2022 全仏オープン エントリー/ドロー/結果【2022全仏】

2022 グランドスラム大会 テニスのBonJin
2022

2022.05.22 – 2022.06.05

グランドスラム
全仏オープン
パリ/フランス

Grand Slam
French Open Roland Garros
Paris, France

テニス 2022 全仏オープンの大会概要、エントリーリスト、ドロー(トーナメント表)、テレビ放送・ネット配信予定、大会結果などの情報です。
尚、この記事は、エントリーリストの公表からアップされ、ドロー及び結果(準々決勝・準決勝・決勝)までを随時フォローして追記更新していきます。

フランスの新型コロナウィルス(COVID-19)の状況(REUTERS COVID-19 TRACKER)

大会概要

全仏オープン(French Open -Roland Garros-)は、フランスのパリで開催されるテニス グランドスラム大会(四大大会)のひとつです。
大会は男女共催で、初夏のヨーロッパ・クレーコートシーズンの総決算でもあります。

会場は、フランスの首都パリの名所であるブローニュの森に隣接するスタッド・ローラン・ギャロス(Stade Roland Garros)で、大会運営はフランステニス連盟(FFT)です。
ちなみに、名称のローラン・ギャロスは、世界で初めて地中海横断飛行に成功した、フランスの英雄的パイロットの名前に由来し、大会自体もまた「ローラン・ギャロス・トーナメント」(Le Tournoi de Roland Garros)とも呼ばれることがあります。昨年はそのローラン・ギャロスの記念のモニュメントが会場に建造されました。

また、長い間、「屋外コートのみ」「ナイターなし」の伝統を続けてきた大会でしたが、2020年からスタジアムの大改修が行われ、昨年からは新コート増設に加え、コート・フィリップ・シャトリエ(センターコート)には、開閉式の屋根と照明設備が設置されました。

大会の戦績としては、今更ながら、クレーキング・R.ナダルのシングルス13回制覇が歴代断トツの記録として輝いています。

大会グレード グランドスラム
期 間 2022.05.22 – 2022.06.05
開催地 パリ/フランス
会 場 スタッド・ローラン・ギャロス
Stade Roland Garros
賞金総額 EUD 21,256,800
コートの種類 屋外クレーコート
単ドロー数 128
複ドロー数 64
単過去優勝者 2021 N.ジョコビッチ
2020 R.ナダル
2019 R.ナダル
2018 R.ナダル
2017 R.ナダル
2016 N.ジョコビッチ
2015 S.ワウリンカ
2014 R.ナダル
2013 R.ナダル
2012 R.ナダル
2011 R.ナダル
2010 R.ナダル
チケット情報 大会公式ウェブサイト内
公式メディア 大会公式ウェブサイト
ATP公式ウェブサイト(大会概要)
Twitter
Facebook
Instagram

2021年の男子シングルス決勝では、準決勝でクレーキング・ナダルを破ったジョコビッチと、グランドスラム初制覇を狙うS.チチパスが対戦しました。
試合は、2セットダウンからの大逆転でジョコビッチが勝利し、前人未到のダブル・キャリア・グランドスラム(キャリア・グランドスラム2巡目制覇)を達成しました。

2022 全仏オープン 男子単決勝

2021年の女子シングルス決勝は、A.パブリチェンコワとB.クレイチコバの対戦。
ノーシードのクレイチコバが初優勝を果たしました。

2022 全仏オープン 女子単決勝

2022 エントリーリスト

2022男子シングルスのエントリーリスト(メインドロー・オルタネイト枠20)です。
大会ドローの確定まで随時更新します。
2022/04/23版
2022/05/14版

