2019 ロレックス・パリマスターズ ドロー発表/展望/結果【2019パリ】

テニス 2019
ロレックス・パリマスターズ
ドロー発表・展望・結果など

ATPマスターズ1000 ロレックス・パリマスターズ
パリ/フランス
2019.10.28 – 2019.11.03
Rolex Paris Masters
Paris, France

出場選手ドロー(トーナメント表)発表・展望・結果、テレビ放送・配信予定などの情報です。

2019大会 概要・出場選手エントリー記事はこちら↓

2019 ロレックス・パリマスターズ エントリー告知【2019パリ】
テニス 2019 ロレックス・パリマスターズ 大会概要・エントリーリスト ATPマスターズ...

また、今大会の結果等は本記事後半で追記・更新します(準々決勝・準決勝・決勝など)。

2019年ロレックス・パリマスターズの本戦ドローが発表されました。

いよいよ今季最後のマスターズ大会です。

残念ながら錦織圭は、肘の治療に専念するため既に今季の活動を終了しています。

現時点でシングルス本戦ドローには日本人の名前はありませんが、予選に西岡良仁が入っています。その西岡の予選1回戦は難敵F.ロペスとの対戦。過去のツアー本戦の対戦は1勝1敗の五分ですが今季の全米オープンでは苦杯をなめています。ロペスを降し予選2回戦に進めば、A.ブーブリックとA.セッピの対戦勝者と当たることになります。
厳しい対戦が続きますがラストスパートで頑張って欲しいですね。

ドロー(男子シングルス・その他リンク)及び展望

PDFを画像表示しています(1ページ)。
画像下部のボタンより、拡大・縮小ができます。

draw-ms-2019paris-2

男子シングルス公式PDFリンク

男子ダブルス公式PDFリンク

(ATP公式ウェブ)

大会の展望

上位シードの陣容

今大会、男子シングルスの上位シードは次のとおり(第1~第16シードまでは1回戦BYE)。

  1. N.ジョコビッチ
  2. R.ナダル
  3. R.フェデラー
  4. D.メドベージェフ
  5. D.ティエム
  6. A.ズベレフ
  7. S.チチパス
  8. K.カチャノフ

未練がましいですが、錦織圭がここにいないことはやはり寂しい。ただ、10月22日に日本で受けた肘の手術は成功したということでまずはひと安心です。錦織が30歳で迎える来季、リフレッシュしたネオ・ケイの快進撃が見られることを信じています。

さて、今季最後のマスターズ大会。久しぶりに顔を揃えたBIG3が抜け出すのか、或いはメドベージェフがその存在感を確固たるものとするのか。

王者にとって相性の良い大会

この大会ではジョコビッチが過去3連覇を含む4度の優勝を誇りますが、昨年の決勝ではカチャノフに敗れ賜杯を逃しています。王者の巻き返しはなるでしょうか。

ナダルは初優勝を狙う

第2シードのナダルはパリでの優勝経験がありません。マスターズ制覇の歴代最多記録を誇る男としては、ゴールデン・マスターズを手中にすべくそろそろ優勝を狙いたいところでしょう(ナダルはマスターズではほかに、マイアミと上海で優勝がありません)。

1回戦の見どころ

個人的には勢いのあるA.ルブレフとJ.W.ツォンガ、T.フリッツとF.ティアフォーのアメリカ若手対決などが興味をそそられています。

[追記:2019/10/29]

R.フェデラーが欠場を発表しました。11月のATPファイナルズに備えてのことのようです。

テレビ放送・配信予定など

国内向けでは、現時点、以下の放送・配信の予定があります。

NHK スポーツ・オンライン

WOWOW

WOWOW メンバーズ・オンデマンド

PARAVI

Site officiel du Rolex Paris Masters
Retrouvez sur le site officiel toute l'information sur le Rolex Paris Masters, le plus grand tournoi de tennis indoor au monde qui rassemble chaque année à Pari...

にほんブログ村 テニスブログへ 

2019 ATP ワールドツアー カレンダー
テニス 2019 ATPツアー カレンダー 2019年シーズンのATPツアーを主としたカレン...

大会結果

準々決勝

C.ガリン vs G.ディミトロフ
26 57
N.ジョコビッチ(1) vs S.チチパス(7)
61 62
D.シャポバロフ vs G.モンフィス(13)
62 62
J.W.ツォンガ vs R.ナダル(2)
67 16

準決勝

N.ジョコビッチ(1) vs G.ディミトロフ
76 64
D.シャポバロフ vs R.ナダル(2)
ナダルの棄権

ナダルがサーブ練習中の腹筋の故障を理由として準決勝を棄権しました。

決勝

ジョコビッチは通算50回目のマスターズ決勝に駒を進めました。
相手は、マスターズ初の決勝に挑むシャポバロフ。
過去の対戦成績はジョコビッチから3勝0敗となっています。

ナダルの棄権により思わぬ形で決勝のチャンスが巡ってきたシャポバロフですが、もう一人のラスボスを相手にどこまで食い下がることができるでしょうか。

N.ジョコビッチ(1) vs D.シャポバロフ
63 64

ジョコビッチが同大会2015年以来5回目、マスターズ通算34回目、キャリア通算77回目のタイトル獲得です。

少し体調不良ということでしたが、貫禄で若き狼を圧倒。

2019決勝 ハイライト

(補)大会出場の流れ

エントリーからドロー発表、出場に至るまでのおおまかな流れを、用語とともに説明します。
※ 尚、細かいルールについては、シーズン、大会ごとに異なる場合もあります。

エントリーリスト
通常、各大会の6週間前に発表される、その時点での大会出場者リストです。
参加表明している選手のATPランキング順に出場が決定され、大会の出場枠にそのまま収まる(出場できる)ことを本戦ダイレクトイン、ストレートイン、または(DA)ダイレクト・アクセプタンスと表現します。

オルタネイト枠(A)
ダイレクトインに届かなかった選手の、いわゆるキャンセル待ちの枠です。

ワイルドカード枠(WC)
大会主催者側の推薦枠で、ランキングの低い大会地元の若手がチャンスを与えられて入ったり、タイミングの都合でエントリーしていなかった上位人気選手が招請されて入ることもあります。

プロテクトランキング(PR)
故障などで6ヶ月以上渡りツアーを離れなければならなかった選手が、復帰の際、その故障時点でのランキング(厳密には3ヶ月の平均値)を大会エントリーに生かすことができる救済措置の権利のことを言います。
復帰から9ヶ月間限定で、ワイルドカードを除く8大会に利用できます。

ラッキールーザー(LL)
予選開始後に本戦に欠員が生じた場合、補充のために設けられる特別枠で、予選出場者に限られます。ここでも、予選最終ラウンドの敗者の中からのランキング上位者が優先されます。

ドロー
トーナメント表をドローと呼びます。
上記の条件を元に調整され、日程にして本戦の2,3日前に発表されます。
そして予選ドロー調整の後、間もなく予選が開始されます。