小牧勤労センターテニスコート(愛知県小牧市)

小牧勤労センター テニスのBonJin

愛知県小牧市
小牧勤労センターテニスコート

小牧勤労センターテニスコートは、愛知県小牧市(こまきし)の小牧勤労センターという公営施設に設けられています。
小牧勤労センターは、複合施設で、労働者の福利厚生や余暇活動、企業の研修活動やイベントなどを支援する目的で1983年に建設されました。
大きな体育館がある他、スポーツ関連の施設やレストラン、宿泊施設なども備えています。

この施設の立地は小牧市の市街地で、周囲には住宅地ありますが、大企業の工場が多く展開しています。

小牧市は、愛知県北東部に位置し、製造業の工場も多いほか名古屋市のベッドタウンのひとつとして発達してきました。

施設概要

小牧勤労会館は複合施設として運営されており、以下のような施設があります。

  • 体育館
    バスケットボール、バレーボール、卓球、バドミントン、ミニテニス。
  • グラウンド
    ソフトボール、少年野球、運動会。
  • レストラン
    朝食、ランチ、ディナー。喫茶もあり。
  • 多目的ホール
    営利利用も可。定員500名。
    ホール3室、広間1室。
  • 会議室
    大会議室、中会議室、小会議室、和室。
  • 研修室
    大研修室、小研修室、和室、大広間、中広間。
  • 宿泊施設
    全16室(2階特別室2、3階特別室2、一般質12)。
  • テニスコート(屋外) 矢印↓

アクセス

〒485-0822 愛知県小牧市大字上末2233-2

クルマ
駐車場 無料
こまき巡回バス
「勤労センター」停
名鉄バス
「上未」停 徒歩6分。

テニスコート

前述したように、宿泊機能もある公営施設にあるテニスコートですが、スポーツ施設として単独で利用できます。

テニスコートエリアは大きく2区画に分かれており、6面の砂入り人工芝コートと4面のハードコートの併せて10面の規模を有します。

6面エリアは更に3面ずつに区切られ、西側コートサイドに約200席の観覧席も設けられています。
このエリアの西側に接して管理棟(受付・トイレ・更衣室:ロッカー男女36基)があります。
また、コートエリア外ですが、練習用の壁打ちスペースも3箇所(壁が3面)もあります。

4面エリアはハードコート仕様で、更に2面ずつの区切りがあります。
こちらは恐らく6面エリアより装備自体が古いのではないかと思われます。

両エリアとも審判台・ベンチがあります(4面エリアは北側通路に屋根付き休憩所)。
また10面全てにナイター照明施設があります(夜間最終21:30まで)。

前述したように、勤労センター本館にレストランもありますが、オフィシャルな雰囲気でもあるためテニス利用者が利用することはあまりないようです。
街なかでもあり、周囲にコンビニエンスストアなどもありますが少し距離はあるので飲食は用意したほうが無難です。飲料自動販売機は随所にあるので飲料に困ることはないとおもいますが。

小牧市施設の場合、利用には利用登録が必要で、更に予約抽選は市内在住・在勤・在学者に限られるということです。
利用当日の空きコート利用のみ電話で予約可能とのことです。

問合せ:
小牧勤労センター 0568-79-7711

小牧勤労センター|テニスコート|公式ホームページ
小牧勤労センターのテニスコートは利用者登録が必要です。ハガキ抽選以後は、2ヶ月前の20日から予約可能です。

予約:
小牧市施設予約システム

施設予約システム

各施設には、個別の利用条件などがありますので、都度運営元機関にご確認ください。


小牧勤労センター テニスのBonJin
●6面エリア入口・管理棟

小牧勤労センター テニスのBonJin
●テニスコート全景
6面エリア観客席から撮影。

小牧勤労センター テニスのBonJin
●観客席
6面エリア。

小牧勤労センター テニスのBonJin
●テニスコート全景
観客席後方より撮影。

小牧勤労センター テニスのBonJin
●テニスコート全景
4面エリア。

小牧勤労センター テニスのBonJin
●テニスコート全景
4面エリア。

小牧勤労センター テニスのBonJin
●4面エリア北側通路
休憩・観覧スペースを兼ねています。

小牧勤労センター テニスのBonJin
●壁打ち練習場
6面エリアの南側、外側です。
アスファルト路面です。

小牧勤労センター テニスのBonJin
●駐車場
テニスコート管理棟から勤労センター側を撮影。

小牧勤労センター テニスのBonJin
●勤労センター本館


愛知県のテニスコート一覧
愛西市 愛知郡 海部郡 あま市 安城市 一宮市 稲沢市 犬山市...

にほんブログ村 テニスブログへ 

テニスコートの運営種別について

公営テニスコート

国営・県営・市営・町営など、公有地をテニスコート施設として運営している形態のものです。
公共サービスの一環として運営され、もっとも一般的で、一般の方でもなじみのあるテニスコートだと思います。
金額も格安で、単位時間は様々ですが、だいたいが1面1時間あたり300円~1,000円の範囲だと思います。
ほとんどの場合、抽選形式でコート予約をすることになりますが、各自治体、各コートによって申込み、利用、支払いなどのルールは異なります。

誰であれ登録すれば利用できる施設もあれば、その自治体に住所か勤務地がないと利用できないケースや、利用はできても利用料金が異なるケースもよく見られます。

現在はネット予約・抽選の方法が幅広く利用されるようになっていますが、その前提条件としてのルールを事前によく確認して利用するようにしましょう。

民営テニスコート

単に一般の方や企業が私有地テニスコートを商用として貸し出ししているケースはほとんどないと思います。

団体と継続的な契約でも結べない限り、スペースと運営費を考えても面貸しだけの事業化は困難と言えます。

民営の場合は、テニススクールの一定時間の面貸しや、ホテル、ペンション、旅館など宿泊施設の施設としての面貸し、或いは企業の福利厚生として従業員のために貸し出しているケースなどがほとんどだと思います。

企業の福利厚生利用施設以外は、利用者の制限はあまりないものの(スクール生のみの貸し出しというスクールもありますが)、費用は割高になることが多く、1面1時間あたり1,500円~3,000円ほどにはなると思います。

テニスは、天候にも左右され、また、一人ではできない(壁打ち、サーブ練習を除く)ものなので、コート予約や、人集めなどサークルや複数の人との協力が必要なスポーツです。

逆にだからこそ、雑多なことも含め、年齢や性別、それぞれの立場を超えた社会性も養えるスポーツであると、前向きにとらえて楽しむことも重要ではないでしょうか。