されないこと。
更に日本人ファンにとっては、エース・錦織圭の出場が未だ叶わないことも残念感を増しています。

2022 ウィンブルドン選手権〈ロンドン〉

  • 大会グレード
    グランドスラム
  • 期間
    2022.06.27 – 2022.07.10
  • 開催地
    ロンドン/イギリス
  • 会場
    オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
  • 賞金総額
    GBP 40,350,000(約67億7千万円)
  • コートの種類
    屋外グラス(天然芝)コート
  • シングルスドロー数
    128
  • ダブルスドロー数
    64
  • シングルス過去優勝者
    2021 N.ジョコビッチ
    2020 開催中止
    2019 N.ジョコビッチ
    2018 N.ジョコビッチ
    2017 R.フェデラー
    2016 A.マレー
    2015 N.ジョコビッチ
    2014 N.ジョコビッチ
    2013 A.マレー
    2012 R.フェデラー
    2011 N.ジョコビッチ
    2010 R.ナダル
    2009 R.フェデラー
  • チケット情報
    大会特設サイト
  • 公式メディア

2021年の男子シングルス決勝では、王者ジョコビッチと、GS初制覇を狙うM.ベレッティーニが対戦。
ジョコビッチが3-1で勝利し、大会4連覇、グランドスラム大会20度目制覇を達成しました。

2021年の女子シングルス決勝は、A.バーティーとka.プリスコバが対戦。優勝したのは現女王のバーティー。グランドスラム2度目、ウィンブルドンは嬉しい初優勝でした。

2022 エントリーリスト

2022男子シングルスのエントリーリスト(メインドロー・オルタネイト枠20)です。
大会ドローの確定まで随時更新します。
2022/06/07版
2022/06/20版

メインドロー 本戦

1 Novak Djokovic 3 1
2 Rafael Nadal 4 5
3 Casper Ruud 5 8
4 Stefanos Tsitsipas 6 4
5 Carlos Alcaraz 7 6
6 Felix Auger-Aliassime 9 9
7 Matteo Berrettini 10 10
8 Cameron Norrie 11 11
9 Hubert Hurkacz 12 13
10 Jannik Sinner 13 12
11 Taylor Fritz 14 14
12 Denis Shapovalov 15 15
13 Diego Schwartzman 16 16
14 Marin Cilic 17 23
15 Reilly Opelka 18 18
16 Pablo Carreno Busta 19 17
17 Roberto Bautista Agut 20 19
18 Alex de Minaur 21 21
19 Grigor Dimitrov 22 20
20 Gael Monfils 24 22
21 Nikoloz Basilashvili 25 25
22 John Isner 26 26
23 Frances Tiafoe 27 27
24 Holger Rune 28 40
25 Botic van de Zandschulp 29 29
26 Miomir Kecmanovic 30 31
27 Daniel Evans 31 32
28 Lorenzo Sonego 32 35
29 Jenson Brooksby 33 34
30 Sebastian Baez 34 38
31 Tommy Paul 35 33
32 Alexander Bublik 37 41
David Goffin 39 48
Albert Ramos-Vinolas 40 42
Sebastian Korda 41 30
Cristian Garin 43 36
Alejandro Davidovich Fokina 44 28
Alex Molcan 45 47
Francisco Cerundolo 46 44
Andy Murray 47 69
Filip Krajinovic 48 56
Pedro Martinez 49 43
Ugo Humbert 50 45
Oscar Otte 51 60
Benjamin Bonzi 52 53
Mackenzie McDonald 53 58
Brandon Nakashima 54 74
Arthur Rinderknech 55 65
Emil Ruusuvuori 56 61
Joao Sousa 57 79
Marton Fucsovics 58 55
Fabio Fognini 59 52
Marcos Giron 60 49
Tallon Griekspoor 61 64
Laslo Djere 62 51
Maxime Cressy 63 63
Federico Coria 64 59
Nick Kyrgios 65 76
Daniel Altmaier 66 54
Hugo Gaston 67 68
Dusan Lajovic 69 66
Jordan Thompson 70 82
Jiri Vesely 71 72
Adrian Mannarino 72 73
Richard Gasquet 73 75
Lorenzo Musetti 74 57
Jaume Munar 75 91
James Duckworth 76 70
Jiri Lehecka 77 77
Soonwoo Kwon 78 71
Benoit Paire 79 67
Tomas Martin Etcheverry 80 90
Alejandro Tabilo 81 78
Denis Kudla 82 80
Hugo Dellien 83 87
Thanasi Kokkinakis 84 85
Kamil Majchrzak 85 81
Quentin Halys 86 86
John Millman 87 93
Carlos Taberner 88 88
Federico Delbonis 89 62
Mikael Ymer 90 96
Roberto Carballes Baena 91 102
Alexei Popyrin 92 103
Steve Johnson 93 92
Peter Gojowczyk 95 97
Thiago Monteiro 96 100
Chun-hsin Tseng 97 110
Henri Laaksonen 98 95
Jack Draper 99 106
Pablo Andujar 101 83
Yoshihito Nishioka 102 94
Dominik Koepfer 103 89
Ricardas Berankis 105 101
(WC) Tim van Rijthoven 106
Facundo Bagnis 108 98
Daniel Elahi Galan 113 108
Fernando Verdasco 115 109
Sam Querrey 121 107
Feliciano Lopez 122 111
Taro Daniel 127 105
(WC) Liam Broady 137
Jan-Lennard Struff 149 99
(WC) Jay Clarke 156
(WC) Ryan Peniston 180
Aljaz Bedene 183 75 (PR)
(WC) Zizou Bergs 207
(WC) Paul Jubb 227
Borna Coric 255 27 (PR)
(WC) Alastair Gray 284
(WC) Stan Wawrinka 290
Attila Balazs 301 101 (PR)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

