2022 かしわ国際オープンテニストーナメント 大会概要/ドロー/結果【2022柏-ITF】

日本国内開催 国際大会 テニスのBonJin

2022.09.26 – 2022.10.02

ITF 25
かしわ国際オープンテニストーナメント
柏/日本

ITF 25
Kashiwa International Open Tennis Tournament 2022
Kashiwa, Japan

テニス 2022 かしわ国際オープンテニストーナメント-の大会概要、ドロー(トーナメント表)、テレビ放送・ネット配信予定、大会結果などの情報です。
尚、この記事は、ドロー及び結果(準々決勝・準決勝・決勝)までを随時フォローして追記更新していきます。

2022 大会概要

かしわ国際オープンテニストーナメントは、千葉県の柏市で開催されるITFトーナメントです。
2000年から創設された男女共催のトーナメントですが、今シーズンは女子ツアーが他のスケジュールと重なるため男子単催となっています。

この大会の沿革には、創設からこんにちまで、開催会場である「財団法人 吉田記念テニス研修センター」の役割が大きく関わっており、そのまま大会の歴史と言っても過言ではありません。
また、ここを拠点としている国内の選手も数多く、国内の貴重なプロレベル対応施設のひとつとして機能しています(車椅子テニス競技のレジェンド・国枝や、超ベテランの松井俊英など)。

TTCは、小さなお子様から年配の方まで、また、車いすの方もテニスを楽しむことができる施設です。
テニススクールはプログラムも充実しており、皆様のライフスタイルに合わせてお選びいただけるのが特長です。

正式名称は、公益財団法人 吉田記念テニス研修センター(国際的には、Tennis Traning Center: 略称 TTC)で、永続的にテニスができる環境を確保するため、また、永続性を以て地域貢献ができることを目的に公益財団としています。

また、テニススクールの他に、国際的に活躍する人材育成にも力を注いでいます。その目標を達成するために、私たちは世界的に著名なテニス指導者から研修を受けたり、各種研修会で研鑽を積みながら日々事業を進めてきています。
その他、長年に亘るフィットネステストのデータを公開したり、TTCでデザインされたトレーニング方法が世界で活用されるなど、私たちの地道な活動が役立てられています。

公益財団法人 吉田記念テニス研修センター

2022 かしわ国際オープンテニストーナメント〈柏〉

  • 大会グレード
    ITF 25
  • 期間
    2022.09.26 – 2022.10.02
  • 開催地
    柏/日本
  • 会場
    吉田記念テニス研修センター
  • 賞金総額
    USD 25,000
  • コートの種類
    屋外ハード
  • シングルスドロー数
    32
  • ダブルスドロー数
    16
  • シングルス過去優勝者
    • 2021 中止
    • 2020 中止
    • 2019 山崎純平
    • 2018 リー・ジェ
    • 2017 伊藤竜馬
    • 2016 綿貫陽介
    • 2015 李 德喜
  • チケット情報
    大会特設 パスマーケット
  • 公式メディア
画像引用:公益財団法人 吉田記念テニス研修センター

2022 大会ドロー

2022大会ドロー(トーナメント表)です。

男子シングルス

公式ウェブサイトリンク

draw-ms-2022kashiwa-itf-f

  • 男子シングルスの第1シードは野口莉央。

男子ダブルス

公式ウェブサイトリンク

  • 男子ダブルスの第1シードは松井俊英/上杉海斗組。

テレビ放送・配信予定など

2022年9月24日時点、日本向けメディアでは配信の予定はありません。

2022 大会結果

  • シングルス:準決勝・決勝
  • ダブルス:決勝

男子シングルス

準決勝

野口莉央(1) vs 越智真(4)
63 63

川上倫平(6) vs 田沼諒太(5)
63 62

決勝

野口莉央(1) vs 川上倫平(6)
W.O.
野口が楽天ジャパンオープンに出場するため、川上の不戦勝となりました。
珍しいケースですがいたしかたないところか。

男子ダブルス

決勝

松井俊英/上杉海斗(1) vs 田島尚輝/渡辺聖太(2)
63 46 10-5

まとめ〈追記・補足〉

この記事では、ITFツアー 2022 かしわ国際オープンテニストーナメントについてまとめました。

追記・補足
  • 2022.10.02
    • シングルス決勝の野口-川上戦は、川上の不戦勝となりました。
      野口は、10/3からの楽天オープン予選にも出場していたため、こちらはキャンセルせざるを得ない状況となりましたが、その甲斐あって、野口は見事楽天オープンの予選を突破し本戦入りを決めています。
過去のこの大会の記事

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。