2021 ウィンブルドン選手権 大会概要/エントリーリスト【2021全英】

2021ウィンブルドン選手権 エントリーリスト テニスのBonJin

画像引用: 大会公式ウェブサイト

テニス 2021
ウィンブルドン選手権
大会概要・エントリーリスト

2021.06.28 – 2021.07.11

グランドスラム
ウィンブルドン選手権
ロンドン/イギリス

Grand Slam
The Championships Wimbledon
London, Great Britain

2021年ウィンブルドン選手権の大会概要、エントリー(出場選手)、チケット、テレビ放送・配信予定などの情報です。

昨年のこの大会は、新型コロナウィルス(COVID-19)禍の影響で中止となりました。
現時点でのイギリスの新型コロナウィルスの新規感染状況は、ワクチンの成果か週平均でも1日千人台と比較的落ち着いています。
同国は昨年末頃から今年初めにかけて感染爆発。ピーク時には1日7万人弱という新規感染者が発生し危機的状況に陥っていましたが、2月以降は減少傾向に入りました。

大会ドロー(トーナメント表)は、発表あり次第別記事投稿します。
尚、ドロー記事については女子部門も取り上げる予定です。

2021 大会概要

ウィンブルドン選手権は、イギリスのロンドンで開催されている男女共催のグランドスラム大会(四大大会)です。
サーフェスはグラス(天然芝)で、クッション性があるものの表層が滑るため球足は速く不規則で、ビッグサーバー有利と言われています。

ご存知の方も多いとは思いますが、日本で言われる「全英オープン」というのは便宜上の呼称で、シンプルに「The Championships」というのがこの大会の現在の正式名称です。
直訳すると「選手権」。まさに、名称だけとっても世界随一という自負がみられますが、元々は「The Lawn Tennis Championships On Grass」と呼ばれていました。

また、ウィンブルドン選手権は、「テニスの聖地」と呼ばれる「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」を会場としており、その大会運営方式も、ミドル・サンデーの休養日があったり、白いウェアの着用義務があったりと、グランドスラム大会の中でも最も伝統と格式を重んじる大会となっています(2022年大会よりミドル・サンデーは無くなるということです)。
更に、会場コートに関しても、いわゆるメインコートを「センターコート」とシンプルに呼ぶほか、以下第1、第2と番号のみのコート名が付けられていて、他の会場のように愛称や広告主名などはありません。
しかも、このセンターコートに限れば、原則として1年に1度、このウィンブルドン大会期間で使用されるのみという徹底ぶりです(2012年のロンドン五輪・テニス競技では例外的に使用されました)。また観客に対しても、チケット発行のルール(オフィシャル販売エージェントは2社のみで、IDチェックと引き換えの現地チケット発行が原則)や、ドレスコード要請もあります。

因みに予選は、本戦会場から少し離れたイングランド銀行スポーツセンターのコートで行われるため、本戦に出られない選手は会場すら入れないという厳しい格差も受け入れなければなりません(新型コロナ禍の対策のためにこのルールは変更になるかもしれません)。

ウィンブルドン選手権の男子シングルスの歴代最多優勝回数記録は、単独でR.フェデラーの8回(2003、2004、2005、2006、2007、2009、2012、2017)。同、最多連続優勝記録もフェデラーの5連覇(同数にB.ボルグ)。フェデラーが芝の皇帝と言われる所以です。
また、この大会は、2003年のフェデラー優勝以降2019年までの17年間、BIG4(R.フェデラー、N.ジョコビッチ〈5回〉、A.マレー〈2回〉、R.ナダル〈2回〉)以外の優勝者がない大会でもあります。恐るべし、BIG4…。

ウィンブルドン選手権

大会グレード
グランドスラム

期間
2021.06.28 – 2021.07.11

開催地
ロンドン/イギリス

会場
オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
Stade Roland Garros

賞金総額
GBP ー

コートの種類
屋外グラス(天然芝)

シングルスドロー数
128

ダブルスドロー数
64

シングルス過去優勝者

2020 開催中止
2019 N.ジョコビッチ
2018 N.ジョコビッチ
2017 R.フェデラー
2016 A.マレー
2015 N.ジョコビッチ
2014 N.ジョコビッチ
2013 A.マレー
2012 R.フェデラー
2011 N.ジョコビッチ
2010 R.ナダル
2009 R.フェデラー

2019年の優勝者はN.ジョコビッチ。同大会2連覇、通算5回目の戴冠でした。
決勝は、2015年以来となる、ジョコビッチ vs フェデラーという黄金カード。4時間57分の熱戦の末、ジョコビッチが勝利しました。

2019年 ウィンブルドン選手権 男子シングルス決勝 ハイライト

2019年 ウィンブルドン選手権 男子シングルス決勝 フルマッチ

チケット情報
大会公式ウェブサイト
詳細はまだ明らかになっていませんが、制限付きの可能性が高くなりそうです。

大会公式メディア

大会公式ウェブサイト

ATP公式ウェブサイト(大会概要)

