オープン13・プロヴァンス エントリー告知(2019マルセイユ)

2019 オープン13・プロヴァンス(ATP250 マルセイユ/フランス)のエントリー告知です。現時点で、日本人プレイヤーのエントリーはありませんが、オルタネート(欠員待ち次順候補)に数名います。大会ドロー(トーナメント表)は、発表あり次第記事投稿します。1993年から開催されている大会です。

記事を読む

ニューヨークオープン エントリー告知(2019ニューヨーク)

2019 ニューヨークオープン(ATP250 ニューヨーク/アメリカ)のエントリー告知です。大会ドロー(トーナメント表)は、発表あり次第記事投稿します。錦織圭が2018年、故障明け、ツアーレベルの同年初出場となった大会です。今年はA.ロディックと、J.クーリエのレジェンドによるエキシビジョンマッチが開催されるそうです。

記事を読む

ABNアムロ 世界テニス・トーナメント エントリー告知 錦織出場(2019ロッテルダム)

2019 ABN アムロ 世界テニス・トーナメント(ATP500 ロッテルダム/オランダ)のエントリー告知です。錦織圭がエントリーしています。大会ドロー(トーナメント表)は、発表あり次第記事投稿します。既に46回目の開催を迎えるこの大会は、ロッテルダムのアホイ・ロッテルダムで毎年2月第2週に開催されています。

記事を読む

全豪オープン 予選ドロー発表 内山は波に乗れるか(2019全豪)

1/14からの全豪オープン・テニス(グランドスラム メルボルン/オーストラリア)の予選ドロー(トーナメント表)が発表。男・単:杉田祐一、伊藤竜馬、綿貫陽介、内山靖崇、守屋宏紀、添田豪。(本戦inは、錦織圭、西岡良仁、ダニエル太郎)女・単: 土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみ、清水綾乃の4名。(本戦inは大坂なおみ)

記事を読む

ブリスベン国際 祝!錦織 長かったツアー12勝目までの道(2019ブリスベン)

錦織圭が、2年11ヶ月ぶりのツアー大会優勝 決勝9連敗でストップ!2019開幕大会、ブリスベン国際(ATP250)の初タイトルを勝ち取りました。やはり優勝は良いものです。嬉しさ爆発なのですが、どこかほっとしています。2019ブリスベン国際 決勝 錦織圭 vs D.メドベージェフ 64 36 62

記事を読む

ブリスベン国際SF 圧巻の錦織劇場! 決勝はメドベージェフ(2019ブリスベン)

ブリスベン国際 遂に決勝進出! 錦織圭、恐るべき強さです。サーブの調子が良いだけでなく、素早い動きと球際の強さが特に目に付きます。 体調も良く、心・技・体ともに充実していることが伺えます。2019ブリスベン国際 準決勝 錦織圭 vs J.シャルディ 62 62 そしてたどり着いた決勝の相手は難敵、メドベージェフです。

記事を読む

ASBクラシック ドロー発表(2019オークランド)

2019/1/7より開催される、ASBクラシック(ATP250 オークランド/ニュージーランド)のドロー(トーナメント表)が発表されました。シドニー国際同様、全豪オープン前の重要な大会です。ダブルスでマクラクラン勉の出場があるのでしょうか。注目のひとつは、ワイルドカードでの参加となるD.フェレール。

記事を読む

シドニー国際 ドロー発表(2019シドニー)

2019/1/7より開催のシドニー国際(ATP250 シドニー/オーストラリア)のドロー(トーナメント表)が発表されました。西岡良仁、ダニエル太郎が予選からの挑戦です。今大会の中心となるのは、2018優勝者のD.メドベージェフ。彼は全豪オープンも含めて2019の序盤戦に大暴れする可能性が高くなってきました。

記事を読む

ブリスベン国際 錦織がディミトロフを制圧 内山善戦及ばず(2019ブリスベン)

ブリスベン国際のメイン・コートである、パット・ラフター・アリーナは本日、ジャパン・デイとなりました。試合時間順には、ダニエル太郎(2回戦)、内山靖崇(準々決勝)、大坂なおみ(準々決勝)、そして錦織圭(準々決勝)の4名の登場です。単に日本人が登場というだけでない、大会も中盤の日本勢各々の活躍があっての舞台。

記事を読む

アルゼンチンオープン エントリー告知(2019ブエノスアイレス)

アルゼンチンのブエノスアイレスで開催される、アルゼンチンオープンのエントリー告知です。(2019/2/11~)大会ドロー(トーナメント表)は発表あり次第記事投稿します。 現時点では、日本からダニエル太郎がエントリーしており、今シーズン引退表明のD.フェレールもワイルドカードの参加となりそうです。

