2021 BNLイタリア国際 ドロー発表/展望/結果【2021ローマ】

2021BNLイタリア国際 テニスのBonJin

テニス 2021
BNLイタリア国際
ドロー・展望・結果など

2021.05.09 – 2021.05.16

ATPマスターズ1000
BNLイタリア国際
ローマ/イタリア

ATP Masters1000
Internazionali BNL d’Italia
Rome, Italy

2021年BNLイタリア国際の出場選手ドロー(トーナメント表)発表・展望・結果、テレビ放送・配信予定などの情報です。

[追記:2021/05/10]
西岡は予選勝ち上がりならず。
→ラッキールーザー獲得で急遽本戦入り。
→1回戦でM.フクソービッチに完敗。
錦織は1回戦F.フォニーニに完勝。

[追記:2021/05/17]
決勝は黄金カード。
ジョコビッチとナダルの57回目の対戦。

勝ったのはクレーキング・ナダル!

2021 大会概要・出場選手エントリー記事はこちら↓

2021 BNLイタリア国際 大会概要/エントリーリスト【2021ローマ】
画像引用: 大会公式ウェブサイト テニス 2021 BNLイタリア国際 大会概...

また、今大会の結果等は本記事後半で追記・更新します(準々決勝・準決勝・決勝など)。

現時点でのイタリアの新型コロナウィルス(COVID-19)の新規感染状況は、減少傾向にあるということで、5月半ばから国内入国者の制限を緩和する方向に舵を切り始めたそう。
ただ、直近の新規感染者数はまだ1万人を超えており、なんとも評価の難しいところです。

今大会は観客制限付き開催となる見込みで、当初は無観客となるようです。
日本の五輪をはじめ大きな興行を控える当事国は、引き続き苦難が続きます。

2021 大会ドロー

男子シングルス

PDF男子シングルス(ATP公式)

PDFファイルを画像表示しています。画像下部よりページ送り・拡大・縮小ができます。

draw-ms-2021rome-f

男子ダブルス

PDF男子ダブルス(ATP公式)

2021 大会の展望

上位シードの陣容・動向

今大会、男子シングルスの上位シードは次のとおり。

  1. N.ジョコビッチ
  2. R.ナダル
  3. D.メドベージェフ
  4. D.ティエム
  5. S.チチパス
  6. A.ズベレフ
  7. A.ルブレフ
  8. D.シュワルツマン

この大会は第8シードまでが1回戦免除(BYE)となります。
トップシードのジョコビッチは少し休んで久々の登場です。
マドリードで優勝を逃したナダルがこの大会は第2シードです。

日本人選手は、シングルスの錦織が本戦入り、西岡が予選に挑戦します。

見どころなど

現時点では予選勝者が決定していませんが、男子シングルス本戦1回戦の注目カードは以下のような対戦です。

D.エバンス vs T.フリッツ
M.ベレッティーニ vs N.バシラシビリ
J.ミルマン vs D.ラヨビッチ
M.チリッチ vs A.ブーブリック
H.フルカシュ vs L.ムゼッティ
錦織圭 vs F.フォニーニ
S.トラバグリア vs B.ペール

マスターズ連投で、クレーシーズンが盛り上がってきました。
皆、調子の変動をコントロールするのに苦労している模様ですが、サーシャ(ズベレフ)、ベレッティーニなどが心身を整えてきているような気がします。

錦織圭も最近のパフォーマンス自体は決して悪くないと思うのですが、今季は(も)きついドローが続いておりなかなかスッキリとした勝利を味わうことができません。
今回もナダル山で、ポテンシャルドロー上ではそのクレーキングにベスト8で当たります。
むろん、そこまでたどり着くことが条件で、その道のりは、F.フォニーニ、P.カレノブスタ、A.ズベレフ…。
くどいようですが、錦織のドロー運は全仏オープンまで貯めているところです。-_-)
因みに、錦織とフォニーニ(1回戦)の過去のツアー対戦は錦織から2勝1敗。直近の対戦は2017年のマイアミオープンの準々決勝で、その時がフォニーニの初勝利でした。

西岡はマドリードに引き続き予選からの挑戦です。
マドリードではラッキールーザーから1回戦勝利にこぎつけましたが、今回は予選もすっきり通過して本戦でも暴れて欲しいところです。

ダブルス出場の日本人選手はマクラクラン勉ただ一人。今回もR.クラーセンがパートナーです。

テレビ放送・配信予定

国内向けでは、現時点で以下の放送・配信予定があります。

NHK BS1

WOWOWオンデマンド

GAORA

大会公式メディア

大会公式ウェブサイト

ATP公式ウェブサイト(大会概要)

TwitterTwitter

facebookFacebook

instagramInstagram

2021 大会結果

男子シングルス

日本人選手

錦織圭
1回戦〇 vs F.フォニーニ 63 64
2回戦〇 vs P.カレノブスタ 棄権
3回戦● vs A.ズベレフ 64 36 46
対トップ10、マッチ11連敗。でも頑張れ!

西岡良仁
予選敗退もLLで本戦入り。
1回戦● vs M.フクソービッチ 06 26

準々決勝

F.デルボニス vs R.オペルカ
57 67

A.ズベレフ (6) vs R.ナダル (2)
36 46

N.ジョコビッチ (1) vs S.チチパス (5)
46 75 75

L.ソネゴ vs A.ルブレフ (7)
36 64 63

準決勝

R.オペルカ vs R.ナダル(2)
46 46

N.ジョコビッチ(1) vs L.ソネゴ
36 67 62

決勝

N.ジョコビッチ(1) vs R.ナダル(2)
過去の対戦:29-27
57 61 36

勝ったのはナダル。大会10度目、マスターズ通算36度目の優勝(歴代1位:ジョコビッチとタイ)。

男子ダブルス

日本人選手

マクラクラン勉/R.クラーセン
1回戦〇 vs M.ゴンザレス/F.マーティン 67 64 10-6
2回戦● vs R.ラム/J.サリスベリー 36 26

決勝

R.ラム/J.サリスベリー (5) vs N.メクティッチ/M.パビッチ (2)
46 67

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

にほんブログ村 テニスブログへ 

2021 ATP ワールドツアー カレンダー
テニス 2021 ATPツアー カレンダー 2021年シーズンのATPツアーを主とし...