2015 全仏オープン 2回戦 錦織×ベルッシ 快勝、静かな威圧感【2015全仏】

テニス 2015 全仏オープン
The French Open
(グランドスラム パリ/フランス) 2回戦

2015全仏オープン1回戦↓

2015 全仏オープン 1回戦 錦織×マチュー 赤土の挑戦がはじまる【2015全仏】
テニス 2015 全仏オープン The French Open (グランドスラム パリ/フランス) 1回戦 錦織圭の挑戦がはじまり...

2015 全仏オープン 2回戦
錦織圭(5) vs T.ベルッシ
75 64 64

見ごたえのあるセンターコートの試合でした。

「長身レフティー」、「クレーコーター」、「直近の大会で優勝」。

まさに苦戦の予感の三拍子揃った現ランキング40位のブラジルの難敵。

しかも初対戦でした。

闘志むき出しのベルッシに対して、一層静けさをましたように思える錦織。

終わってみれば、やはり「総合力」でストレート勝利。

前評判どおりの戦闘力で押してくるベルッシですが、肝心のポイントでDFなどの自滅がありました。

個人的には「格の違い」といったような言葉はあまり好きではありませんが、ランキングTOP10に「定着する」人というのは、相手に与える威圧感も身に着けてくるのでしょうか。

錦織圭は、グランドスラムの第5シード、もう、ファーストウィークで簡単に負けるわけにはいかない地位にいます。

それどころか、優勝候補の一人にも名前が挙がっています。

本人も、とてつもない重圧を抱えていることでしょう。

そういう舞台を経験し、あらゆるプレッシャーを超え勝利を重ねることでしか、強者としてのオーラを纏うことはできません。

ひいき目でなく、貫禄といいますか、改めて今の錦織の凄味を感じました。

頑張れ、日本の至宝!