井上公園テニスコート(愛知県豊田市)

井上公園 テニスのBonJin

愛知県豊田市
井上公園テニスコート

井上公園(いのうえこうえん)テニスコートは、愛知県第2の都市である豊田市(とよたし)にある公営の屋外スポーツ施設です。

井上公園は、愛知県北東部の豊田市にあります。市の中西部の市街地に位置する市民の憩いのスポーツ施設です。

愛知県豊田市
位置 愛知県北東部
面積 918.32k㎡(市の面積は愛知県最大)
人口 約42万人
隣接都市 愛知県:安城市、岡崎市、刈谷市、新城市、瀬戸市、知立市、日進市、長久手市、みよし市、北設楽郡設楽町
岐阜県:恵那市、土岐市、瑞浪市
長野県:下伊那郡根羽村

豊田市は、トヨタ自動車が本社を置く企業城下町として知られ、有数の工業都市として繁栄しています。
また一方で、市内には広大な自然山川を有し、景勝地・保養地・文化資源も多く、観光都市としての側面も持っています。

施設概要

井上公園は、スポーツ施設や散策路として市民に人気のある公園です。
水無瀬川という小さな川沿いにあり、その両岸の桜が、春には華やかに彩られます。
周辺は市街地なのですが、公園を囲むように緑が目に映ります。

井上公園には主に以下のような施設があります。

  • 野球場
    軟式野球、ソフトボール可能。
    ナイター設備あり。
  • プール(井上公園水泳場)
    人目を引くドーム型の温水プール施設。
    室内25mプール、水中歩行用プール、子供プール、ジャグジー、トレーニングルーム、スタジオなどがあります。
  • マレットゴルフ場
  • 多目的広場
    少年サッカーなど。
  • テニスコート 矢印↓

アクセス

〒470-0372 愛知県豊田市井上町11丁目

クルマ
  • ルート
    東海環状自動車道 豊田勘八ICから約10分
  • 駐車場(無料・公園施設供用)
    330台 利用時間は9:00~21:00
    駐車場はプール・野球場側になります。
公共交通機関
  • 名鉄三河線「猿投」駅 徒歩7分。

テニスコート

サーフェス・面数 屋外砂入り人工芝コート3面
ナイター設備 有り

コンパクトな設計のテニス施設です。
全3面あるテニスコートエリアが1区画に東西に配置されています。
コートサーフェスは全て砂入り人工芝でしっかり整備されているようです。
また、ナイター設備も完備されていてすべてのコートが夜間21時まで使用可能です。
各コートにベンチはありますが、屋根付きになっているのは両端の面のみです。

クラブハウスはありませんが、受付窓口となる隣接の井上公園水泳場のトイレ・更衣室・シャワーを利用することができます。
※更衣室は便宜上、多目的トイレを使用することになるとのこと。
※シャワーは、プール受付でコイン購入で利用可とのこと。

テニスコートエリア入口近くに飲料自動販売機がありますが、テニス中補給物資は予め用意しておいたほうが良いと思います。
市街地なので周辺にお店などは散在しています。

2021年1月現在、使用料金は2時間600円/1面です(照明料金は200円/0.5時間)。

問合せ
いさとスポーツクラブ(井上水泳場内) 0565-44-0050

予約

豊田市スポーツ施設利用システム

各施設には、個別の利用条件などがありますので、都度運営元機関にご確認ください。


井上公園 テニスのBonJin
●テニスコート全景

井上公園 テニスのBonJin
●テニスコート全景

井上公園 テニスのBonJin
●テニスコート全景

井上公園 テニスのBonJin
●テニスコートエリア出入口

井上公園 テニスのBonJin
●井上公園水泳場
テニスコートエリアとは水無瀬川にかかる橋を渡って移動します。

井上公園 テニスのBonJin
●テニスコートエリア外景
春にはこの土手の桜並木が美しいそうです。

井上公園 テニスのBonJin
●駐車場
駐車場は、井上公園水泳場ドーム側(水無瀬川対岸側)にあります。
テニスコートエリアから少し離れます。


愛知県のテニスコート一覧
愛西市 愛知郡 海部郡 あま市 安城市 一宮市 稲沢市 犬山市...

にほんブログ村 テニスブログへ 

テニスコートの運営種別について

公営テニスコート

国営・県営・市営・町営など、公有地をテニスコート施設として運営している形態のものです。
公共サービスの一環として運営され、もっとも一般的で、一般の方でもなじみのあるテニスコートだと思います。
金額も格安で、単位時間は様々ですが、だいたいが1面1時間あたり300円~1,000円の範囲だと思います。
ほとんどの場合、抽選形式でコート予約をすることになりますが、各自治体、各コートによって申込み、利用、支払いなどのルールは異なります。

誰であれ登録すれば利用できる施設もあれば、その自治体に住所か勤務地がないと利用できないケースや、利用はできても利用料金が異なるケースもよく見られます。

現在はネット予約・抽選の方法が幅広く利用されるようになっていますが、その前提条件としてのルールを事前によく確認して利用するようにしましょう。

民営テニスコート

単に一般の方や企業が私有地テニスコートを商用として貸し出ししているケースはほとんどないと思います。

団体と継続的な契約でも結べない限り、スペースと運営費を考えても面貸しだけの事業化は困難と言えます。

民営の場合は、テニススクールの一定時間の面貸しや、ホテル、ペンション、旅館など宿泊施設の施設としての面貸し、或いは企業の福利厚生として従業員のために貸し出しているケースなどがほとんどだと思います。

企業の福利厚生利用施設以外は、利用者の制限はあまりないものの(スクール生のみの貸し出しというスクールもありますが)、費用は割高になることが多く、1面1時間あたり1,500円~3,000円ほどにはなると思います。

テニスは、天候にも左右され、また、一人ではできない(壁打ち、サーブ練習を除く)ものなので、コート予約や、人集めなどサークルや複数の人との協力が必要なスポーツです。

逆にだからこそ、雑多なことも含め、年齢や性別、それぞれの立場を超えた社会性も養えるスポーツであると、前向きにとらえて楽しむことも重要ではないでしょうか。