2022 ホール・オブ・フェイムオープン エントリー/ドロー/結果【2022ニューポート】

2022大会 テニスのBonJin
2022 ATPツアー

2022.07.11 – 2022.07.17

ATP 250
ホール・オブ・フェイムオープン
ニューポート/アメリカ

ATP 250
Infosys Hall of Fame Open
Newport, RI, U.S.A.

テニス 2022 ホール・オブ・フェイムオープンの大会概要、エントリーリスト、ドロー(トーナメント表)、テレビ放送・ネット配信予定、大会結果などの情報です。
尚、この記事は、エントリーリストの公表からアップされ、ドロー及び結果(準々決勝・準決勝・決勝)までを随時フォローして追記更新していきます。

アメリカの新型コロナウィルス(COVID-19)の状況(REUTERS COVID-19 TRACKER)

大会概要

Hall Of Fame Open – 日本語で直訳すると、「殿堂オープン」となります。
大会は、アメリカのニューポート・ローンクラブで古くから開催されているトーナメント大会で、この場所にある世界最大のテニス博物館、「国際テニス殿堂(International Tennis Hall of Fame)」に因んだ名称となっているわけです。尚、大会中のイベントとして、毎年1月に発表される殿堂入りメンバーの表彰式などもおこなわれています。

1977年からツアーとして位置づけられ、例年グラスコートシーズンの最後を飾る大会(ヨーロッパ以外の唯一の芝コートでのツアー大会でもある)となっています。

尚、現在の冠スポンサーであるInfosys(インフォシス)社は、インドに本社を置く、世界的デジタルソリューション企業です。

2022 ホール・オブ・フェイムオープン〈ニューポート〉

  • 大会グレード
    ATP250
  • 期間
    2022.07.11 – 2022.07.17
  • 開催地
    ニューポート/アメリカ
  • 会場
    ニューポート・ローンクラブ
  • 賞金総額
    USD 665,330
  • コートの種類
    屋外グラスコート
  • シングルスドロー数
    28
  • ダブルスドロー数
    16
  • シングルス過去優勝者
    2021 K.アンダーソン
    2020 開催なし
    2019 J.イスナー
    2018 S.ジョンソン
    2017 J.イスナー
    2016 I.カルロビッチ
    2015 R.ラム
    2014 L.ヒューイット
    2013 N.マウ
    2012 J.イスナー
    2011 J.イスナー
    2010 M.フィッシュ
    2009 R.ラム

2021年の男子シングルス決勝は、K.アンダーソンとJ.ブルックスビーの顔合わせでした。
試合は、K.アンダーソンのストレート勝利で、大会初、通算7度目のツアー優勝。
かつて世界ランキング5位まで上り詰めたアンダーソンですが、残念なことに2022年シーズン途中での引退を表明しており、この優勝がキャリア最後のタイトルとなりそうです。

2021 男子シングルス決勝

2022 エントリーリスト

2022男子シングルスのエントリーリスト(メインドロー・オルタネイト枠20)です。
大会ドローの確定まで随時更新します。
2022/06/18版

メインドロー 本戦

1 John Isner 26 26
2 Jenson Brooksby 33 33
3 Alexander Bublik 37 37
4 Ilya Ivashka 42 42
5 Ugo Humbert 50 50
6 Benjamin Bonzi 52 52
7 Maxime Cressy 63 63
8 Jordan Thompson 70 70
Jiri Vesely 71 71
Adrian Mannarino 72 72
James Duckworth 76 76
Denis Kudla 82 82
Quentin Halys 86 86
Alexei Popyrin 92 92
Steve Johnson 93 93
Peter Gojowczyk 95 95
Jack Draper 99 99
Jason Kubler 100 100
Dominik Koepfer 103 103
(WC)
(WC)
(WC)
(SE)
(SE)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

メインドロー オルタネイト20

1 Tim van Rijthoven 106 106
2 Stefan Kozlov 107 107
3 Marc-Andrea Huesler 114 114
4 Fernando Verdasco 115 115
5 Radu Albot 116 116
6 Sam Querrey 121 121
7 Feliciano Lopez 122 122
8 Yuki Bhambri 626 127 (PR)
9 Jack Sock 129 129
10 Ernesto Escobedo 135 135
11 Liam Broady 137 137
12 Hugo Grenier 142 142
13 Yuichi Sugita 272 142 (PR)
14 Bradley Klahn 461 145 (PR)
15 Andreas Seppi 151 151
16 Mitchell Krueger 153 153
17 Emilio Gomez 155 155
18 Max Purcell 157 157
19 Damir Dzumhur 158 158
20 Gian Marco Moroni 159 159

日本時間の6月18日現在、日本人選手は、オルタネイト枠に杉田祐一の名前があります。
得意の芝コートで何とか本戦入りしたいところです。

2022 大会ドロー

2022大会ドロー(トーナメント表)です。

男子シングルス

公式発表があり次第追記します。

ATP公式ウェブサイトリンク

男子ダブルス

公式発表があり次第追記します。

ATP公式ウェブサイトリンク

テレビ放送・配信予定など

2022/6/18時点、日本向けメディアでは、放送・配信の予定は見当たりません。

2022 大会結果

  • シングルス:準々決勝・準決勝・決勝
  • ダブルス:決勝

男子シングルス

準々決勝

vs

vs

vs

vs

準決勝

vs

vs

決勝

vs

男子ダブルス

決勝

vs

まとめ〈追記・補足〉

この記事では、ATPツアー 2022 ホール・オブ・フェイムオープンについてまとめました。

追記・補足

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。