2010 全豪オープン ドロー/結果【2010全豪】

2010全豪オープン ドロー テニスのBonJin

2010.01.18 – 2010.01.31

グランドスラム
全豪オープン
メルボルン/オーストラリア

Grand Slam
Australian Open
Melbourne, Australia

テニス 2010 全豪オープンのドロー(トーナメント表)、大会結果などの情報です。
この記事は、大会当時に作成したものではなく、後に記録としてまとめたものです。

2010 大会ドロー

男子シングルス

PDF男子シングルス(ATP公式)

PDFを画像表示しています(2ページ)。
画像下部のボタンよりページ送り、拡大・縮小ができます。

draw-ms-2010zengou-r3

男子シングルス上位シード

  1. R.フェデラー
  2. R.ナダル
  3. N.ジョコビッチ
  4. J.M.デルポトロ
  5. A.マレー
  6. N.ダビデンコ
  7. A.ロディック
  8. R.セーデリング

女子シングルス

PDF女子シングルス(WTA公式)

女子シングルス上位シード

  1. S.ウィリアムズ
  2. D.サフィナ
  3. S.クズネツォワ
  4. C.ウォズニアッキ
  5. E.デメンチェワ
  6. V.ウィリアムズ
  7. V.アザレンカ
  8. E.ヤンコビッチ

男子ダブルス

PDF男子ダブルス(ATP公式)

女子ダブルス

PDF女子ダブルス(WTA公式)

混合ダブルス

PDF混合ダブルス(WTA公式)

2010 大会結果

男子シングルス

日本人選手
  • 本戦出場者はありませんでした(予選ラウンドに杉田祐一、伊藤竜馬、添田豪、鈴木貴男の4名が出場)。

準々決勝

R.フェデラー(1) vs N.ダビデンコ(6)
26 63 60 75

A.マレー(5) vs R.ナダル(2)
63 76 30 r

J.W.ツォンガ(10) vs N.ジョコビッチ(3)
76 67 16 63 61

M.チリッチ(14) vs A.ロディック(7)
76 63 36 26 63

準決勝

R.フェデラー(1) vs J.W.ツォンガ(10)
62 63 62

A.マレー(5) vs M.チリッチ(14)
36 64 64 62

決勝

R.フェデラー(1) vs A.マレー(5)
63 64 76

2年連続決勝進出の第1シード、R.フェデラーと、全豪オープン初の決勝進出となった第5シード、A.マレーの決勝。
フェデラーがグランドスラム16回目、全豪オープン4回目の優勝を果たしました。

女子シングルス

日本人選手
  • 森田あゆみ
    1回戦:● vs A.ペトコビッチ 56 46
  • クルム伊達公子
    1回戦:● vs T.ガルビン 56 26

決勝

S.ウィリアムス(1) vs J.エナン
64 36 62

女子シングルスの優勝は、第1シードのS.ウィリアムス、準優勝はワイルドカードで出場のJ.エナン。

男子ダブルス

日本人選手
  • 本戦出場者はありませんでした。

決勝

B.ブライアン/M.ブライアン(1) vs D.ネスター/N.ジモニッチ(2)
63 67 63

男子ダブルスの優勝は、B.ブライアン/M.ブライアン組。
同ペアでの全豪オープン通算4回目の優勝となりました。

女子ダブルス

日本人選手
  • クルム伊達公子
    1回戦:●
  • 森田あゆみ
    1回戦:●

決勝

V.ウィリアムス/S.ウィリアムス vs L.フーバー/C.ブラック
64 63

女子ダブルスの優勝は、V.ウィリアムス/S.ウィリアムス組。S.ウィリアムスは単複2冠を達成。

混合ダブルス

日本人選手
  • 本戦出場者はありませんでした。

決勝

C.ブラック/L.パエス vs E.マカロワ/J.レビンスキー
75 63

混合ダブルスの優勝は、C.ブラック/L.パエス組。

まとめ

この記事では、2010 全豪オープンについてまとめました。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。