BIG2 フェデラーとナダルが仲良く半分こ(2017全米)

今年初めにはまったく予想できなかった…。そりゃそうでしょ。 フェダル時代がまた到来するなんて、誰が予想できます? 2017全米オープン 決勝 R.ナダル vs K.アンダーソン 63 63 64 今大会は、A.マレー、N.ジョコビッチ、S.ワウリンカの3人のスラマー、そして錦織圭が欠場することになりました。

記事を読む

鶴舞公園テニスコート(愛知県名古屋市昭和区)

愛知県名古屋市昭和区の、鶴舞(つるま)公園テニスコートです。歴史ある都市公園で、名古屋市中央図書館、名古屋市公会堂(改装工事中)、多目的グラウンド、野球場、八幡山古墳、鶴舞小学校など、多数の文化スポーツ施設も備えています。四季折々の植栽も見事で、特に桜並木は見応えがあり、花見の季節は夜更けまで大勢の人で賑わいます。

記事を読む

ウィンブルドンは皇帝フェデラーの庭(2017全英)

ここは聖地、そして芝の王者が颯爽と駆け抜けました。2017全英(ウィンブルドン) 決勝 R.フェデラー vs M.チリッチ 63 61 64 フェデラーは、同タイトルは通算8度目、グランドスラム通算は19度目の制覇と、それぞれが史上単独1位となる栄冠を積み上げたわけです。

記事を読む

吹上公園テニスコート(愛知県名古屋市昭和区)

愛知県名古屋市昭和区にある吹上公園テニスコートです。所在地は名古屋市昭和区にあたりますが、若宮大通公園テニスコート(名古屋市中区)からほど近く(約1.4キロ)、当該記事でも書いた「名古屋名物100メートル道路」沿い南側に立地します(こちらは都市高速道路高架下ではないので屋根はありませんが…)。

記事を読む

【2017全仏】全仏オープン 決勝 魔神ナダル、10度目の制覇! ラ・デシマ

テニス 2017 全仏オープン The French Open Roland-Garros(グランドスラム パリ/フランス)2017全仏オープン 決勝 S.ワウリンカ vs R.ナダル 62 63 61 2017年ローランギャロス、今年2大会目となる四大大会の主役は、やはり、赤土の主、ナダルでした。

記事を読む

【2017全仏】全仏オープン4回戦 ベルダスコ混乱? 錦織の秘技「死んだふり」

久しぶりの記事投稿です。後に述べる心境を、読者の皆様の一部の方とでも共有できれば幸いです。2017全仏オープン 4回戦 錦織圭 vs F.ベルダスコ 06 64 64 60 いやはや何という試合だったのでしょうか。試合総評、豪腕クレーコーター相手に、見事な逆転勝利ではあります。しかし、第1セットは、会場も異様な雰囲気。

記事を読む

錦織「らしい?」試合 vsシュワルツマン ケガ明けの激闘(2017マドリード)

2017マドリードMS 2回戦 錦織圭 vs D.シュワルツマン 16 60 64 手首故障の休場明けの試合、アップの段階から錦織の表情には若干の緊張が見られました。初戦の相手シュワルツマンは、小柄なファイター。ですが、ディフェンス力にも定評のある、今シーズン赤丸上昇中のアルゼンチンの選手です。

記事を読む

魔人・ナダル 地元の赤土ロードを快走中(2017バルセロナ)

2017バルセロナ 決勝 R.ナダル vs D.ティエム 63 61 赤土の魔人・ナダルがまた区切りの大会制覇を成し遂げました。同大会の制覇は10回目。既に、先のモンテカルロ・マスターズでも、同大会通算10回目の優勝、同時に通算70勝、クレー通算50勝を達成しており、クレーシーズンでの区切り制覇ラッシュが続きます。

記事を読む

【2017モンテカルロ】ロレックス・モンテカルロマスターズ 雌伏のとき?ジョコビッチの停滞

テニス 2017 ロレックス・モンテカルロマスターズ Rolex MonteCarlo Masters(ATPマスターズ1000 モンテカルロ/モナコ) 2回戦 今大会、錦織圭は欠場、そして未だ波に乗れない元無双王者。N.ジョコビッチ(2) vs G.シモン 63 36 75 誰が呼んだか「シモン沼」。

記事を読む

フェデラー伝説は止まらない(2017インディアンウェルズ )

35歳、今日も元気に栄冠を積み上げます。2017インディアンウェルズMS 決勝 R.フェデラー vs S.ワウリンカ 6-4 6-4 今シーズン最初のMS1000の決勝は、単ランキングそれぞれ3位と9位のスイス人同士の争いとなりました。試合詳細は省きますが、快勝と言える内容で、優勝者はフェデラー。