記事を読む

ブリスベン国際 錦織白星発進、内山も大殊勲でベスト8!(2019ブリスベン)

ブリスベン国際2回戦、日本のエース錦織圭が2019のシングルス初舞台に登場です。既に1回戦でATPツアーマッチ2勝目を挙げた内山靖崇も、同じく2回戦でK.エドマンドに挑みました。2019ブリスベン 2回戦 錦織圭 vs D.クドラ 75 62 両者、2014年のウィンブルドン2回戦以来の2回目の対戦でした。

記事を読む

大晦日のATP開幕戦、錦織ほか日本勢総登場(2019ブリスベン)

2019年シーズンが開幕しました。待ちに待った公式戦の先駈けは、ATP250ブリスベン国際、真夏のオーストラリアです。本戦ドローに出場する日本人は、錦織圭(単・複)、西岡良仁(単・複)、内山靖崇、マクラクラン勉(複)です。そして本日いきなり、その全員が登場、各トーナメントで奮闘を見せてくれました。

記事を読む

カタール・エクソンモービル・オープン ドロー発表(2019ドーハ)

2019カタール・エクソンモービル・オープン(ATP250 ドーハ/カタール)のドロー(トーナメント表)が発表されました。こちらは王者N.ジョコビッチが参戦。対抗は第2シードのD.ティエムです。S.ワウリンカが、迷惑ノーシードとしてぶっこんで来ました。また、T.ベルディヒがワイルドカードで復帰参戦します。

記事を読む

タタ・オープン・マハーラシュトラ ドロー発表(2019プネー)

2019タタ・オープン・マハーラシュトラ(ATP250 プネー/インド)のドロー(トーナメント表)が発表されました。2018/12/31が本戦開幕です。地味ながら、個性派の業師が集まった印象ですね。また、エントリーしていたはずのM.チリッチが出場を取りやめたようです。あまりこういうことのない選手なのでちょっと心配です。

記事を読む

ブリスベン国際 ドロー発表!(2019ブリスベン)

2019の開幕大会のひとつ、ブリスベン国際(ATP250 ブリスベン/オーストラリア)のドローが決定、発表されました。錦織圭、西岡良仁、ダニエル太郎(予選)、内山靖崇(予選)、マクラクラン勉(J.L.ストルフとペア)と、オールジャパン結集です。錦織と西岡はペアでダブルスにも出場、見どころ超満載ですね。

記事を読む

錦織圭 いよいよ2019ブリスベン国際!過去のスタートの結果は如何に?

錦織圭の、来季2019公式戦の緒戦はブリスベン国際(ATP250/オーストラリア)で、ドローもまもなく発表されます(ダニエル太郎と内山靖崇は予選から)。錦織は、ハワイオープンの決勝でもM.ラオニッチに勝利して優勝、順調な仕上りのようですが、過去のシーズンのスタートがどうであったか、ちょっと気になったので捲ってみました。

記事を読む

コルドバオープン エントリー告知(2019コルドバ)

アルゼンチンのコルドバで開催される、コルドバオープンのエントリーリスト告知です。 大会ドロー(トーナメント表)、レビュー、結果等は、別途記事投稿します。この大会は、エクアドルオープンの後継大会とみなして良いと思うのですが、断言しかねます。今大会にはダニエル太郎がエントリー。

記事を読む

ソフィアオープン エントリー告知(2019ソフィア)

ブルガリアの首都ソフィアで開催されるソフィアオープンのエントリー告知です。大会ドロー(トーナメント表)は、発表あり次第記事投稿します。2015年まで開催されていた、PBZザグレブ・インドアに替わって2016年から新設されました。今大会はかなりオファーに力を注ぎ、S.ワウリンカや、S.チチパスの誘致に成功した模様です。

記事を読む

南フランスオープン エントリー告知(2019モンペリエ)

フランスのモンペリエで開催される、南フランスオープンのエントリー告知です。大会ドロー(トーナメント表)は、発表あり次第記事投稿します。リヨン・グランプリの後継大会で、開催初年の優勝者は地元のG.モンフィス。R.ガスケは連覇含む3度の優勝があります。2018年大会のダブルスで、マクラクラン勉が準優勝しています。

記事を読む

おみよしテニスコート(愛知県弥富市)

愛知県弥富市のおみよしテニスコートです。変わった名称ですが、すぐ北側にある「おみよし松」という、弥富市指定文化財・天然記念物となっているクロ松の巨樹がその名の由来とのことです。その伝説は、「まんが日本昔ばなし」にも登場しているそうです。クレーコートが東西に4面並列しています。専用無料駐車場が45台分あります。

記事を読む