2018 ロジャーズ・カップ ベスト8揃う 激戦必至!プレビューと予想【2018トロント】

2018トロント(ロジャーズ・カップ)もいよいよ佳境です。

日本時間の8月10日現在、ベスト8の顔ぶれが出揃いました。

既に錦織は敗退していますが、なんだかんだ今大会もここまで話題豊富で、QFも面白い組み合わせになっています。

それぞれの激突ももう間もなくですが、急ぎプレビューと、せっかくなので強引なBonJin予想もつけておきます。

R.ナダル vs M.チリッチ

ナダルは、3回戦でS.ワウリンカを降してのQF進出です。

ストレート勝ちではありましたが、ワウリンカはさすがに手強く、紙一重と言って良いほどの接戦でした。

ワウリンカも故障明け間もなく、なかなか本来の力を出せていませんでしたが、強豪との対戦を重ねて、どうやらこのトロントできっかけを掴めそうです。

特にこの試合では、彼らしいバックハンドのスーパーショットも随所にみられました。

チリッチもD.シュワルツマンからストレート勝利をもぎ取りこの場に立ちました。

決して、好調時のサーブではありませんでしたが、計5ブレークしての勝利です。

シュワルツマンも2ブレイクするなど、スコア差ほど一方的には感じらない試合でしたが、ストローク力も安定感の増してきているチリッチが勝ちきりました。

さて、ナダルとチリッチです。

対戦は意外に少なく、過去7戦、ナダルから5勝2敗です。

チリッチの1勝目は、初対戦の2009北京まで遡りますが、直近では2018全豪オープンのQFで価値ある久々の勝利(ナダルが5thセット途中の故障リタイヤ)を挙げています。

差は縮まっていることは間違いありませんが、現時点での総合力では僅差ながらまだナダルが優勢と思います。

R.ハーセ vs K.カチャノフ

緒戦で錦織を退けたハーセが、D.シャポバロフを倒して上がってきました。

ハーセは、結局、好調なんですね(J.M.デルポトロが棄権するなど運もあり)。

カチャノフも実力をつけてきました(私の中ではもともと将来性トップ3内に入る選手です)。

3回戦のJ.イスナーからの勝利も自信に繋がったと思います。

この2名は初対戦となります。

わたし的には、今回は豪腕カチャノフの勝利予想です。

G.ディミトロフ vs K.アンダーソン

F.ティアフォーとの激戦を制したランキング5位のディミトロフと、I.イワシカを降した6位のアンダーソンとの対戦。(杉田祐一を破ったイワシカ、彼も強かったですね。少し救われた思い。)

過去対戦はディミトロフから6勝1敗、各試合接戦ではありますが、意外なほど数字には差があります。

但し、両者の対戦は、直近でも2016ストックホルムですから、ディミトロフにとっても、昨年来トップ10に名を連ね、すっかり貫禄もついてきた今のアンダーソンは脅威だと思います。

今回はアンダーソンに1票。

S.チチパス vs A.ズベレフ

D.メドベージェフをストレートで破ったズベレフと、赤丸急上昇中のチチパス。

先週2018ワシントンD.C.の初対戦に続き、2回目の顔合わせです。

前回は同大会覇者ズベレフの勝利でした。

若者同士の潰し合いになってしまいますが、これもドロー運、仕方がありません。

そして、今大会、チチパスはなんと、ティーンエイジャーにして、2018ウィンブルドン王者のN.ジョコビッチをフルセット撃破して上ってきました。

完全復活目前のジョコビッチ相手に、勝ち方も隙のない、見事なものです。

この試合は、とりあえず、マスターズに滅法強いサーシャがとるとは思います。

が、しかし…。

時間も迫っていますので今回のプレビューと予想はこの辺で。

いま、20歳前後の世代が続々と台頭してきており、間違いなく、世代交代のうねりがみられます。

ちょっと予想が難しくなってきました。

この大会、試合だけでなく、今後のATP戦線についても。

少し、緊張感さえ覚えているのは私だけでしょうか。