全豪オープン Day12 準決勝 ジョコビッチvsプイユ(2019全豪)

2019 グランドスラム 全豪オープン12日目、トップハーフの準決勝、王者ジョコビッチにプイユが挑みます。

大会ドロー(トーナメント表)はこちら↓

2019 全豪オープン ドロー発表/結果 錦織・大坂【2019全豪】
テニス 2019 全豪オープン ドロー・結果など グランドスラム 全豪オープン メルボルン/オーストラリア 2019.01.14 ...

ボトムハーフではR.ナダルが決勝進出を決めました。

どうやら、ナダルは今、限りなく最強モードに近いようです。

そして12日目は、王者N.ジョコビッチが、キャリア最高状態のL.プイユの挑戦を受けます。

今回も、まずプレビューとして本稿を揚げ、結果を追記する方法でひとつの記事とします。

よろしければご再訪ください。

準決勝
N.ジョコビッチ(1) vs L.プイユ(28)
60 62 62

過去の対戦はありません。

プイユ自身、グランドスラムのセミファイナルは初の体験ですが、2016年のウィンブルドンと全米オープンではベスト8まで進んでいます。

現ランキング31位、今大会第28シードとなったプイユは、1回戦から順に、M.ククシュキン、M.マーテラー、A.ポピリン、B.コリッチ、M.ラオニッチを倒してここまで上がってきました。

過去に分の悪かったラオニッチとの準々決勝では、見事なリターンでラオニッチのサーブを攻略し、アップセットをやってのけました。

ランキングのキャリア最高位も短期間ですがトップ10に入ったこともあり、上限値が高いことは明らかです。

王者を狼狽させたいところです。

一方、王者ジョコビッチは、今大会はきついドローだったと思います。

M.クルーガー、J.W.ツォンガ、D.シャポバロフ、D.メドベージェフ、錦織圭を降してのベスト4です。

ちょっと体調がすぐれないという情報もありますが、ゴールも見えてきた今、全豪オープンでの単独最多優勝記録(現在、R.フェデラーと並び6回)を狙っていることは間違いありません。

初対戦、プイユはどのように挑むのか。

[追記:2018/01/25]

ジョコビッチが、60 62 62のストレートでプイユを降し、今大会3年ぶりとなる決勝進出を決めました。

第1セット、ジョコビッチは第1ゲームからサービス好調、プイユのサービスゲームも次々とブレークします。

ベーグルの調理時間はわずか23分。

第2セットの序盤はプイユの粘りで一進一退。

しかし第4ゲームでプイユがミスを連発すると、ジョコビッチは見逃さずブレーク。

第8ゲームでもブレークに成功してセット奪取。

第3セットもジョコビッチは磐石。第4ゲームを3連続ポイントでブレイクすると、第8ゲームも簡単に奪いストレート勝ちを決めました。

攻守にわたって隙がない。

スピード、正確さ、セレクション、読み…。すべて人外のレベルです。

今、対抗できるのは、こちらも人外・R.ナダルのみでしょう。

50回を超える対戦、見飽きたという感情はまったくありません。

未だに時代の主権を渡さない両者の闘いが楽しみです。

世代交代?何それ?

R.フェデラーも敗れはしましたが、また闘志に火がついた模様、クレーシーズンへの久々の参加を表明しています。