2016 全米オープン 巨人カルロビッチ 最強と再弱が同居する男【2016全米】

 

テニス 2016 全米オープン US Open (グランドスラム ニューヨーク/アメリカ)

錦織が4回戦に挑む

2016全米オープン、錦織圭が4回戦まで進んできました。

2ndウィークももう目の前です。

ここまでの勝ち上がり、すべて楽な試合ではありませんでした。

  • 1回戦 vs B.ベッカー 3-1
  • 2回戦 vs K.カチャノフ 3-1
  • 3回戦 vs N.マウー 3-1

ベテラン、新星、ベテランと、苦心しながらも3人を退けて、次が正念場の4回戦です。

そして4回戦の相手は、古豪、I.カルロビッチです。

 

 

カルロビッチ、史上稀に見るビッグサーバー

カルロビッチはクロアチア国籍の37歳。

身長2m11cm。シングルスランキングは現時点23位ですが、キャリアハイは14位。

息の長い選手生活だからという理由もあるものの、キャリアでのサービスエース本数は歴代ナンバーワン。

まさにサービスエースが代名詞のベテランプレイヤーです。

軽く打っているように見えるのですが、2階から落ちてくるような200km超えのボールが凄まじい角度で跳ね上がります。

そしてコントロールも悪くありません。

 

過去の対戦は、錦織から1勝2敗。

直近の試合は2014メンフィスオープンで、これが錦織の初勝利でした。

錦織覚醒の序章に当たったわけですね(なんだか遠い昔に感じます)。

 

カルロビッチについて、データを調べてみた

彼のサービススタッツは、予想はしていましたが、凄まじい。

以下は「歴代」のスタッツです。ATP公式ウェブのスタッツレコードを参照していますが、対象人数(分母)はどういう条件なのか不明です。
当然、歴代になるので、引退した選手も含まれていますが、全ての選手とは考えにくいです。すみませんが、わかる方いらっしゃったらご教授お願いします。

 

カルロビッチ、サービスのレイティングポイント(総合得点)で第1位!

以下、2位:J.イズナー、3位:M.ラオニッチ、4位:A.ロディック、5位:N.キリオス。

ビッグサーバーがずらりと並びます。

ちなみに、錦織は85位、松岡修造氏が41位…。

 

次は、リターンスタッツです。

カルロビッチ、リターンのレイティングポイント(総合得点)で269位!

この項目では、1位:G.コリア、2位:R.ナダル、3位:A.ベラサテギ、4位:N.ジョコビッチ、5位:D.フェレール。

総人数根拠不明で申し訳ありませんが、カルロビッチは、少なくともここのスタッツ表示では堂々の最下位なのです。

 

ある意味、とってつけたような興味深い数値が出てしまいました。

正に、最強と最弱が、一人の男の中に同居しているということです。

偏ったデータ切り取りではありますが、嘘のデータではありません。

 

個性的な選手ばかりでホント興味が尽きません。

 

頑張れ!錦織圭。

君のリターン力なら勝てる!

 

 

[追記:2016/09/04]

2016 全米オープン 4回戦
錦織圭(6) vs I.カルロビッチ(21)
63 64 76

錦織の見事なゲーム運びでストレート勝利でした。

コメント

テキストのコピーはできません。