2021 ATPカップ 大会概要/エントリー/ドロー/結果【2021ATPカップ】

ATPカップ テニスのBonJin
画像引用:ATPカップ公式

テニス 2021 ATPカップ
大会概要・エントリーリスト
ドロー・結果
錦織・西岡・マクラクラン・松井出場

2021.02.01 – 2021.02.05

ATP ATPカップ
メルボルン/オーストラリア

ATP World Team Cup
Melbourne,  Austraria

大会概要、出場選手エントリー、ドロー(対戦組合せ・トーナメント表)、テレビ放送・配信予定などの情報です。

第2回ATPカップのエントリー国(メンバー)決定が発表されました。

昨年発足したATPカップは、新型コロナ(COVID-19)パンデミックの猛威が各国で吹き荒れるなか、今年は期間・規模を縮小して開催する運びとなりました。
今大会は出場12カ国(昨年の半分)で2/1~2/5の期間、会場は全豪オープンを翌週に控えるメルボルン1カ所です(移動による感染リスクを避けるため)。

そして、エントリー・セクションを錦織圭のプロテクト・ランキングでクリアした日本も目出度く参加が決定しました。

エントリー・ドロー・その他の情報は更新していきます。

改めて、ATPカップとは、24カ国参加のテニスの国別対抗戦で、正式名称はATPワールドチームカップ(ATP World Team Cup)、10日間の開催とされています。
繰り返しますが今年は変則開催で、12カ国参加の5日間開催です。

ご存知の方も多いかもしれませんが「ワールドチームカップ」は、1978年から2012年までドイツのデュッセルドルフで開催されていたATPの大会がありました。
なので、今大会は新設というより復活のほうが正しいかもしれません。
現に、2018年7月のATPからの発表時には、「ワールドチームカップを復活させる」というような表現が用いられていました。

また、男子テニスの国別対抗戦は、既にデビスカップという伝統ある大会がありますが、デビスカップはITF(国際テニス連盟 International tennis Federation)の主催であり、ATPカップとは現行制度やルールが異なります。

ATPカップは、ツアー公式大会の位置づけなので、出場選手に対して賞金・ランキングポイントも付与されます。
賞金(個人・団体分)・ポイントについては少々複雑(対戦相手によって獲得ポイントが異なる)です。
参照↓

https://www.atptour.com/en/news/atp-cup-faqs

2021 大会概要

2021 ATPカップ
ATP World Team Cup
  • 期間
    2021/02/01~2021/02/05
  • 開催地
    メルボルン/オーストラリア
  • 賞金総額
  • コートの種類
    ハード
  • 参加チーム(国)
    12
  • 大会形式
    賞金(参加費・賞金)、ATPランキングポイント付与の国別対抗戦
    1チーム(国)は4名のメンバー構成
    予選ラウンド リーグ総当たり戦(3ヶ国4グループ)
    決勝ラウンド ファイナル4 トーナメント戦(各組1位の4グループ)
  • ゲーム形式
    シングルス2試合(3セットマッチ)・ダブルス1試合(ファイナルセットはマッチ・タイブレーク)
    コーチング可能
  • 過去優勝国
    2020 セルビア

  • 大会公式チケット販売情報
Tickets
Secure your tickets to the 2020 ATP Cup, the most anticipated new tournament in tennis.
  • 公式URL
Home
Don't miss the world's best competing in the first ATP Cup from 3 - 12 January 2020. Join us in Brisbane, Perth and Sydney to witness history in the making.
https://www.atptour.com/en/tournaments/atp-cup/8888/overview

TwitterTwitter

facebookFacebook

instagramInstagram

2021  エントリー・ドローなど

2021/01/04 エントリー決定・発表
2021/01/20 エントリー国 予選組合せ・ドロー・シード等決定・発表

エントリー国・選手

セルビア(2020年優勝)
N.ジョコビッチ
D.ラヨビッチ
F.クライノビッチ
N.カシッチ

スペイン(2020年準優勝)
R.ナダル
R.B.アグート
Mグラノリェルス
P.カレノブスタ

オーストリア
D.ティエム
D.ノバク
P.オズワルド
T.S.ワイスボーン

ロシア
D.メドベージェフ
A.ルブレフ
A.カラツェフ
E.ドンスコイ

ギリシア
S.チチパス
M.ペルボララキス
M.カロベロニス
P.チチパス

ドイツ
A.ズベレフ
J.L.ストルフ
K.クラヴィーツ
A.ミース

アルゼンチン
D.シュワルツマン
G.ペラ
H.セバジョス
M.ゴンザレス

イタリア
M.ベレッティーニ
F.フォニーニ
S.ボレッリ
A.ヴァヴァッソリ

日本
錦織圭
西岡良仁 
マクラクラン勉
松井俊英

フランス
G.モンフィス
B.ペール
N.マウー
E.ロジェバセラン

カナダ
D.シャポバロフ
M.ラオニッチ
P.ポランスキ
S.ディエズ

オーストラリア
A.デミノー
J.ミルマン
J.ピアース
L.サビル

1月5日現在、日本チームのメンバーは、錦織圭、西岡良仁、マクラクラン勉、松井俊英と決定しました。

41歳、不惑の鉄人・松井は昨年に引き続いての抜擢です。

予選組み合せ(グループ分け) 2021年1月20日抽選により決定。

テレビ放送・配信予定など

国内向けでは、現時点で放送・配信の予定は発表されていません。

予選ラウンド ドロー(組合せ)・結果

決勝トーナメント ドロー(組合せ)・結果

準決勝

決勝