2020 エルステ・バンクオープン ドロー発表/展望/結果【2020ウィーン】

ドロー 2020vienna テニスのBonJin

テニス 2020
エルステ・バンクオープン
ドロー・展望・結果など

2020.10.26 – 2020.11.01

ATP500
エルステ・バンクオープン
ウィーン/オーストリア

ATP500
Erste Bank Open
Vienna, Austria

2020年エルステ・バンクオープンの出場選手ドロー(トーナメント表)発表・展望・結果、テレビ放送・配信予定などの情報です。

[追記:2020/10/27]
錦織は欠場。
表示ドローを最新のものに差し替えました。

[追記:2020/10/29~]
結果等。
錦織は今シーズンの終了をアナウンスしました。

2020 大会概要・出場選手エントリー記事はこちら↓

2020 エルステ・バンクオープン 大会概要/エントリーリスト【2020ウィーン】
引用:ERSTEBANK Open テニス 2020 エルステ・バンクオープン 大...

また、今大会の結果等は本記事後半で追記・更新します(準々決勝・準決勝・決勝など)。

2020年エルステ・バンクオープンのドロー(トーナメント表)が発表されました。

早いものでATP500大会の今季最後の大会です。
日本人選手として、プロテクトランキングを利用して唯一シングルス本戦入りした錦織圭ですが、前週のヨーロピアンオープンでは現地ベルギー入りしながらも1回戦の直前に棄権。大きなケガではないとしつつも、全仏オープンで発症した肩痛が完治しないためと発表しており症状はよくわかっていません。
今大会はスッキリ参戦できるのでしょうか(そして後述するように魔のドローが待っていました)。→ 錦織は欠場。

前週bett1HULKS選手権でベスト8と奮闘した西岡良仁は、ドロー発表前のオルタネイト枠の9番目に入っていましたが、既に発表されているシングルス予選ドローに名前がありません。このままだと出場はありません。

2020 大会ドロー

男子シングルス

PDF男子シングルス(ATP公式)

PDFファイルを画像表示しています。画像下部よりページ送り・拡大・縮小ができます。

draw-ms-2020vienna-r

男子ダブルス

PDF男子ダブルス(ATP公式)

2020 大会の展望

上位シードの陣容・動向

今大会、男子シングルスの上位シードは次のとおり。

  1. N.ジョコビッチ
  2. D.ティエム
  3. S.チチパス
  4. D.メドベージェフ
  5. A.ルブレフ
  6. D.シュワルツマン
  7. G.モンフィス
  8. D.シャポバロフ

シード勢は強力です。
戦況は、全仏オープン以来の大会出場となる王者ジョコビッチを中心に展開されそうですが、無論、第2シードのティエムが前年に優勝している地元で今年も爆発しない訳にはいきません。

見どころなど

まだ予選結果が確定していませんが、1回戦でも面白そうな対戦が多くあります。

G.ディミトロフ vs K.カチャノフ
G.モンフィス vs P.カレノブスタ
A.デミノー vs D.メドベージェフ
C.ガリン vs S.ワウリンカ
錦織圭 vs D.ティエム

グランドスラムの準々決勝で組まれてもおかしくないカードばかりですね。

あえて、錦織圭のポテンシャルドローを見てみます。ティエム、ワウリンカ、ルブレフ、メドベージェフ、そしてトップハーフのジョコビッチ…。
こちらも、すべてグランドスラム準々決勝以上のような組み合わせ…。
正直、今の手負いの錦織のドローとしては厳しすぎますが、くれぐれもケガが酷くならないことだけは祈りたい。
因みに、1回戦で当たるティエムとの過去の対戦成績は、錦織から3勝2敗と勝ち越してはいます(対戦は約2年前が最後ですが…)。

テレビ放送・配信予定など

現時点で国内向けでは以下の放送・配信の予定があります。

WOWOW メンバーズオンデマンド

BS朝日 ATPツアー500

GAORA スポーツ

エルステ・バンクオープン 公式ウェブサイト

ATP公式ウェブサイト(大会概要)

TwitterTwitter

facebookFacebook

instagramInstagram

2020 大会結果

男子シングルス

日本人選手

錦織圭
1回戦:vs D.ティエム

準々決勝

A.ルブレフ(5) vs D.ティエム(2)
過去のツアー対戦成績:1-2
76 62

K.アンダーソン vs D.メドベージェフ(4)
過去のツアー対戦成績:0-0
64 75

N.ジョコビッチ(1) vs L.ソネゴ
過去のツアー対戦成績:0-0
26 16

G.ディミトロフ vs D.エバンス
過去のツアー対戦成績:3-1
67 64 36

準決勝

K.アンダーソン vs A.ルブレフ(5)
過去のツアー対戦成績:1-1
46 14 アンダーソンの棄権

L.ソネゴ vs D.エバンス
過去のツアー対戦成績:0-0
63 64

決勝

L.ソネゴ vs A.ルブレフ(5)
過去のツアー対戦成績:0-0
今大会初対戦で王者ジョコビッチを降し波に乗るソネゴと、全米王者ティエムを倒して名実ともにトップランカー・ロードを駆け上がるルブレフの対戦は初顔合わせ。実に興味深い決勝です。
46 46
優勝はルブレフ。数少ない今季のツアー大会にもかかわらず、堂々の5度目のタイトル獲得です。
昨年はD.メドベージェフ、今季はルブレフと、2年続けてヤング・ロシアンの台頭はお見事。ルブレフは今季残りのパリ、そして初参戦となるATPファイナルズでも大暴れしそうな予感です。

男子ダブルス

決勝

L.クボット/M.メロ(3) vs J.マレー/N.スクプスキ
76 75

にほんブログ村 テニスブログへ 

2020 ATP ワールドツアー カレンダー
テニス 2020 ATPツアー カレンダー 2020年シーズンのATPツアーを主とし...

(補)大会出場の流れ

エントリーからドロー発表、出場に至るまでのおおまかな流れを、用語とともに説明します。
※ 尚、細かいルールについては、シーズン、大会ごとに異なる場合もあります。

エントリーリスト
通常、各大会の6週間前に発表される、その時点での大会出場者リストです。
参加表明している選手のATPランキング順に出場が決定され、大会の出場枠にそのまま収まる(出場できる)ことを本戦ダイレクトイン、ストレートイン、または(DA)ダイレクト・アクセプタンスと表現します。

オルタネイト枠(A)
ダイレクトインに届かなかった選手の、いわゆるキャンセル待ちの枠です。

ワイルドカード枠(WC)
大会主催者側の推薦枠で、ランキングの低い大会地元の若手がチャンスを与えられて入ったり、タイミングの都合でエントリーしていなかった上位人気選手が招請されて入ることもあります。

プロテクトランキング(PR)
故障などで6ヶ月以上渡りツアーを離れなければならなかった選手が、復帰の際、その故障時点でのランキング(厳密には3ヶ月の平均値)を大会エントリーに生かすことができる救済措置の権利のことを言います。
復帰から9ヶ月間限定で、ワイルドカードを除く8大会に利用できます。

ラッキールーザー(LL)
予選開始後に本戦に欠員が生じた場合、補充のために設けられる特別枠で、予選出場者に限られます。ここでも、予選最終ラウンドの敗者の中からのランキング上位者が優先されます。

ドロー
トーナメント表をドローと呼びます。
上記の条件を元に調整され、日程にして本戦の2,3日前に発表されます。
そして予選ドロー調整の後、間もなく予選が開始されます。