楽天Fは完敗! 錦織vsメドベージェフ 決勝での連敗続くが…(2018東京)

ベンちゃん、ストルフおめでとう!

2018東京 楽天ジャパンオープン ダブルス 決勝

マクラクラン勉/J.ストルフ 組 vs R.クラーセン/M.ヴィーナス 組

64 75

良いペアでした。今日は特にストルフ大活躍!

強豪ペアを撃破し、自信になったことでしょう。

ご両人とも、ダブルスのファイナル目指して頑張ってください。

ストルフ、「アイシテマース!」

ベン、「ニシコリサン、ガンバレ!」

普段控えめな二人が、セレモニーで叫んだ決め台詞でした。泣かせますね。

22歳、今季2度の優勝は伊達じゃなかった。

メドベージェフ、素晴らしい大会でしたね。

2018東京 楽天ジャパンオープンテニス 決勝

錦織圭 vs D.メドベージェフ

26 46

人間、なかなか絶好調を維持するのは難しいものです。

昨夜、あれほど冴え渡ったフットワーク、ショット感覚、目的意識、等々が見る影もなくなっていました。

改めて、フィジカル、メンタル全てにおいてその日の出来不出来が、まったく誤魔化しのきかないかたちで浮き彫りになるテニスというスポーツの恐ろしさを思い知りました。

切り替えないとやってられないスポーツですね。

まあ、この試合の課題や掘り下げはもう良いでしょう。

錦織くん、故障明けのシーズンでも、全米でも活躍し、日本での決勝まで上がってこれただけで私は十分だと思います。

ちょっともやっとするのが、決勝戦での8連敗。これは心理的に嫌ですね。皿集めとか言われるし…。

ただ、この9日間で予選から7戦全勝したメドベージェフは、本当に賞賛に値しますし、今後のトップのひとりになる可能性は大いにあります。

難敵をまたひとり、育ててしまいました。

どこかでリベンジしましょう。

さて、お次、上海マスターズは、もう始まっています。

だから、私は、楽天はベスト4までで、とっとと上海に行って欲しかった。

(武蔵野観戦した皆様、すみません)

上海、パリ、とにかくどちらかのマスターズを、なんとしてでも制覇して欲しい。

どちらか獲れるなら、あと、他の大会は全部2回戦負けくらいで良いです。

ATPファイナルズは結果論なのでどうでも良いです。

やはり、MSが欲しい!

その上でGS!

昨年、錦織がリタイヤした頃まで、私は、錦織ならMSすっ飛ばしてGSを1度くらいは獲るだろうというような淡い妄想を抱いていました。

しかし、故障してランキングも下がったことを目のあたりにして、やはり、GS制覇は、体力・気力・ドロー(シード)運などが揃わないとかなり難しいであろうことが実感として湧き上がってきていたのです。

ランキングも、10位以内で、第8シードが付かないとやはりQFで息切れします。

真夏ばかりの日程で7連勝するには、当初4戦を極力消耗せず戦い、後の3戦を死ぬ気で走るしかないのです。

ATPツアーは本当によくできた(強い者が全てを手に入れる)トーナメントシステムで、一発屋が簡単に持って帰れるシロモノではないことがよくわかります。

S.ワウリンカも、例外ではありません。

気力と体力で、獲るべくして獲っています。

だからMS!

効率良くポイントが稼げて、更なる自信と実力もつくし言うことなし!

あっという間の1週間、今日で残っていたATPプレイヤー達も一斉に日本から離れます。

お疲れ様でした。

来年また、(多分)新・有明コロシアムでお待ちしております。