2018 全豪オープン 日の丸プレビュー エース錦織不在でも充実【2018全豪】

ついに2018全豪オープンの開幕です。

皇帝R.フェデラーの劇的なカムバックから、早いものでもう1年が経つ訳です。

時間も迫っていますので前置きもそこそこに男・単のドロー1回戦、日本選手に注目してみます。

P.コールシュライバー vs 西岡良仁 

復帰明け間もなくでいきなり歴戦の猛者が待ち構えます。

が、むしろ西岡の性格からして、中途半端な相手よりもそこそこ剛の者との対戦の方が気合が入るのではないかとも思えます。

厳しい試合になるとは思いますが期待値は低くありません。

J.ソック vs 杉田祐一 

もう杉田の昨年来の実力を疑う者はいないと思います。

こちらもいきなりヘビー級との対戦ですが、つい先日のエキジビジョン(ガチンコに近い)で手合わせしており、ソックの故障リタイヤで杉田が勝ちを拾っています。

私はその試合もTV観戦しましたが、現状、両者のスタイルは噛み合いそうで、個人的には期待値大、一発やってくれるものと信じています。

J.ベネトー vs ダニエル太郎 

ベネトーはベテラン揃いのフランス勢のなかでも最年長格の存在。

単でのツアー優勝経験こそない(決勝進出は10回!)ものの、30代でキャリアハイのランキング25位を記録、とりわけ複での実績はフランス史にも残る実績を誇ります。

攻撃力もある百戦錬磨の強敵ですが、太郎ちゃんも進化を見せたいところです。

改めて、エース錦織圭は不在ですが、こんにちの日本選手は、複にエントリーのマクラマラン勉や女子勢(大坂なおみ、奈良くるみ、日比野菜緒、江口実沙、二宮真琴、加藤未唯、穂積絵莉、青山修子)も良い試合が期待できるので本当に応援しがいがあります。

GO JAPAN!