テニスプレイヤーのタイトル(ATPツアー優勝)について【2018閑話休題】

テニス ATPツアー優勝の価値

2018年の今季、嬉しいことに、日本人のATPツアーシングルスのタイトル(ツアー優勝)ホルダーが2名誕生しました。

ダニエル太郎(2018イスタンブール 250)と、西岡良仁(2018深セン 250)です。

これで、現役プレイヤーとしては、錦織圭(11タイトル)、杉田祐一(1タイトル)に続き、ホルダーが計4名となりました。

※現役以外では松岡修造氏(1992ソウル)のみ。

テニスプレイヤーにとって、やはりトーナメントタイトルを獲るということは、格別なことです。

タイトル獲得のためには、トーナメントですから、ドローや連戦のタイミングなどの運も重要になりますし、少なくとも1週間、あらゆる面で好調を維持する必要があります。

また、毎週変動するランキングと違って、消えることもない、歴史に刻まれるという意味でも、ツアー優勝経験というもののは、キャリアに華を添える重要な要素だと思います。

そう、現役当時では自信のよりどころの一つであり、引退後には格付け?の意味もあるでしょう。

両名とも、それぞれ、年齢的にも若いので、これからもチャンスは訪れるとおもいます。

頑張って、挑戦してほしいものです。

さて、今回、そのタイトルの重みについて、気になりましたので、現役トップランカーのタイトル保持数をあたってみました。

と言っても、多い数字をみるというのでは、BIG4の寡占状態をおさらいするだけになってしまいますので、タイトルの無い(ツアー優勝がない)、或いは1回のみの現時点の上位プレイヤーをあたってみました。

2018年12月3日現在のトップ50位ランカーを対象としています。

ランキング変動がほぼない、この時期ならではの切り取り企画ですね。

左の数字は現ランキングです。

現時点、タイトル獲得がないプレイヤー

25 チョン・ヒョン
27 D.シャポバロフ
31 A.デミノー
38 J.ミルマン
42 A.マナリノ
43 N.ジャリー
45 M.ジャジリ
46 M.エブデン
48 D.ラヨビッチ
49 T.フリッツ

合計10名

現時点、タイトル獲得が1回のプレイヤー

14 K.エドムンド
15 S.チチパス
36 M.フクソービッチ
39 F.ティアフォー
40 J.シャルディー

合計5名

トップ50に限っても、5人に1人はタイトル獲得経験が無いんですね。

また、若いプレイヤーが多いのは当然ですが、意外とも思われるベテランもちらほら。

いかにタイトルをとるのが難しいことか。

50位以内というトップランクに名を連ねてからの来季に、本物の実績を積み上げられるかどうかで今後のキャリア形成も影響があると思います。

皆、頑張って欲しいですね。

一応、参考のために、BIG4の各タイトル保持数も挙げておきます。

1 N.ジョコビッチ 72タイトル
2 R.ナダル 80タイトル
3 R.フェデラー 99タイトル
259 A.マレー 45タイトル

フェデラーは、今季も話題になりましたが、通算100タイトル達成は来季に持ち越し。

どこで獲るのかが見ものです。

言うまでも無く、この人はビッグタイトルの率が高いのでまさに伝説の数字です。

タイトル数で、個人的に面白いとおもったのは、この人。

66 S.ワウリンカ 16タイトル

ちょっと物足りないがします。

まあ、BIG4全盛期にかぶる数字としては仕方ないのかもしれません。

J.M.デルポトロでも22タイトルですし。

ただ、お気づきの方もみえるとは思いますが、この人は、この16タイトルのうち、グランドスラムが3つあるんですよね。

およそ、5回タイトルをとるうちの1回がグランドスラムとは、改めて、さすが「GSハンター」!

あ、でも確率だけでみると、フェデラーも「20/99」ですね。

20.2%…さらに脅威だ。

え、ナダルは21.2%? …。

錦織くんも、今季、決勝での連敗記録が話題になりましたが、来季、本当に期待してます。

頑張れ!!