メインドロー 本戦

1 Novak Djokovic 1 1
2 Daniil Medvedev 2 2
3 Alexander Zverev 3 3
4 Rafael Nadal 4 4
5 Stefanos Tsitsipas 5 5
6 Carlos Alcaraz 6 11
7 Andrey Rublev 7 8
8 Matteo Berrettini 8 6
9 Felix Auger-Aliassime 9 9
10 Casper Ruud 10 7
11 Cameron Norrie 11 10
12 Hubert Hurkacz 12 14
13 Jannik Sinner 13 12
14 Taylor Fritz 14 13
15 Diego Schwartzman 15 16
16 Denis Shapovalov 16 15
17 Reilly Opelka 17 17
18 Pablo Carreno Busta 18 19
19 Roberto Bautista Agut 19 18
20 Grigor Dimitrov 20 29
21 Gael Monfils 21 21
22 Alex de Minaur 22 25
23 Marin Cilic 23 22
24 Karen Khachanov 24 24
25 Nikoloz Basilashvili 25 20
26 Frances Tiafoe 26 28
27 John Isner 27 23
28 Lorenzo Sonego 28 26
29 Alejandro Davidovich Fokina 29 46
30 Sebastian Korda 30 42
31 Miomir Kecmanovic 31 38
32 Botic van de Zandschulp 32 41
Daniel Evans 33 27
Tommy Paul 34 33
Aslan Karatsev 35 30
Lloyd Harris 36 40
Sebastian Baez 37 66
Jenson Brooksby 38 35
Federico Delbonis 39 34
Pedro Martinez 40 45
Alexander Bublik 41 36
Holger Rune 42 79
Albert Ramos-Vinolas 43 37
Ugo Humbert 44 48
Cristian Garin 45 31
Alex Molcan 47 50
David Goffin 48 47
Francisco Cerundolo 49 52
Ilya Ivashka 50 44
Lorenzo Musetti 51 83
Marton Fucsovics 52 57
Mackenzie McDonald 53 53
Filip Krajinovic 54 39
Federico Coria 55 55
Benjamin Bonzi 56 63
Fabio Fognini 57 32
Oscar Otte 58 72
Laslo Djere 59 62
Marcos Giron 60 54
Emil Ruusuvuori 61 81
Maxime Cressy 62 69
Arthur Rinderknech 63 59
Dusan Lajovic 64 49
Benoit Paire 65 61
Daniel Altmaier 66 67
Tallon Griekspoor 67 58
Hugo Gaston 68 65
Andy Murray 69 85
James Duckworth 70 71
Adrian Mannarino 71 68
Soonwoo Kwon 72 70
Jiri Vesely 73 73
Dominik Koepfer 75 64
Brandon Nakashima 76 76
Richard Gasquet 77 84
Jiri Lehecka 79 99
Kamil Majchrzak 80 75
Hugo Dellien 81 92
Alejandro Tabilo 82 97
Joao Sousa 83 87
Denis Kudla 84 82
Jordan Thompson 85 86
Pablo Andujar 86 80
John Millman 87 74
Thanasi Kokkinakis 88 88
Carlos Taberner 89 94
Tomas Martin Etcheverry 90 95
Yoshihito Nishioka 91 89
Jan-Lennard Struff 93 60
Facundo Bagnis 95 93
Roberto Carballes Baena 96 78
Henri Laaksonen 97 91
Mikael Ymer 98 96
Peter Gojowczyk 99 101
Quentin Halys 100 102
Ricardas Berankis 102 90
Marco Cecchinato 122 100
(WC) Christopher O’Connell 125
(WC) Corentin Moutet 126
Alexei Popyrin 127 98
Pablo Cuevas 128 103
(WC) Manuel Guinard 158
(WC) Gilles Simon 160
Dominic Thiem 162 51
Aljaz Bedene 164 75 (PR)
(WC) Lucas Pouille 165
(WC) Michael Mmoh 181
(WC) Gregoire Barrere 210
Attila Balazs 250 101 (PR)
Borna Coric 262 27 (PR)
(WC) Jo-Wilfried Tsonga 263
Stan Wawrinka 361 22 (PR)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

メインドロー オルタネイト20

1 Jaume Munar 94 105
2 Taro Daniel 103 106
3 Steve Johnson 92 107
4 Norbert Gombos 115 109
5 Juan Pablo Varillas 117 110
6 Stefano Travaglia 113 111
7 Gianluca Mager 111 112
8 Corentin Moutet 126 113
9 Thiago Monteiro 101 114
10 Sam Querrey 107 115
11 Juan Manuel Cerundolo 123 116
12 Yannick Hanfmann 114 117
13 Radu Albot 110 118
14 Feliciano Lopez 108 119
15 Fernando Verdasco 109 120
16 Stefan Kozlov 118 121
17 Jack Draper 106 122
18 Bernabe Zapata Miralles 112 123
19 Mats Moraing 120 124
20 Chun-hsin Tseng 116 125

日本時間の4月23日現在、シングルスではメインドローに西岡良仁、オルタネイトにダニエル太郎が入っています。
また、胸部の疲労骨折で治療休養していたナダルはマドリードから復帰予定で、この全仏のエントリーにも入っています。是非間に合わせて欲しいものです。

日本時間5月14日現在、ダニエル太郎のオルタネイト順位は2位まで上がりました。
また、今季での引退を表明しているフランスのJ.W.ツォンガとG.シモンの両名がWCで本戦入りしました。

2022 大会ドロー

2022大会ドロー(トーナメント表)です。
上から順に、男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスを表記します。

男子シングルス

ATP公式ウェブサイトリンク

draw-ms-2022zenfutsu-f

  • 男子シングルス第1シードはN.ジョコビッチ。1回戦で西岡良仁と対戦。
  • クレーキング・R.ナダルは第5シード。順当なら準々決勝でジョコビッチと対戦。

女子シングルス

WTA公式ウェブサイトリンク

draw-ws-2022zenfutsu-f

  • 女子シングルス第1シードはI.シフォンティク。

男子ダブルス

ATP公式ウェブサイトリンク

  • 男子ダブルスの第1シードはR.ラム/J.サリスベリー組。

女子ダブルス

WTA公式ウェブサイトリンク

  • 女子ダブルスの第1シードはB.クレイチコバ/K.シニアコバ組。
  • 女子ダブルスでは日本人選手が本戦に6名登場。

混合ダブルス

RG公式ウェブサイトリンク

  • 日本人選手は3名出場。

テレビ放送・配信予定など

2022/4/23時点、日本向けメディアでは、以下で放送・配信が予定されています。

WOWOW 〈放送・配信〉

テレビ東京 〈放送〉

2022 大会結果

  • シングルス:準々決勝・準決勝・決勝
  • ダブルス:決勝

男子シングルス

  • 西岡良仁
    1回戦:● vs N.ジョコビッチ 36 16 06
  • ダニエル太郎
    1回戦:● vs G.バレーレ 63 26 60 36 46

