2022 ドバイ・デューティフリー・テニス選手権 エントリー/ドロー/結果【2022ドバイ】

2022大会 テニスのBonJin

2022.02.21 – 2022.02.27

ATP500
ドバイデューティーフリーテニス選手権
ドバイ/U.A.E.

ATP500
Dubai Duty Free Tennis Championships
Dubai, U.A.E.

2022年 ドバイ・デューティフリー・テニス選手権 大会概要、エントリーリスト、ドロー(トーナメント表)とその展望、チケット販売、テレビ放送・配信予定、大会結果などの情報記事です。

2022 大会概要

2021年のこの大会は、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響から例年とはスケジュールを変更して3月に開催されました。
2022年2月1日現在、アラブ首長国連邦の新型コロナウィルス(COVID-19)の新規感染者数は週平均で1日約2千3百人となっています。しかも、年末からの波としても既に減少傾向にあるようなグラフ形状で、我が国を含む世界の主要国の数字と比較すればかなり抑えられているようです。

大会ドロー(トーナメント表)及び展望・結果等は、経過に沿って本記事内に追記更新していきます。

ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権はUAE(アラブ首長国連邦)の国際都市・ドバイで1993年から行われているテニストーナメントです。

冠スポンサーは名称にあるとおり、ドバイ・デューティーフリー社(DDF)で、ドバイ国際空港に本社を置く世界最大級の空港免税店グループです(DFSグループとは異なります)。

今年も開催期間を1週間ずらした形式での男女共催で、男子はATP500、女子はWTA500のカテゴリーとなっています(2022年の女子大会は2/14から開催されます)。
ツアー同格大会のなかでも賞金額が大きく、男女ともに例年ビッグネームが多く参加するひと際豪華な大会です。

大会の男子シングルス最多優勝回数記録は、R.フェデラーの8回。2003年の大会初優勝から2019年にかけて実に16年の長きに渡り記録を積み上げています。

また、コロナワクチンの接種に関わる様々な問題で現在その動向が話題になっている現世界ランキング1位のN.ジョコビッチですが、このドバイがとりあえず2022年最初の出場大会になるということでも注目されます。

  • 大会グレード
    ATP500
  • 期間
    2022.02.21 – 2022.02.27
  • 開催地
    ドバイ/アラブ首長国連邦
  • 会場
    ドバイ・デューティーフリーテニススタジアム
    Dubai Duty Free Tennis Stadium
  • 賞金総額
    USD 2,390,695
  • コートの種類
    屋外ハード
  • シングルスドロー数
    32
  • ダブルスドロー数
    16
  • シングルス過去優勝者
    • 2021 A.カラツェフ
    • 2020 N.ジョコビッチ
    • 2019 R.フェデラー
    • 2018 R.B.アグート
    • 2017 A.マレー
    • 2016 S.ワウリンカ
    • 2015 R.フェデラー
    • 2014 R.フェデラー
    • 2013 N.ジョコビッチ
    • 2012 R.フェデラー
    • 2011 N.ジョコビッチ
    • 2010 N.ジョコビッチ
  • 大会公式メディア

【2021年 男子シングルス決勝 L.ハリス vs A.カラツェフ】

2022 エントリーリスト(男子シングルス)

2022/02/02版

男子シングルス・メインドロー

1 Novak Djokovic 1 1
2 Andrey Rublev 7 6
3 Felix Auger-Aliassime 9 9
4 Jannik Sinner 10 10
5 Hubert Hurkacz 11 11
6 Denis Shapovalov 12 14
7 Aslan Karatsev 15 15
8 Gael Monfils 16 20
Roberto Bautista Agut 19 18
Nikoloz Basilashvili 21 23
Daniel Evans 22 24
Marin Cilic 26 27
Karen Khachanov 27 30
Alex de Minaur 33 42
Lloyd Harris 34 33
Alexander Bublik 35 37
Filip Krajinovic 36 36
Marton Fucsovics 39 35
Alejandro Davidovich Fokina 47 50
Ilya Ivashka 48 47
David Goffin 52 45
Arthur Rinderknech 60 48
Borna Coric 81 27 (PR)
(WC)
(WC)
(WC)
(WC) A+
(SE)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

男子シングルス・オルタネイト

1 Jan-Lennard Struff 51 52
2 Soonwoo Kwon 55 54
3 Mackenzie McDonald 56 55
4 Botic van de Zandschulp 50 57
5 Alexei Popyrin 65 59
6 Lorenzo Musetti 66 60
7 Tallon Griekspoor 62 62
8 Benjamin Bonzi 68 63
9 Gianluca Mager 67 65
10 Hugo Gaston 69 67
11 Adrian Mannarino 58 69
12 Jordan Thompson 78 73
13 Alex Molcan 72 74
14 Jiri Vesely 80 78
15 Peter Gojowczyk 96 82
16 Mikael Ymer 83 86
17 John Millman 94 89
18 Emil Ruusuvuori 87 90
19 Henri Laaksonen 86 91
20 Oscar Otte 84 96

この大会は本戦出場のカットオフ順位が厳しく、50位前後で切られます。
2022年2月2日現在、シングルスの日本人選手の名前はメインドロー・オルタネイトともにありません。

2022 大会ドロー

男子シングルス

PDF男子シングルス(ATP公式)

draw-ms-2022dubai-f

男子ダブルス

PDF男子ダブルス(ATP公式)

テレビ放送・配信予定など

2022年2月2日現在、国内向け放送・配信の予定は以下のようです。

WOWOW(放送・準決勝/決勝)

WOWOWオンデマンド

2022 大会結果

男子シングルス

  • ダニエル太郎
    1回戦:〇 vs D.ゴフィン 63 76
    2回戦:● vs D.シャポバロフ 46 36

準々決勝

M.マクドナルド vs A.ルブレフ(2)
62 36 16

H.フルカシュ(5) vs J.シンネル(4)
63 63

N.ジョコビッチ(1) vs J.ベセリ
46 67

R.ベランキス vs D.シャポバロフ(6)
67 36

準決勝

H.フルカシュ(5) vs A.ルブレフ(2)
63 57 67

J.ベセリ vs D.シャポバロフ(6)
67 76 76

決勝

J.ベセリ vs A.ルブレフ(2)
36 46

男子ダブルス

  • 日本人選手の出場はありません。

決勝

N.メクティッチ/M.パビッチ(1) vs M.ビーナス/T.プエッツ(4)
36 76 14-16

まとめ〈追記・補足〉

この記事では、ATPツアー 2022 ドバイ・デューティフリー・テニス選手権についてまとめました。

追記・補足
  • 2022.02.28
    • 男子シングルス優勝はA.ルブレフ。

※同週開催ツアー大会

2022 チリオープン

2022 アビエルト・メキシコ・テルセル

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

コメント

テキストのコピーはできません。