2015 全米オープン 結果・総括 ジョコビッチの無双は続く【2015全米】

テニス 2015 全米オープン US Open (グランドスラム ニューヨーク) 結果・総括 2015年決勝は、先の2015ウィンブルドン選手権決勝に引き続き同カード、第1シードのジョコビッチとフェデラーの対戦。優勝はジョコビッチ、年間3冠達成。錦織は1回戦、ペールに不覚。

記事を読む

2015 ウィンブルドン選手権 結果・総括 芝でも鉄壁ジョコビッチ【2015全英】

テニス 2015 ウィンブルドン選手権 The Championships,Wimbledon グランドスラム ロンドン/イギリス 結果・総括 決勝はジョコビッチvsフェデラー ジョコビッチが大会3度目、グランドスラム通算9度目の制覇。錦織圭は2回戦で棄権負け、ゲリー・ウェバーオープンでの足の負傷が完治せず。

記事を読む

2015 全仏オープン 結果・総括 ワウリンカ驚異の爆発力【2015全仏】

テニス 2015 全仏オープン The French Open グランドスラム パリ/フランス 総括 決勝 ジョコビッチ vs ワウリンカ 64 46 36 46 ワウリンカが逆転で勝利し、グランドスラム2度目のタイトルを獲得。ジョコビッチは、悲願の全仏タイトルにまたも届かず。錦織は準々決勝でツォンガに惜敗。

記事を読む

2015 全仏オープン 2回戦 錦織×ベルッシ 快勝、静かな威圧感【2015全仏】

テニス 2015 全仏オープン The French Open(グランドスラム パリ/フランス)2回戦 錦織圭(5) vs T.ベルッシ 75 64 64 見ごたえのあるセンターコートの試合でした。初対戦、まさに苦戦の予感の三拍子揃った現ランキング40位のブラジルの難敵相手に、ミス少なく、静かな貫禄で快勝。

記事を読む

2015 全仏オープン 1回戦 錦織×マチュー 赤土の挑戦がはじまる【2015全仏】

テニス 2015 全仏オープン The French Open(グランドスラム パリ/フランス)錦織圭の挑戦がはじまりました。錦織圭のドロー(トーナメント表)は、ボトムハーフ第2シードのR.フェデラーの山となっています。2015 全仏オープン 1回戦 錦織圭(5) vs P.H.マチュー 63 75 61

記事を読む

2015 イタリアオープン 決勝 ジョコビッチ×フェデラー【2015ローマ】

テニス 2015 イタリアオープン Internazionali d’Italia(マスターズ1000 ローマ/イタリア) 決勝レビューと今後の錦織について 決勝 ジョコビッチ vs フェデラー 64 63 ジョコビッチのストレート完勝。今大会錦織はベスト8 「本当に、もう少しのところ」。経験値と戦略が欲しい。

記事を読む

2015 全豪オープン 結果・総括 ジョコビッチ制覇 錦織圭はベスト8【2015全豪】

テニス 2015全豪オープン Australian Open(グランドスラム メルボルン/オーストラリア)総括 決勝 ジョコビッチ vs マレー 76 67 63 60 ジョコビッチが勝利し、グランドスラム大会通算8度目の優勝。錦織圭はベスト8。キリオスも十代でベスト8進出。フェデラー3回戦、ナダル準々決勝で敗退。

記事を読む

2014 全米オープン 決勝 錦織×チリッチ、おめでとう…【2014全米】

2014 テニス グランドスラム 全米オープン(US Open ニューヨーク/アメリカ) 決勝 錦織(10)vsチリッチ(14)36 36 36 過去対戦は7回、戦績は錦織から5勝2敗で3連勝中だった。個人的にはこの場でフェデラーと対戦して欲しかった。勝てば何よりの至福、負けても勲章だったかなと…。

記事を読む

2014 全米オープン ジョコビッチ×錦織 遂に辿り着いたGS決勝【2014全米】

2014 テニス グランドスラム 全米オープン(US Open ニューヨーク/アメリカ) 準決勝 もちろん、期待はしていました。しかし、これは夢なのでしょうか? ジョコビッチvs 錦織 46 61 67 36 うわずったWOWOW実況、鍋島アナの声、ジョコビッチのストロークがロングアウトした瞬間のことでした。

記事を読む

2014 ウィンブルドン選手権 結果・総括 ジョコビッチ最強時代到来か?【2014全英】

テニス 2014ウィンブルドン選手権 The Championships,Wimbledon (グランドスラム ロンドン/イギリス)総括 決勝 ジョコビッチvsフェデラー 67 64 76 57 64 ジョコビッチがグランドスラム7度目のタイトルを獲得。錦織圭は4回戦でラオニッチに敗戦。ナダルが新鋭キリオスに敗れる。

記事を読む

2014 全仏オープン 決勝 ジョコビッチ×ナダル クレーキング5連覇【2014全仏】

2014 テニス グランドスラム 全仏オープン(Internationaux de France de Roland-Garros パリ/フランス)決勝 R.ナダルと、全仏初制覇を目指すN.ジョコビッチ。R.ナダル vs N.ジョコビッチ 36 75 62 64 ナダルが5連覇、9回目の優勝。

記事を読む

初心忘れるべからず 最重要、最低限の動きを身につける

テニスにおいて、ストローク、ボレー、サーブ、リターンの個別技術論も大事ですが、結局はすべて反復によって身につけるしかありません。 特に初心者から初級の方々は、覚えることも山ほどあるので、一度にたくさんのことを脳で意識して身体を動かすのは大変です。

記事を読む

2014 ムチュア・マドリードオープン 決勝 錦織×ナダル 掴みかけたマスターズの栄冠【2014マドリード】

テニス 2014 ムチュア・マドリードオープン(マスターズ1000 マドリード/スペイン)決勝 R.ナダル vs 錦織圭 26 64 30(錦織の棄権)ナダルは、大会2連覇4度目の優勝でB.ベッカーと並び大会最多記録。錦織のテニスは、完全にクレーキングを凌駕。

記事を読む

グリップ考 試してみるしかないが、変えるなら少しずつ

恐らく、ほとんどの方はグリップ(握り)は若干変化していきます。こればかりは、とりあえずの基本形でしばらく練習してみて、徐々に自分に合ったグリップを見つけていくしか方法がありません。私も、初心者指導の際には、モダンテニスの「とりあえず」の基本形、下記の4パターンを試してもらっています。

記事を読む

ラケット考 正解はないかもしれないが試打は必須

ラケット選びは楽しくも悩ましい時間です。 現代は、道具の進化、トレンドの変化などもかつてないほど速くなっていますし、今の自分にとってどのようなラケットがフィットするのか、どういうプレイをしたいのかによっても選択肢は変わります。

記事を読む

テニスでケガをしないために… 「テニス肘」の恐ろしさを語ります

テニス時のケガ予防 ・冷えきった身体でストレッチはせず、終了後もクールダウンを兼ねてのストレッチ。・年配者の連日の長時間練習はNG。・関節が熱っぽかったり、痛みがある場合はすぐに休息。・打点をなるべく身体の前に。・ケガは原則「R・I・C・E」(Rest・Icing・Compression・Elevation)で処置。

記事を読む