2015 楽天ジャパンオープン 準々決勝 錦織×チリッチ【2015東京】

テニス 2015 楽天ジャパンオープン
準々決勝 現地生観戦!

ATP500 楽天ジャパンオープン 東京/日本 2015.10.5 – 2015.10.11
Rakuten Japan Open Tennis Championships Tokyo, Japan

準々決勝のレビュー、大会ドロー(トーナメント表)の情報(追記含む)です。

実は、ありがたいことに、有明コロシアム生観戦です。^^

天候には恵まれましたが、残暑の日差しを1日中浴び続けて(席が東側のスタンドだったため西日が凄かったです)、もう、ヘトヘトです。

今回は、ベスト8の試合を全て観戦しました。

愛知県より早朝発、1泊2日強行軍

クルマの行程です。

当日早朝、愛知県を出発し、東名高速道路をひた走り約5時間。

久しぶりの有明コロシアムです。

本当に、テニスの試合、準々決勝を観るだけ。

さすがに観戦後は1泊しましたが、次の日の朝には帰路に着きました。

疲れましたが、結論から言って、大変楽しませていただきました。

チケットも、筆者自身は買うことができませんでしたが、同士の一人が見事にPCアクセスに成功してゲット!

ありがたいことでした。

ドロー・男子シングルス

PDFを画像表示しています(1ページ)。
画像下部のボタンより拡大・縮小ができます。

draw-ms-2015tokyo-r

男子シングルスドロー 公式PDFリンク

(ATP公式ウェブ)

準々決勝

S.ワウリンカ(1) vs A.クライチェク
63 64

画像で見るよりもワウリンカはスマートです。貫禄勝ち。

錦織圭(2) vs M.チリッチ(6)
36 75 63

錦織がディフェンディング・チャンピオンとして臨んでいる地元大会、ここまでは第2シードとして、順当に勝ち進んできました。

しかし、正直、今日のこの相手には、未だトラウマ(2014全米オープン決勝)を感じます。

日本のテニスファンにとって、同じような思いを持つ方も多いのではないでしょうか。

しかも、私自身、久しぶりの錦織の生観戦。

この場で敗戦を目撃することにはメンタルが耐え切れません。

久しぶりの生観戦というのは、いやしかし、スタッツや戦略云々など気にしたりする余裕などまったくありません。

1球1球、感情のままに一喜一憂するのみです。

よって、現時点、冷静なレビューなどは書けません(断言、そして開き直り)。

もはやブログ記事ではない。(^^;

結果、比喩でなく手に汗握りましたが、なんとか逆転勝利!

それにしても、錦織のサービスゲームは、現地観戦だと更に疲れます。

更なるサービス改善と、1stサービス確率のアップを激しく求めます。

チリッチ、敗戦しての退場時、本当に爽やかな笑顔で観衆に手を振っていました(錦織の地元ということもあり、愛想を振りまいてくれたのでしょう)。

あの笑顔、間違いなくナイスガイです。

好試合をみせてくれて、私の生観戦試合に負けてくれて、ありがとう。

G.シモン(3) vs G.ミューラー
36 46

今回は粘りのシモンは見られませんでした。生で見ても二枚目ですね。

B.ペール vs N.キリオス
36 64 61

怪人同士の試合はペールに軍配。両者とも、ムカついて観客席にボールを打ち込んでいました(お約束でしょうか)。

明日(というか今日)、これまた更に生々しいトラウマ(2015全米1回戦)のB.ペールが相手です。

私は明日は生観戦ではありませんが、錦織くんが更にトラウマを撃破してくれるものと信じています。


●錦織圭
ナイスゲーム!だけどもっと1stサーブ入れてくれ。

●M.チリッチ
お疲れ様でした ナイスガイ!

●S.ワウリンカ
予選勝者のA.クライチェクにストレート勝利 ダンディです


●松岡修造氏
相変わらず試合の合間には大活躍。この人がいるから会場はよけい暑い。