2021 バイキング国際 大会概要/エントリーリスト【2021イーストボーン】

2021バイキング国際・イーストボーン エントリーリスト テニスのBonJin

画像引用: 大会公式ウェブサイト

テニス 2021
バイキング国際
大会概要・エントリーリスト

2021.06.21 – 2021.06.26

ATP250
バイキング国際
イーストボーン/イギリス

ATP250
Viking International Eastbourne
Eastbourne, Great Britain

2021年バイキング国際の大会概要、エントリー(出場選手)、チケット、テレビ放送・配信予定などの情報です。

[追記:2021/06/18]
エントリーリストを最新版に更新しました。
西岡が本戦入りしています。

[追記:2021/06/20]
ドロー発表。記事をアップしました。

スポンサー付き名称は変わりました(昨年までは「ネイチャー・バレー国際」)が、昨年のこの大会は、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で中止となったため、2年ぶりの開催ということになります。

現時点(2021年5月下旬)、ヨーロッパでは比較的新型コロナウィルスの新規感染者数は減少傾向が続いています。
イギリスでも、1日当たりの新規感染者数は約2,3千人で推移しており、収束とまではいきませんが一時の勢いと比較すれば良好と言えるでしょう。
ただ、むろん油断は禁物で、新たな変異ウィルスがどこでどう爆発するかはまったくの未知数。なんとかワクチンの効果も維持してほしいところです。

大会ドロー(トーナメント表)は、発表あり次第別記事投稿します。

2021 バイキング国際 ドロー発表/展望/結果【2021イーストボーン】
テニス 2021 バイキング国際 イーストボーン ドロー・展望・結果など 20...

2021 大会概要

バイキング国際は、イギリスのロンドンで開催されるATP250の大会です。
サーフェスはグラス(天然芝)コートで、ウィンブルドン選手権の前哨戦として位置づけられています。

1974年から続く女子の歴史ある大会でしたが、2009年より男女共催となりました(2015年、2016年は男子は開催なし)。
冠スポンサーも変遷が多いため、ツアー名称としては「イーストボーン国際」という名称が一般的です。

バイキング国際

大会グレード
ATP250

期間
2021.06.21 – 2021.06.26

開催地
イーストボーン/イギリス

会場
デヴォンシャー・パーク・ローンテニス・クラブ

賞金総額
EUD 609,065

コートの種類
屋外グラス(天然芝)

シングルスドロー数
28

ダブルスドロー数
16

シングルス過去優勝者

2020 開催なし
2019 T.フリッツ
2018 M.ズベレフ
2017 N.ジョコビッチ
2016 開催なし
2015 開催なし
2014 F.ロペス
2013 F.ロペス
2012 A.ロディック
2011 A.セッピ
2010 M.ロドラ
2009 D.ツルスノフ

チケット情報

Viking International Eastbourne Tennis Tournament Tickets
Viking International Eastbourne Tournament held at Devonshire Park in Eastbourne is a combined women's and men's tennis tournament. Click here for information o...

大会公式メディア

大会公式ウェブサイト

ATP公式ウェブサイト(大会概要)

TwitterTwitter

facebookFacebook

instagramInstagram

2021 エントリーリスト

2021/06/18版

男子シングルス・メインドロー

1 Gael Monfils 16 15
2 Alex de Minaur 22 22
3 Lorenzo Sonego 26 28
4 Nikoloz Basilashvili 30 31
5 Reilly Opelka 32 35
6 Alejandro Davidovich Fokina 35 46
7 Albert Ramos-Vinolas 38 38
8 Alexander Bublik 39 37
Cameron Norrie 41 45
John Millman 43 43
Marton Fucsovics 49 44
Richard Gasquet 54 51
Laslo Djere 55 53
Yoshihito Nishioka 56 60
Aljaz Bedene 60 54
Frances Tiafoe 65 73
Vasek Pospisil 66 65
Alexei Popyrin 67 62
Emil Ruusuvuori 74 74
Egor Gerasimov 76 78
Jo-Wilfried Tsonga 80 75
(WC) Liam Broady 146
(WC) Jay Clarke 233
(WC) James Ward 333
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

男子シングルス・オルタネイト

1 Salvatore Caruso 97 81
2 Marcos Giron 75 82
3 Pierre-Hugues Herbert 87 83
4 Gianluca Mager 82 85
5 Steve Johnson 72 86
6 Norbert Gombos 89 87
7 Radu Albot 93 88
8 Ilya Ivashka 90 89
9 Soonwoo Kwon 79 90
10 Yannick Hanfmann 99 93
11 Andreas Seppi 91 95
12 Philipp Kohlschreiber 128 96 (PR)
13 Kevin Anderson 101 97
14 James Duckworth 92 97 (PR)
15 Roberto Carballes Baena 100 98
16 James Duckworth 92 99
17 Juan Ignacio Londero 127 100
18 Pedro Martinez 106 102
19 Mikael Ymer 98 103
20 Mikhail Kukushkin 105 105

日本人選手は、現時点でメインドローには入っていません。
オルタネイト枠には西岡良仁の名前があります。
→ 西岡がオルタネイトから本戦入りしました。

テレビ放送・配信予定など

国内向けでは、現時点で以下の放送・配信の予定はありません。

にほんブログ村 テニスブログへ 

2021 ATP ワールドツアー カレンダー
テニス 2021 ATPツアー カレンダー 2021年シーズンのATPツアーを主とし...