2021 シンガポール・テニスオープン 大会概要/エントリーリスト【2021シンガポール】

2021シンガポール・テニスオープン テニスのBonJin

画像引用:ATPツアー公式

テニス 2021
シンガポール・テニスオープン
大会概要・エントリーリスト

2021.02.22 – 2021.02.28

ATP250
シンガポール・テニスオープン
シンガポール/シンガポール

ATP250
Singapore Tennis Open
Singapore, Singapore

大会概要、エントリー(出場選手)、チケット、テレビ放送・配信予定などの情報です。

[追記:2021/02/20]
エントリーリストを最終版に修正しました。
ドロー発表記事をアップ

新型コロナウィルス(COVID-19)禍は未だ収束の兆しが見えません。
あと半年と迫った東京オリンピック・パラリンピックの開催可否の論議も騒がしくなってきました。

このシンガポール・テニスオープンも、ATPリスケジュールの一環で、1年限りの新設大会として急遽セットされたものです。

シンガポールは2020年8月を2番目のピークとして、現在は新規感染者数をなんとか2ケタまで抑え込んでいる状況のようです。
ただ、全豪オープンを間近に控える今のメルボルン(現在新規感染者数は1ケタ)のような状況なので、入国する選手たちにはより厳しい条件が課される可能性もあります。

大会ドロー(トーナメント表)は、発表あり次第別記事投稿します。

2021 シンガポール・テニスオープン ドロー発表/展望/結果【2021シンガポール】
テニス 2021 シンガポール・テニスオープン ドロー・展望・結果など 西岡・内山...

2021 テニス・ワールドツアー 第8週目以降再編予定発表【2020トピック】
画像引用:ATP TOUR テニス 2021 ATPワールドツアー・アップデート ...

2021 大会概要

先述したように、この大会は1年限りの暫定大会です。
シンガポールは、現時点でATPのレギュラー公式戦は開催されていませんが、2014年から2018年までWTAファイナルズが行われていたほか、男子ツアーも1999年まで開催されており当地でのテニス人気はアジアの中でも比較的高いと言われています。
現地当局もかなり乗り気のようなので、是非この大会を無事に成功させてほしいと願うばかりです。

シンガポール・テニスオープン
  • 大会グレード
    ATP250
  • 期間
    2021/02/22~2021/02/28
  • 開催地
    シンガポール/シンガポール
  • 会場
    OCBCアリーナ
    OCBC Arena
  • 賞金総額
    USD -
  • コートの種類
    屋外ハード
  • シングルスドロー数
    28
  • ダブルスドロー数
    16
  • シングルス過去優勝者
  • チケット情報
    公式
    観戦の可否はまだはっきりしていないようです。
  • 公式URL

シンガポール・テニスオープン公式

ATP公式

https://www.atptour.com/en/tournaments/singapore/9460/overview

SNS公式

TwitterTwitter

facebookFacebook

instagramInstagram

2021 エントリーリスト

男子シングルス・メインドロー

1 Adrian Mannarino 36 35
2 John Millman 39 38
3 Marin Cilic 43 43
4 Alexander Bublik 45 45
5 Yoshihito Nishioka 58 57
6 Radu Albot 85 85
7 Lloyd Harris 91 90
8 Soonwoo Kwon 97 96
Yannick Hanfmann 102 100
James Duckworth 105 104
Yasutaka Uchiyama 106 105
Alexei Popyrin 113 114
Taro Daniel 118 117
Marc Polmans 126 124
Jason Jung 136 133
Maxime Cressy 172 170
Michael Mmoh 177 175
Roberto Marcora 182 180
Ernests Gulbis 187 185
Ramkumar Ramanathan 190 190
(WC) Matthew Ebden 313
(WC) Adrian Andreev 419
(WC) Shintaro Mochizuki 641
Yuki Bhambri – 127 (PR)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

男子シングルス・オルタネイト

1 Lukas Lacko 186 200
2 Thai-Son Kwiatkowski 217 213
3 Illya Marchenko 212 215
4 Matteo Viola 225 220
5 Ulises Blanch 252 248
6 Malek Jaziri 255 253
7 Tomas Martin Etcheverry 230 258
8 Blaz Kavcic 257 266
9 Andrea Arnaboldi 273 272
10 Adrian Menendez-Maceiras 275 274
11 Matthias Bachinger 276 275
12 Teymuraz Gabashvili 279 278
13 Chun-hsin Tseng 283 282
14 Geoffrey Blancaneaux 286 286
15 Goncalo Oliveira 287 287
16 Igor Sijsling 288 289
17 Pedro Sakamoto 292 292
18 Nino Serdarusic 294 294
19 Lukas Klein 297 297
20 Altug Celikbilek 299 299

日本人選手は、現時点ではメインドローに西岡良仁、杉田祐一の名前があります。
また、オルタネイトには内山靖崇とダニエル太郎名を連ねています。

珍しい時期のアジア開催ですが、日本選手には、昨年は開催の無かったアジアン・スウィングの分まで是非頑張ってほしいものです。

テレビ放送・配信予定など

現時点で国内向けでは放送・配信の予定はありません。

にほんブログ村 テニスブログへ 

2021 ATP ワールドツアー カレンダー
テニス 2021 ATPツアー カレンダー 2021年シーズンのATPツアーを主とし...