準々決勝

A.ズベレフ(3) vs C.アルカラス(6)
64 64 46 76

N.ジョコビッチ(1) vs R.ナダル(5)
26 64 26 67

A.ルブレフ(7) vs M.チリッチ(20)
75 36 46 63 67

C.ルード(8) vs H.ルネ
61 46 76 63

準決勝

R.ナダル(5) vs A.ズベレフ(3)
76 66 ズベレフ棄権

C.ルード(8) vs M.チリッチ(20)
36 64 62 62

決勝

R.ナダル(5) vs C.ルード(8)
63 63 60

男子シングルス決勝は、クレーキング・ナダルと気鋭のルード。
両者は初対戦。

ナダルがグランドスラム通算22度目、全仏オープン通算14度目(共に歴代単独1位)の制覇。

女子シングルス

  • 大坂なおみ
    1回戦:● vs A.アニシモバ 57 46
  • 土居美咲
    1回戦:● vs A.コルネ 26 06

準々決勝

M.トレビザン vs L.フェルナンデス(17)
62 67 63

C.ガウフ(18) vs S.スティーブンス
75 62

I.シフォンティク(1) vs J.ペグラ(11)
63 62

V.クデルメトバ(29) vs D.カサキナ(20)
46 67

準決勝

I.シフォンティク(1) vs D.カサキナ(20)
62 61

M.トレビザン vs C.ガウフ(18)
36 16

決勝

I.シフォンティク(1) vs C.ガウフ(18)
61 63

2022年女子シングルス決勝は、女王・シフォンティクと、18歳のガウフの対戦。

試合はシフォンティクが盤石のテニスでガウフを圧倒。
2年ぶり2度目の全仏制覇とともに、マッチ35連勝を達成しました。

男子ダブルス

  • マクラクラン勉/A.ゴランソン
    1回戦:● vs M.パビッチ/N.メクティッチ 26 57

決勝

I.ドディグ/A.クライチェク vs J.ロイヤー/M.アレバロ(12)
76 67 36

女子ダブルス

  • 柴原瑛菜/A.ムハンマド
    1回戦:〇 vs E.ジャケモ/S.ジャニシジェビ 62 61
    2回戦:〇 vs K.クコバ/A.ポタポワ 64 63
    3回戦:● vs M.キーズ/T.タウンゼント 67 26
  • 青山修子/チャン・ハオチン
    1回戦:● vs I.ペグ/M.オソリオセラノ 36 57
  • 二宮真琴/穂積絵莉
    1回戦:● vs B.ハッダッド マイア/A.ダニリナ 64 46 46
  • 土居美咲/A.トムヤノビッチ
    1回戦:〇 vs V.ハイセン/R.ウドバルジ 64 46 60
    2回戦:〇 vs U.エイケリ/C.ハリソン 76 63
    3回戦:● vs K.ムラデノビッチ/C.ガルシア 75 46 26
  • 加藤未唯/A.ストジアディ
    1回戦:〇 vs A.ペトコビッチ/T.マルティンコバ 76 26 62
    2回戦:● vs ジャン・シュウアイ/C.ムクラナイ 36 46

決勝

J.ペグラ/C.ガウフ(8) vs K.ムラデノビッチ/C.ガルシア
62 36 26

混合ダブルス

  • マクラクラン勉/チャン・ハオチン
    1回戦:〇 vs B.ペール/C.パケ 63 63
    2回戦:● vs K.クラビーツ/N.メリチャー 46 57
  • H.ニス/青山修子
    1回戦:● vs N.スクプスキ/D.クロークザイク 36 16
  • W.クールホフ/柴原瑛菜
    1回戦:〇 vs J.ロイヤー/A.グアラチー 36 64 10-6
    2回戦:〇 vs M.ミドルクープ/D.スゥース 63 64
    準々決勝:〇 vs M.エブデン/S.ストーサー 63 64
    準決勝:〇 vs G.ダブロウスキー/J.ピアース 63 64
    決勝:◎ vs U.エイケリ/J.フリーゲン 76 62

柴原瑛菜が混合ダブルス部門で、全仏オープン自身初の決勝進出。
同大会・部門の日本人選手の成績としては、1997年決勝進出の平木理化/M.ブパシ組以来(結果は優勝)の快挙。

決勝

W.クールホフ/柴原瑛菜(2) vs U.エイケリ/J.フリーゲン
76 62

まとめ

この記事では、2022 全豪オープンについてまとめました。

同週の大会記事

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。