2021 ウィンストン・セーラムオープン ドロー発表/展望/結果【2021ウィンストン・セーラム】

2021ウィンストン・セーラムオープン ドロー発表 テニスのBonJin

テニス 2021
ウィンストン・セーラムオープン
ドロー・展望・結果など

2021.08.22 – 2021.08.28

ATP250
ウィンストン・セーラムオープン
ウィンストン・セーラム/アメリカ

ATP250
Winston-Salem Open
Winston-Salem, NC, U.S.A.

2021年ウィンストン・セーラムオープンの出場選手ドロー(トーナメント表)発表・展望・結果、テレビ放送・配信予定などの情報です。

[追記:2021/08/23]
予選決勝で敗れた綿貫陽介でしたがラッキールーザーを得て本戦入り。
表示ドローを最新版に更新しました。

[追記:2021/08/27]
シングルスベスト8が揃いました。

2021 大会概要・出場選手エントリー記事はこちら↓

2021 ウィンストン・セーラムオープン 大会概要/エントリーリスト【2021ウィンストン・セーラム】
画像引用: 大会公式ウェブサイト テニス 2021 ウィンストン・セーラムオープ...

また、今大会の結果等は本記事後半で追記・更新します(準々決勝・準決勝・決勝など)。

現時点(2021年8月20日)、アメリカ全土の新型コロナウィルス(COVID-19)の新規感染者数の週平均値は約15万人を数え、はっきりと増加の波を示してきています。
危険なステージを前に様々な思惑が渦巻いていますが、1月頃に既に新規感染者数1日約30万人を記録している同国では、あくまでも肝の据わった対応を続けるようです。
日本も第5波の勢いが深刻で、新たな段階を覚悟しなければならない様子です。

2021 大会ドロー

男子シングルス

PDF男子シングルス(ATP公式)

PDFファイルを画像表示しています。画像下部よりページ送り・拡大・縮小ができます。

draw-ms-2021winston-salem-f

男子ダブルス

PDF男子ダブルス(ATP公式)

2021 大会の展望

上位シードの陣容・動向

今大会、男子シングルスの上位シードは次のとおり。

  1. P.カレノブスタ
  2. D.ゴフィン
  3. D.エバンス
  4. M.フクソービッチ
  5. A.ブーブリック
  6. M.チリッチ
  7. N.バシラシビリ
  8. J.ミルマン

この大会は上位16シードが1回戦免除(BYE)となります。
若手のトップスター達がマスターズ2連戦で奮闘しているため、ドロー上にトップ10選手はいませんが、中堅の骨っぽいメンバーが揃っています。

第1シードはワイルドカードで割り込んできたカレノブスタ。東京オリンピックで大本命のN.ジョコビッチを破りみごと銅メダルに輝きました。
また、遡ること数時間前、シンシナティの8強戦でD.メドベージェフに敗れましたが、体力的には余裕があるようでこの大会にも参戦。全米オープンで上位を狙うべく最終調整です。

第2シードはゴフィン。
故障明けでまだ本調子ではありません(今開催中のシンシナティでは1回戦敗退)が、全米オープンに向かって調子を戻すため懸命に調整を続けています。

見どころなど

予選勝者がまだ決まっていませんが、明示されている男子シングルス本戦1回戦の注目カードを見てみます。

N.キリオス vs A.マレー
J.トンプソン vs G.ペラ
F.コリア vs L.ムゼッティ
E.ルースブオリ vs C.ムテ
I.イワシカ vs A.セッピ

目玉は断トツでキリオスとマレーの対戦でしょう。
250カテゴリの1回戦で見られる組合せではありません(現ランキングでは仕方ない…)。
プライベートでも気の合う両名ですが、過去の対戦成績では5勝1敗でマレーが大きくリード。但し、直近の対戦でも2018年のクイーンズ・クラブまで遡ります(この時はキリオスの初勝利)。
この両名には今後もまだまだテニス界を沸かせてほしいものです。
→ 残念ながらキリオスは欠場。

現時点で日本人選手は、ダブルス本戦にマクラクラン勉。固定ペアであるR.クラーセンと組み第3シード出場。
シングルス本戦には日本選手の名前はありませんが、予選に綿貫陽介が挑戦しています。
→ 綿貫は予選決勝で敗退するもラッキールーザー獲得で本戦入り。

テレビ放送・配信予定

国内向けでは、現時点で以下の放送・配信の予定があります。

WOWOWオンデマンド

大会公式メディア

大会公式ウェブサイト

ATP公式ウェブサイト(大会概要)

TwitterTwitter

facebookFacebook

instagramInstagram

2021 大会結果

男子シングルス

日本人選手

綿貫陽介
1回戦〇 vs J.ムナー 36 63 60
2回戦● vs M.フクソービッチ 57 16

準々決勝

P.カレノブスタ (1) vs I.イワシカ
67 36

R.ガスケ (14) vs E.ルースブオリ
67 16

M.イマー vs F.ティアフォー (13)
67 62 63

M.ギロン vs C.アルカラス(15)
67 26

準決勝

I.イワシカ vs E.ルースブオリ
62 61

C.アルカラス(15) vs M.イマー
57 36

決勝

I.イワシカ vs M.イマー
60 62

決勝はイワシカとM.イマーの対戦。
両名ともツアー初の決勝進出で、タイトルを手にしたのはイワシカでした。

【2021 シングルス決勝 I.イワシカ vs M.イマー】

男子ダブルス

日本人選手

マクラクラン勉/R.クラーセン
1回戦● vs M.ダニエル/M.デモリナー 36 64 4-10

決勝

I.ドディグ/A.クライチェク vs M.ミドルクープ/M.アレバロ
76 57 6-10

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

にほんブログ村 テニスブログへ 

2021 ATP ワールドツアー カレンダー
テニス 2021 ATPツアー カレンダー 2021年シーズンのATPツアーを主とし...