境川緑道公園テニスコート(岐阜県岐阜市)

境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin

岐阜県岐阜市
境川緑道公園テニスコート

境川緑道公園(さかいがわりょくどうこうえん)テニスコートは、岐阜県岐阜市(ぎふけんぎふし)の公営テニスコートエリアです。

一級河川の長良川に注ぎ込む境川の河川敷に設けられた公園で、岐阜市の南部に位置する緑豊かな空気の良い場所です。

隣接して(「水郷ハナミズキ街道」を隔て)「道の駅 柳津」があります。

境川緑道公園は、河川の改修と連動して、境川の豊かな自然環境を生かした憩いの場として、スポーツやイベントができるように整備されています。

毎年4月上旬から5月下旬にかけては、公園に立てた約100本のポールに、約300匹ものこいのぼりが泳ぎます。

境川緑道公園公式ウェブ
川と緑と軽スポーツの公園

境川緑道公園公式ホームページ(岐阜市柳津町)川と緑と軽スポーツの公園

施設概要

境川緑道公園には、テニスコートエリア以外に以下のような施設があります。

  • 芝生噴水広場
    “水と緑を生かした憩いの広場。多人数でのイベントも開催できます。”
  • パターゴルフ場
    “人工芝でつくられた全9ホールのコース。川を眺めながらパターゴルフを楽しめます。”
  • ゲートボール場
    “コートは4面あり、大勢でゲームを楽しめます。”
  • フィットネス広場
    “子どもから大人まで
    休日は家族で敷物と飲み物持参でたっぷりと遊んでいただけます。”
  • 野鳥観察広場
    “境川流域に生息する数多くの野鳥を観察することができます。”
  • ジョギングコース
  • ※「道の駅 柳津」
    公園東側に接した道の駅です。

アクセス

〒501-6115 岐阜県岐阜市柳津町源葉南地

クルマ
駐車場 無料 20台程度
テニスコート南側にあります。
※緑道公園としては「専用駐車場はない」と公式ウェブにありますが、テニスコートについてはこの場所に駐車可能であるとのことです。
また、公園東側に接して「道の駅 柳津」があるので、公園利用者はそこに停めることが多いようです。
名鉄竹鼻線
「柳津」駅 徒歩15分

テニスコート

新しくはありませんが整備されたきれいなテニス施設です。
上述のとおり、川や池に囲まれ自然と共生する立地です。

コートは全5面の規模で、北東から南西に並んで配置されています。
サーフェスは砂入り人工芝が4面、ハードが1面。ハードコートはちょっとサーフェスも古びています。
ナイター施設はありません。各コートにベンチ、審判台があります。
フェンスはグリーンネットが使われていてちょっと低めです。またどういう訳かハードコート通路側には低いネットがあるだけなので少し不便かも…。

コート傍にプレハブ管理事務所、簡易屋根付きの休憩・給水所スペースがありますが、更衣室、シャワーなどはないようです。
また、テニスコート専用の簡易トイレが設置されていますが、少し歩けば公園内や、先述の「道の駅」にもしっかりとしたトイレがあるので安心です。
河川も近いため飲料の自動販売機などはコート付近に見当たりませんので、飲食は用意があったほうが良いかもしれません(道の駅もありますが…)。

公営コートとしては料金設定がやや高めです(730円/1時間 〈2020年4月現在〉)が、ラケット・ボールの無料貸し出しがあるそうです。
また、テニスコート利用者にはスタンプカードが配布され、10ポイント貯まると「道の駅 柳津」でのドリンク1杯サービスの特典があるということです。

付近の自然も楽しめるお手軽なコートですね。

問合せ:
境川緑道公園管理事務所(090-7037-8038)

予約:
岐阜市公共施設予約システム

公共施設予約サービスはこちら/市民体育課/岐阜市公式ホームページ
岐阜市公式ホームページ

各施設には、個別の利用条件などがありますので、都度運営元機関にご確認ください。


境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin
●テニスコート全景

境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin
●テニスコート全景

境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin
●テニスコート全景

境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin
●テニスコート全景
ハードコート、ここだけフェンスが低い^^;。

境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin
●休憩所

境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin
●管理事務所

境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin
●トイレ
仮設簡易トイレです。

境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin
●駐車場

境川緑道公園テニスコート テニスのBonJin
●案内看板


岐阜県のテニスコート一覧
安八郡 揖斐郡 恵那市 大垣市 海津市 各務原市 可児市 加茂郡 ...

にほんブログ村 テニスブログへ 

テニスコートの運営種別について

公営テニスコート

国営・県営・市営・町営など、公有地をテニスコート施設として運営している形態のものです。
公共サービスの一環として運営され、もっとも一般的で、一般の方でもなじみのあるテニスコートだと思います。
金額も格安で、単位時間は様々ですが、だいたいが1面1時間あたり300円~1,000円の範囲だと思います。
ほとんどの場合、抽選形式でコート予約をすることになりますが、各自治体、各コートによって申込み、利用、支払いなどのルールは異なります。

誰であれ登録すれば利用できる施設もあれば、その自治体に住所か勤務地がないと利用できないケースや、利用はできても利用料金が異なるケースもよく見られます。

現在はネット予約・抽選の方法が幅広く利用されるようになっていますが、その前提条件としてのルールを事前によく確認して利用するようにしましょう。

民営テニスコート

単に一般の方や企業が私有地テニスコートを商用として貸し出ししているケースはほとんどないと思います。

団体と継続的な契約でも結べない限り、スペースと運営費を考えても面貸しだけの事業化は困難と言えます。

民営の場合は、テニススクールの一定時間の面貸しや、ホテル、ペンション、旅館など宿泊施設の施設としての面貸し、或いは企業の福利厚生として従業員のために貸し出しているケースなどがほとんどだと思います。

企業の福利厚生利用施設以外は、利用者の制限はあまりないものの(スクール生のみの貸し出しというスクールもありますが)、費用は割高になることが多く、1面1時間あたり1,500円~3,000円ほどにはなると思います。

テニスは、天候にも左右され、また、一人ではできない(壁打ち、サーブ練習を除く)ものなので、コート予約や、人集めなどサークルや複数の人との協力が必要なスポーツです。

逆にだからこそ、雑多なことも含め、年齢や性別、それぞれの立場を超えた社会性も養えるスポーツであると、前向きにとらえて楽しむことも重要ではないでしょうか。