TwitterTwitter

facebookFacebook

instagramInstagram

2021 エントリーリスト

2021/05/20版

男子シングルス・メインドロー

1 Novak Djokovic 1 1
2 Daniil Medvedev 2 2
3 Rafael Nadal 3 3
4 Dominic Thiem 4 4
5 Stefanos Tsitsipas 5 5
6 Alexander Zverev 6 6
7 Andrey Rublev 7 7
8 Roger Federer 8 8
9 Matteo Berrettini 9 9
10 Diego Schwartzman 10 10
11 Roberto Bautista Agut 11 11
12 Pablo Carreno Busta 12 12
13 David Goffin 13 13
14 Gael Monfils 14 14
15 Denis Shapovalov 15 15
16 Milos Raonic 16 16
17 Jannik Sinner 17 17
18 Hubert Hurkacz 18 18
19 Felix Auger-Aliassime 19 19
20 Grigor Dimitrov 20 20
21 Casper Ruud 21 21
22 Alex de Minaur 22 22
23 Cristian Garin 23 23
24 Stan Wawrinka 24 24
25 Aslan Karatsev 25 25
26 Karen Khachanov 26 26
27 Daniel Evans 27 27
28 Lorenzo Sonego 28 28
29 Fabio Fognini 29 29
30 Borna Coric 30 30
31 Nikoloz Basilashvili 31 31
32 Taylor Fritz 32 32
Ugo Humbert 33 33
John Isner 34 34
Reilly Opelka 35 35
Benoit Paire 36 36
Adrian Mannarino 37 37
Alexander Bublik 38 38
Albert Ramos-Vinolas 39 39
Dusan Lajovic 40 40
Filip Krajinovic 41 41
Jan-Lennard Struff 42 42
John Millman 43 43
Marton Fucsovics 44 44
Alejandro Davidovich Fokina 45 45
Marin Cilic 46 46
Miomir Kecmanovic 47 47
Kei Nishikori 48 48
Cameron Norrie 49 49
Federico Delbonis 50 50
Lloyd Harris 51 51
Richard Gasquet 52 52
Tommy Paul 53 53
Laslo Djere 54 54
Aljaz Bedene 55 55
Nick Kyrgios 56 56
Jeremy Chardy 57 57
Guido Pella 58 58
Dominik Koepfer 59 59
Yoshihito Nishioka 60 60
Feliciano Lopez 61 61
Alexei Popyrin 62 62
Jordan Thompson 63 63
Vasek Pospisil 64 64
Sebastian Korda 65 65
Sam Querrey 66 66
Tennys Sandgren 67 67
Gilles Simon 68 68
Kyle Edmund 69 69
Corentin Moutet 70 70
Jiri Vesely 71 71
Jo-Wilfried Tsonga 72 72
Frances Tiafoe 73 73
Emil Ruusuvuori 74 74
Pablo Andujar 75 75
Stefano Travaglia 76 76
Egor Gerasimov 77 77
Thiago Monteiro 78 78
Radu Albot 79 79
Jaume Munar 80 80
Salvatore Caruso 81 81
Marcos Giron 82 82
Steve Johnson 83 83
Pierre-Hugues Herbert 84 84
Lucas Pouille 85 85
Gianluca Mager 86 86
Norbert Gombos 87 87
Lorenzo Musetti 88 88
Soonwoo Kwon 89 89
Ricardas Berankis 90 90
Ilya Ivashka 91 91
Yannick Hanfmann 92 92
Andreas Seppi 93 93
Federico Coria 94 94
Juan Ignacio Londero 95 95
Kevin Anderson 96 96
Roberto Carballes Baena 97 97
James Duckworth 98 98
Pedro Martinez 99 99
Mikhail Kukushkin 100 100
Mikael Ymer 101 101
Pablo Cuevas 102 102
Philipp Kohlschreiber 132 96 (PR)
Yen-Hsun Lu 679 71 (PR)
(WC)
(WC)
(WC)
(WC)
(WC)
(WC)
(WC)
(WC)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

男子シングルス・オルタネイト

1 Daniel Elahi Galan 103 103
2 Marco Cecchinato 104 104
3 Fernando Verdasco 105 105
4 Attila Balazs 106 106
5 Yuichi Sugita 107 107
6 Dennis Novak 108 108
7 Facundo Bagnis 109 109
8 Joao Sousa 110 110
9 Pedro Sousa 111 111
10 Taro Daniel 112 112
11 Yasutaka Uchiyama 113 113
12 Carlos Alcaraz 114 114
13 Benjamin Bonzi 115 115
14 Francisco Cerundolo 116 116
15 Mackenzie McDonald 117 117
16 Andrej Martin 118 118
17 Denis Kudla 119 119
18 Damir Dzumhur 120 120
19 Hugo Dellien 121 121
20 Thiago Seyboth Wild 122 122

日本人選手はメインドローに錦織圭、西岡良仁、オルタネイトに内山靖崇、杉田祐一、ダニエル太郎の名前が見られます。
錦織はエントリー順では現時点で48番目。32番目以内に入ってシード獲得はなるか。

テレビ放送・配信予定など

国内向けでは、現時点で以下の放送・配信が予定されています。

WOWOW

WOWOWオンデマンド

NHK(現時点では放送の公式発表なし)

にほんブログ村 テニスブログへ 

2021 ATP ワールドツアー カレンダー
テニス 2021 ATPツアー カレンダー 2021年シーズンのATPツアーを主とし...