メインドロー オルタネイト20

1 Radu Albot 116 112
2 Jack Sock 129 113
3 Yannick Hanfmann 117 114
4 Norbert Gombos 118 115
5 Stefan Kozlov 107 116
6 Mats Moraing 123 117
7 Pablo Cuevas 193 118
8 Marc-Andrea Huesler 114 120
9 Stefano Travaglia 138 121
10 Juan Pablo Varillas 112 122
11 Aleksandar Vukic 130 123
12 Christopher O’Connell 110 124
13 Guido Pella 143 125
14 Nuno Borges 128 126
15 Jurij Rodionov 154 127
16 Yuki Bhambri 626 127 (PR)
17 J.J. Wolf 119 128
18 Elias Ymer 148 129
19 Andrej Martin 169 130
20 Vasek Pospisil 133 131

日本時間の6月7日現在、シングルスのメインドローに西岡良仁、ダニエル太郎が入っています。

2022 大会ドロー

2022大会ドロー(トーナメント表)です。
上から順に、男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスを表記します。

男子シングルス

WB公式ウェブサイトリンク

draw-ms-2022zenei-1

  • 男子シングルス予選に、杉田祐一、守屋宏紀が出場。
    杉田は1回戦、守屋は2回戦でそれぞれ敗退。
  • 男子シングルス第1シードはN.ジョコビッチ。

女子シングルス

WB公式ウェブサイトリンク

draw-ws-2022zenei-2

  • 女子シングルス予選に、本玉真唯、内藤祐希、内島萌夏が出場。
    内藤、内島は1回戦敗退、本玉は予選突破し初の本戦入り。
  • 女子シングルス第1シードはI.シフォンティク。

男子ダブルス

WB公式ウェブサイトリンク

  • 男子ダブルス第1シードはR.ラム/J.サリスベリー組。

女子ダブルス

WB公式ウェブサイトリンク

  • 女子ダブルス第1シードはE.メルテンス/ジャン・シュウアイ組。

混合ダブルス

WB公式ウェブサイトリンク

  • 混合ダブルス第1シードは柴原瑛菜/J.ロイヤー組。

テレビ放送・配信予定など

2022/6/7時点、日本向けメディアでは、以下で放送・配信が予定されています。

2022 大会結果

  • シングルス:準々決勝・準決勝・決勝
  • ダブルス:決勝

男子シングルス

  • 西岡良仁
    1回戦:● vs E.ルースブオリ 26 26 64 46
  • ダニエル太郎
    1回戦:● vs S.バエズ 46 46 57

準々決勝

vs

vs

vs

vs

準決勝

vs

vs

決勝

vs

女子シングルス

  • 土居美咲
    1回戦:● vs ジャン・シュウアイ 46 06
  • 本玉真唯
    1回戦:〇 vs C.タウソン 41 タウソンの棄権
    2回戦:● vs D.パリ 36 26

準々決勝

vs

vs

vs

vs

準決勝

vs

vs

決勝

vs

男子ダブルス

  • マクラクラン勉/A.ゴランソン
    1回戦: vs M.エブデン/M.パーセル

決勝

vs

女子ダブルス

  • 加藤未唯/A.スジアーディ
    1回戦: vs J.ニーマイアー/A.ペトコビッチ
  • 土居美咲/二宮真琴
    1回戦:二宮負傷のため欠場 vs C.ブーレル/C.パケット
  • 柴原瑛菜/A.ムハンマド
    1回戦:〇 vs S.グレイ/Y.ミヤザキ 61 61
    2回戦: vs ハン・チンユン/チュ・リン
  • 青山修子/チャン・ハオチン
    1回戦:〇 vs X.ワン/Q.ジェン 75 63
    2回戦: vs M.ランスデン/N.ベインズ

決勝

vs

混合ダブルス

  • 柴原瑛菜/J.ロイヤー
    1回戦: vs A.グアラチ/A.クライチェク
  • チャン・ハオチン/マクラクラン勉
    1回戦: vs J.オスタペンコ/R.ファラ

決勝

vs

まとめ〈追記・補足〉

この記事では、2022 ウィンブルドン選手権についてまとめました。

追記・補足
  • 2022.06.10
    • 今大会の賞金総額は4035万ポンド(約67億7千万円)と史上最高額に。
  • 2022.06.20
    • 男子単予選ドロー発表。日本人選手は杉田祐一、守屋宏紀が出場。
    • 女子単予選には本玉真唯、内島萌夏、内藤祐希が出場。
  • 2022.06.24
    • 男女・単複本戦ドロー発表。
  • 2022.06.25
    • 女子単ドロー差し替え(M.キーズ欠場のため)。
  • 2022.06.29
    • 女子単1回戦、本玉は相手途中棄権で勝利。土居は敗退。
    • 女子複の二宮・土居組が1回戦前に欠場発表。二宮の負傷。
    • 男子単1回戦、ダニエル、西岡は1回戦敗退。
    • 男子単のM.ベレッティーニ、M.チリッチが新型コロナ陽性で1回戦前に欠場。
    • 女子単のI.シフォンティクが1回戦に勝利してマッチ36連勝達成。
  • 2022.06.30
    • 女子単の本玉は2回戦敗退。複の柴原組、青山組が1回戦突破。
同週の大会記事

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。