記事を読む

BNPパリバオープン 西岡ヨッシー無念、ワウリンカに惜敗(2017インディアンウェルズ)

テニス 2017 BNPパリバオープン(ATPマスターズ1000 インディアンウェルズ/アメリカ) 4回戦 S.ワウリンカ vs 西岡良仁 36 63 76 本当に、本当に惜しかった。単ランキング3位のワウリンカを、マスターズの大舞台でSFM(あと2ポイントでした!)を迎えるところまで追い詰めました。

記事を読む

時計が戻った…フェデラーとナダルの頂点対決(2017全豪 )

今年が2009年でないことは確かです。 しかし、時計は戻りました。 信じられない黄金カードが実現します。2017全豪オープン 決勝 R.ナダル vs R.フェデラー 私の陳腐なプレビューは必要ありませんね。観戦するに当たっての背景のみ確認できればそれで十分です。そして、どちらが勝っても私は泣きます。

記事を読む

時計は戻るのか?フェデラー、ナダルの時代がまた来る?(2017全豪)

今年は西暦何年ですか?2009年でしたっけ?2017全豪オープン 準々決勝 M.ラオニッチ vs R.ナダル 46 67 46赤土の魔人が、2017真夏のハードコートで遂にベスト4まで登ってきました。第3シードのラオニッチまでもストレートで撃破です。

記事を読む

復活のレジェンドに屈す 錦織vsフェデラー 複雑な心境です(2017全豪)

なんとも言い得ないような気分です。伝説の男が遂に復活を遂げ、以前と遜色ない力を誇示しようとしていること。日本の至宝がまたしても壁に跳ね返されたこと。2017全豪オープン 4回戦 錦織圭 vs R.フェデラー  76 46 16 64 36 「史上最強の称号を持つ男」が遂に、今大会の2ndウィークまで進んできました。

記事を読む

錦織圭 晴れの舞台で見せた成長の証(2016ATPツアーファイナル)

遅いタイミングの投稿になってしまいました。2016ATPツアーファイナル R/R S.ワウリンカ vs 錦織圭 26 36 ワウリンカも不調でしたが、見事なストレート勝利でした。恐らく、彼が万全であったとしても勝ち切れたと思います。ワウリンカにしたいことをさせないゲーム運びで、経験値を生かした成果とも言えます。

記事を読む

今年の選ばれし者達 in ロンドン(2016ATPツアーファイナル)

2016ATPツアーファイナルが開幕します。錦織圭は今年で3年連続出場、もう、いるのが当然という感じですが、むしろそのことに慣れている自分が怖いです。皆様、ここは、錦織の前には、日本人とは全く縁の無かった舞台だったということを思い出しましょう。その我らが至宝は、R/R(予選)、いわゆる「死の組」をひきました。

記事を読む

マレー 祝 新王者襲名! 真のBIG4へ 2016.11.07~

2年以上に渡り、男子テニス界で無敵に近かったN.ジョコビッチから、ついにランキング1位の座をもぎ取ったのは、やはりこの人、A.マレーでした。 2016年中盤からの追い上げは本当に素晴らしかった。 遅くなりましたが、改めて、おめでとうございます。

記事を読む

課題?錦織 少々お疲れか? チリッチに決勝で苦杯(2016バーゼル)

フィジカル面なのか、メンタル面なのか。その両方なのか? (普通は、体力が削られると気力も下がります…。) しょっぱなから疲労感がありありと…。 2016バーゼル 決勝 錦織圭 vs M.チリッチ 16 67 錦織は、最初から、ちょっと表情に覇気が無かったような気がします。

記事を読む

錦織圭 よくぞ積み上げた 年間マッチ56勝目(2016バーゼル)

2016バーゼル500 準決勝 錦織圭 vs G.ミュラー 46 76 63 危なかった…。としか言いようがありません。試合後の感想。J.M.デルポトロとのQF対戦での疲労がとれないのか...。確かにミュラー、おじさん元気で、サービスは絶好調。

記事を読む

錦織×デルポトロ 4年間の相克 その2(2016バーゼル)

私は今、実に心地よい疲労感に浸っています。言い訳になりますが、その疲労感もあって(今日も仕事なので本当の疲労ですが)、この試合のレビューを適切に表現する自信がありません。いや、すみません。嘘です。万全であっても表現しきれないです。ただ、[昨日のプレビュー投稿]の決着だけはつけたいと思い、続編として書きます。

記事を読む