2020 デビスカップ ファイナルズ予選 ドロー(対戦カード)発表/結果【2020デビスカップ】

テニス 2020
デビスカップ(国別対抗戦) by Rakuten
ファイナルズ予選
ドロー(対戦カード)発表・結果

デビスカップ ファイナルズ予選
2020.03.06 – 2020.03.07

Davis Cup Qualifiers by Rakuten

2020年デビスカップ・ファイナルズ予選の出場選手ドロー(対戦カード)発表・展望・結果、テレビ放送・配信予定などの情報です。

大会概要・出場国組合せの記事はこちら↓

2020 デビスカップ ファイナルズ予選 大会概要/出場国組合せ【2020デビスカップ】
テニス 2020 デビスカップ(国別対抗戦) by Rakuten ファイナルズ予選 デビ...

今大会の結果等は本記事内で追記・更新します。

[追記:2020/03/06~]
結果を追記していきます。

尚、本記事では日本-エクアドル戦をメインにしております。ご了承ください。

既報ではありますが、日本のホーム(兵庫県:ブルボン・ビーンズドーム)で迎えるこの大会は、残念ながら新型コロナウィルス禍のリスクを避けるため無観客試合となりました。
エクアドルの選手たちも不安のなかよく訪日してくれたものだと思います。

また、今大会代表として出場予定だった日本の西岡良仁が欠場となりました。
新型コロナウィルスの影響(主に今後のツアー転戦のリスク)でのことで、今がキャリアの最重要時期と考えられる西岡にとっては仕方のない選択かと思われます。
西岡は既に離日・渡米しており、現地で来週以降のアメリカ・マスターズ大会に備えています。

また、代替選手として綿貫陽介が緊急招集され、日本チームは、錦織圭・内山靖崇・添田豪・マクラクラン勉・綿貫陽介の5人の代表で構成されることとなりました(監督は岩渕聡)。

無論、日本だけでなく世界中で緊急的な措置が取られている状況。異例に次ぐ異例のなか、選手たちの心労も通常の比ではないと思います。
我々は、世界中のアスリートをはじめ関係者、医療関係者、不幸にも感染してしまった患者の皆様にも敬意、尊重、お見舞いの心情を抱きつつ、楽しませていただきたいと思います。

2020 ドロー(対戦表)・結果追記

前の記事でもお伝えしたとおり、2020年ファイナルズ予選の出場国は24ヶ国で、勝利した12ヶ国が11月開催のファイナルズ(マドリード・ファイナルズ)へ進出します(ファイナルズは18ヶ国で争われる)。

出場国組み合わせ

下記の各組み合せに結果を追記。

  • クロアチア vs インド
    3-1
  • ベルギー vs ハンガリー
    2-3
  • アルゼンチン vs コロンビア
    1-3
  • アメリカ vs ウズベキスタン
    4-0
  • オーストラリア vs ブラジル
    3-1
  • イタリア vs 韓国
    4-0
  • ドイツ vs ベラルーシ
    4-1
  • カザフスタン vs オランダ
    3-1
  • チェコ vs スロバキア
    3-1
  • オーストリア vs ウルグアイ
    3-1
  • 日本 vs エクアドル
    0-3
  • スウェーデン vs チリ
    3-1

日本 vs エクアドル 対戦カード

1日目(3/6)

  • ラバー1 シングルス
    添田豪 vs E.ゴメス
    57 67
  • ラバー2 シングルス
    内山靖崇 vs R.キロス
    67 62 67

2日目(3/7)

  • ラバー3 ダブルス
    内山靖崇/マクラクラン勉 vs G.エスコバル/D.イダルゴ
    67 36
  • ラバー4 シングルス
    内山靖崇 vs E.ゴメス
  • ラバー5 シングルス
    添田豪 vs R.キロス

日本はエクアドルに0-3で完敗。ラバー4・5は双方合意のうえ行われずこの大会は終了となりました。
日本は入れ替え戦のワールドグループⅠ(2020年9月18日~9月19日)にまわることになります。

非常事態下でのホーム戦、難しいことも多かったと思いますが負けは負け。
敗戦に向き合い、分析してまた前を向きましょう。
お疲れ様でした。

エクアドル選手は難しい状況のなか訪日し、極めて高いパフォーマンスを披露しました。
おめでとうございます。マドリードでも頑張ってください。

上記は、日本時間の3月5日 10:00に発表された対戦カードで、この時点では錦織圭・綿貫陽介は控えにまわっています。

錦織圭はつい先日、BNPパリバオープン(インディアンウェルズ)の欠場も発表していますので、恐らくこの大会での出場はよほどのことがない限りないと思います。

ラバーを見る限り内山に大車輪の活躍が期待されますが、ラバー「順」からみると、「デビスカップ日本代表のエース」である添田の存在が今なおいかに代表チームに信頼されているかがわかります。
勝負の流れを左右する初戦と最終戦に添田の名前があることには誰しも納得するところで、これまでも日本代表を支えてきた実績(デビスカップマッチ勝利数は日本人歴代3位の24)に期待せざるを得ません。

格という言葉を使うならば、ランキング的にもエクアドルを上回る日本代表ですが、何が起きるかわからないのが勝負の世界。
錦織・西岡を欠きながらも今のテニス日本代表の層の厚さに改めて感謝しつつ、テレビ画面(ディスプレイ?スマホ?)に対面して応援したいと思います。

テレビ放送・配信予定など

国内向けで以下の放送・配信が予定されています。
以下、すべて無料放送・配信とのこと。

WOWOW

WOWOWオンデマンド

Youtube

https://www.daviscup.com/en/home.aspx
デビスカップ
ブルボン ビーンズドーム 兵庫県立三木総合防災公園屋内テニス場・テニススクール
[ブルボン ビーンズドーム]日本最大級!世界基準!兵庫県立三木総合防災公園屋内テニス場

Twitter

Facebook

Instagram

にほんブログ村 テニスブログへ 

2020 ATP ワールドツアー カレンダー
テニス 2020 ATPツアー カレンダー 2020年シーズンのATPツアーを主としたカレン...