桜運動施設テニスコート(三重県四日市市)

桜運動施設テニスコート テニスのBonJin

三重県四日市市
桜運動施設テニスコート
(四日市市桜テニスコート)
Sakura Undoushisetsu Tennis Court

桜運動施設テニスコートは、三重県四日市市(よっかいちし)にある屋外スポーツ公営施設です。

桜運動施設は、三重県有数の都市である四日市市の西部に位置し、市民の屋外スポーツ複合施設として常時賑わっている施設です。

施設概要

施設は公営ですが、特定非営利活動法人・四日市スポーツ協会の管理による運営とされています。
敷地面積は全体で29,113㎡。複合スポーツ施設としてはコンパクトな設計で、一部は地域の調整池としての役割も持っています。
周囲は丘陵地ですが、桜台という四日市市でも有数の大規模団地とも隣接しており市街地から間近の市民公園の一つと言ったほうが良いかもしれません。

桜運動施設概略図 テニスのBonJin
画像引用:NPO法人 四日市スポーツ協会 公式ウェブ

同施設には以下のような施設があります。

  • 多目的運動場
    ソフトボール、軟式野球、サッカー、グラウンドゴルフ等の利用が可能。
  • 調整池
    通常時には水はありません。
  • テニスコート 矢印↓

アクセス

〒512-1211 三重県四日市市桜町

クルマ
  • ルート
    東名阪自動車道 四日市ICから約8分。
  • 駐車場(無料)
    75台。
公共交通機関
  • 市バス「桜台二丁目西」停 徒歩約18分

テニスコート

周囲を緑に囲まれた気持ちの良い空間です。
全体が巨大施設という訳ではありませんが、テニスコートは6面配置されています。

少し風変わりなコートエリア配置で、1面のハードコートが独立した1区画と、3面のクレー(グリーンサンド)コートと2面の砂入り人工芝コートの併存する1区画に分かれています。
ハードコートは、いわゆるウレタン塗装コートではなくアスファルト仕様で、テニスコートラインとは異なるライン表示もあることから、別競技(恐らくバスケットボール)等か或いはイベント等でも利用されるようです。
いずれにせよ実際にこのハードコートでテニス利用する場合はボールの摩滅は覚悟したほうが良さそうです。^^;

もう一つの区画は前述したように複合コートですが両サーフェスとも完全なテニス仕様なのでやはりこちらの5面区画の方が利用は多いようです。

全コート、ナイター照明設備はありませんので利用時間は17:00までとなります。
各コートにベンチがありますが、審判台は常設されていないようです。恐らく公式戦利用などはあまり想定してないということなのでしょう。

きれいなクラブハウスには事務室や休憩室・更衣室・シャワー(有料)・トイレなども準備されており、また外部には飲料自動販売機が設置されています。
コンビニエンスストアなどもそう遠くはありませんが、徒歩ではちょっと距離があるので補給は準備したほうが正解だと思います。

2020年11月現在の使用料金は、一般で1面1時間が530円となっています。
人工芝コート南側のエリア外にゆったりした屋根付きの休憩場があり、サーフェス・配置的にもこの2面がやはり競争率が高いようです。

先述したように住宅地にほど近い場所ですが、星のきれいな水沢市民広場や名湯・湯の山温泉も遠くありません。
小観光も楽しめる穴場のテニスコートだと思います。

問合せ
桜運動施設 059-328-3501

予約:
四日市市公共施設案内・予約システム

TASKクラウド

各施設には、個別の利用条件などがありますので、都度運営元機関にご確認ください。


桜運動施設テニスコート テニスのBonJin
●テニスコート全景(砂入り人工芝)

桜運動施設テニスコート テニスのBonJin
●テニスコート全景(クレー)

桜運動施設テニスコート テニスのBonJin
●テニスコート全景(クレー)

桜運動施設テニスコート テニスのBonJin
●テニスコート全景(ハード)
ハードというよりアスファルト舗装です。

桜運動施設テニスコート テニスのBonJin
●休憩スペース

桜運動施設テニスコート テニスのBonJin
●トイレ

桜運動施設テニスコート テニスのBonJin
●クラブハウス

桜運動施設テニスコート テニスのBonJin
●駐車場

桜運動施設テニスコート テニスのBonJin
●施設入口


三重県のテニスコート一覧
伊賀市 伊勢市 員弁郡 いなべ市 尾鷲市 亀山市 北牟婁郡 熊野市...

にほんブログ村 テニスブログへ 

テニスコートの運営種別について

公営テニスコート

国営・県営・市営・町営など、公有地をテニスコート施設として運営している形態のものです。
公共サービスの一環として運営され、もっとも一般的で、一般の方でもなじみのあるテニスコートだと思います。
金額も格安で、単位時間は様々ですが、だいたいが1面1時間あたり300円~1,000円の範囲だと思います。
ほとんどの場合、抽選形式でコート予約をすることになりますが、各自治体、各コートによって申込み、利用、支払いなどのルールは異なります。

誰であれ登録すれば利用できる施設もあれば、その自治体に住所か勤務地がないと利用できないケースや、利用はできても利用料金が異なるケースもよく見られます。

現在はネット予約・抽選の方法が幅広く利用されるようになっていますが、その前提条件としてのルールを事前によく確認して利用するようにしましょう。

民営テニスコート

単に一般の方や企業が私有地テニスコートを商用として貸し出ししているケースはほとんどないと思います。

団体と継続的な契約でも結べない限り、スペースと運営費を考えても面貸しだけの事業化は困難と言えます。

民営の場合は、テニススクールの一定時間の面貸しや、ホテル、ペンション、旅館など宿泊施設の施設としての面貸し、或いは企業の福利厚生として従業員のために貸し出しているケースなどがほとんどだと思います。

企業の福利厚生利用施設以外は、利用者の制限はあまりないものの(スクール生のみの貸し出しというスクールもありますが)、費用は割高になることが多く、1面1時間あたり1,500円~3,000円ほどにはなると思います。

テニスは、天候にも左右され、また、一人ではできない(壁打ち、サーブ練習を除く)ものなので、コート予約や、人集めなどサークルや複数の人との協力が必要なスポーツです。

逆にだからこそ、雑多なことも含め、年齢や性別、それぞれの立場を超えた社会性も養えるスポーツであると、前向きにとらえて楽しむことも重要ではないでしょうか。