楽天SF 錦織×ガスケ 恐るべき集中力で天才を両断!(2018東京)

張り詰めた緊張感の中、凄みのあるテニスで天敵を葬りました。

2018東京 楽天ジャパンオープン 準決勝

錦織圭 vs R.ガスケ

76 61

錦織自身、苦手意識も多少は感じていた様子です。

タフなメンタルも備えた天才、ガスケは、逆に、錦織との相性の良さに自信を滲ませつつ、今の地元のエースの好調さには警戒を強めてもいました。

だからこその試合前からの緊張感。

第1セットから互いに譲らず、両者とも最初から集中力を研ぎ澄まして相打ちました。

ただ、錦織が、若干押し気味に6-6まで進みました。サーブ、ストロークともに安定しています。

短期決戦は勢いが大切です。

本ゲーム中、安定を重視して我慢を重ねていた錦織は、タイブレークで、少し、力を解放して相手を攻撃、一気にセットを奪い去りました。

本当に、ここまでは凄まじい集中力。

第2セットは、集中こそ切らさないものの、むしろ脱力したフォームから伸びのあるショットを連発し、ある意味更に力を解放、ほとんどガスケに自分のテニスをさせませんでした。

サーブが、1st、2ndともに安定、ガスケ恐怖症に怯える我々も、ほとんど、安心して観ていられるレベル。

リターンは相変わらず究極水準、コーナーを狙ったソリッドサーブもしっかり返され、第2セットはさすがのガスケも弱気をみせ打つ手を失いました。

体調が良く、集中が上がっているときの錦織の恐ろしさを、改めてみせつける勝ち方でした。

さあ、わたし的には楽天でのノルマは達成です。というより、ひとつ勝ち過ぎです。

もう少し、時間的に余裕を持って上海MSへ向かって欲しかった。

(他はともかく、何が何でも今期中のMS制覇を果たしたい!)

でも、もう決勝。

棄権しない限り、戦わなくてはなりません。

相手は、ネクスト世代からただひとり生き残った挑戦者、D.メドベージェフです。

彼は、今大会予選からの勝ちあがりで決勝までたどり着きました(メドベージェフが予選からという今大会のレベルの高さがわかります)。

そして、今年8月のワシントンD.Cでの、綿貫陽介のATPツアーデビュー戦の相手でもあります。結果は、綿貫にMPを握られながらも逆転勝利。

過去、錦織から1勝(2018モンテカルロMS、同大会で錦織は準優勝、優勝はR.ナダル)。

錦織が普通の調子であれば、確実に倒すべき相手のはずですが、どうでしょうか。

他のヤングと比べて少し地味ではあるかもしれませんが、さすがはロシアン・ブラッド、粘り強く、若くして穴のないテニスを展開します。

既にツアー初優勝を含む今季2つのタイトル(シドニー、ウィンストン・セーラム)を有しており、ロシア期待の22歳、やはり、侮れるはずもありません。

ダブルスでは、マクラクラン・勉(J.ストルフとのペア)も決勝にたどり着きました。

果たして、我々は、2018深センに引き続き、ツアー2週連続の日本人単複制覇などという、夢のようなリザルトをみることができるのか!?

でもお願い、錦織の激闘疲労 or ケガだけは勘弁してくださいと祈りつつ…。