2019 ウィンブルドン選手権 ドロー発表/結果【2019全英】

テニス 2019 ウィンブルドン選手権
ドロー発表

グランドスラム ウィンブルドン選手権 ロンドン/イギリス
2019.07.01 – 2019.07.14
The Championships,Wimbledon
London, Great Britain

出場選手ドロー(トーナメント表)発表・結果、テレビ放送・配信予定などの情報です。

2019大会 概要・出場選手エントリー記事はこちら↓

2019 ウィンブルドン選手権 エントリー告知【2019全英】
テニス 2019 ウィンブルドン選手権 大会概要・エントリーリスト グランドスラム ウィンブルドン選手権 ロンドン/イギリス 20...

また、今大会の結果等は本記事後半で追記・更新(ページ追加)していきます。

遂に、2019年テニスの聖地、本戦ドローが発表されました。

日本人選手は、本戦ダイレクトインで男子シングルスに錦織圭、西岡良仁が出場します。

また、過酷な予選を見事に突破した内山靖崇、杉田祐一が本戦出場を決めました。

今大会予選に出場した日本人は、綿貫陽介、添田豪、内山靖崇、守屋宏紀、伊藤竜馬、杉田祐一、内田海智の総勢7名でした。

内山は挑戦15度目にして嬉しいグランドスラム本戦初出場です。おめでとう。

ダブルスにはマクラクラン勉が出場します。

ウィンブルドンでは昨年、J.L.ストルフとのペアで、大会初出場にもかかわらず準々決勝まで進みました。

ドロー・男子シングルス その他リンク

PDFを画像表示しています(2ページ)。
画像下部のボタンよりページ送り、拡大・縮小ができます。

draw-ms-2019zenei

男子シングルス 公式PDFリンク

男子ダブルス 公式PDFリンク

(ATP・ウィンブルドン公式ウェブ)

女子シングルス 公式PDFリンク

女子ダブルス 公式PDFリンク

(WTA・ウィンブルドン公式ウェブ)

混合ダブルス 公式PDFリンク

(ウィンブルドン公式ウェブ)

上位シード、注目選手、その他

上位シードの陣容

ウィンブルドンはシード順についても他の大会と異なり独特です。

いわゆる「芝補正」というもので、エントリーランキング以外に、過去のグラスコート大会での成績も反映されることになっています。

今大会、男子シングルスの第1シードはN.ジョコビッチ、第2シードにR.フェデラー、第3シードにR.ナダル、第4シードがK.アンダーソンです。

そして以下、第5シードD.ティエム、第6シードA.ズベレフ、第7シードS.チチパス、第8シードに日本の錦織圭となりました。

第1・第4・第6・第7シードがトップハーフ、第2・第3・第5・第8シードがボトムハーフの並びとなっています。

フェデラー準備万端

注目は、やはり芝の皇帝・フェデラー、37歳(8月が誕生日なのでほぼほぼ38歳)。

2019ノベンティオープン(ハレ)でも10度目の優勝を遂げ準備万端の模様です。

年齢を鑑みると5セットマッチの長丁場はそろそろキツくなっているはずですが、それさえも経験値というアドバンテージに置き換えてしまう超人は、決勝までジョコビッチと当たらない第2シードを得てモチベーションは高くなっていると思います。

第1シードのジョコビッチも、グラスコートはもはや得意サーフェスと言えます。今大会も前哨戦をスキップ、ディフェンディング・チャンピオンとして臨む王者は、大会5度目の優勝を狙います。

マレー、ダブルスに登場

フィーバー・ツリー選手権ではF.ロペスとのペアで驚きの優勝を遂げたA.マレーでしたが、今大会にもダブルス巧者のP.H.エルベールとペアを組み男子ダブルスに出場するということです。

ミックスダブルスの出場も仄めかしていましたが現時点ではそれらしい情報はありません。

錦織、ほか日本人選手は

そして日本の錦織圭、前哨戦のノベンティオープンを右上腕の故障のため欠場しましたが、先日のグラスコートでのエキシビジョンマッチでは元気な姿が見られました。

ウィンブルドンでは昨年遂にベスト8入りを果たしました。先ずは1stウィーク突破を目指して頑張ってほしいところです。

日本人選手の各ポテンシャル(想定)ドローをみてみます(シード順若しくはランキング順の想定です)。

  • 錦織:1回戦 モンテイロ、2回戦 ノーリー、3回戦 デミノー、4回戦 イスナー、準々決勝 フェデラー、準決勝 ナダル、決勝N.ジョコビッチ。

相変わらずの鬼ドロー…。1/2、1/4ともにフェデラー山。

3回戦でデミノー、4回戦でイスナー、以降はちゃんとフェデラーからBIG3。

  • 西岡:1回戦 ティプサレビッチ、2回戦 アンダーソン。
  • 杉田:1回戦 ナダル、2回戦 トンプソン。
  • 内山:1回戦 サングレン、2回戦 シモン。

マクラクラン勉は、今回もJ.L.ストルフとペアリング。1回戦は第1シード(L.クボット/M.メロ組)と当たるハードラックですが頑張って欲しい。

女子は大坂なおみが第2シード。

ダブルスでは青山修子、二宮真琴、加藤未唯/日比野菜緒が参戦です。

テレビ放送・配信予定など

国内向けでは、以下のメディアで予定されています。

NHK

WOWOW

WOWOW メンバーズオンデマンド

(補)大会出場の流れ

ブログ閲覧者の方からご要望があったため、エントリーからドロー発表、出場に至るまでのおおまかな流れを、用語とともに説明します。
尚、ルールについては、シーズン、大会ごとに異なる場合もありますので、現在でのおおまかな説明とさせていただきます。
誤りなどもあるかもしれませんが、その場合にはご容赦のうえ、やさしくご指摘いただけると幸いです。

エントリーリスト
通常、各大会の6週間前に発表される、その時点での大会出場者リストです。
ATPランキング順に出場が決定され、大会の出場枠にそのまま収まる(出場できる)ことを本戦ダイレクトイン、またはストレートインと呼びます。

オルタネイト枠(A)
ダイレクトインに届かなかった選手の、いわゆるキャンセル待ちの枠です。

ワイルドカード枠(WC)
大会主催者側の推薦枠で、ランキングの低い大会地元の若手がチャンスを与えられて入ったり、タイミングの都合でエントリーしていなかった上位人気選手が招請されて入ることもあります。

プロテクトランキング(PR)
故障などで6ヶ月以上渡りツアーを離れなければならなかった選手が、復帰の際、その故障時点でのランキング(厳密には3ヶ月の平均値)を大会エントリーに生かすことができる救済措置の権利のことを言います。
復帰から9ヶ月間限定で、ワイルドカードを除く8大会に利用できます。

ラッキールーザー(LL)
予選開始後に本戦に欠員が生じた場合、補充のために設けられる特別枠で、予選出場者に限られます。ここでも、予選最終ラウンドの敗者の中からのランキング上位者が優先されます。

ドロー
トーナメント表をドローと呼びます。
上記の条件を元に調整され、日程にして本戦の2,3日前に発表されます。
そして予選ドロー調整の後、間もなく予選が開始(タイミングは大会により例外あり)されます。

大会結果は次ページ以降。