2014 全仏オープン ドロー/結果/総括【2014全仏】

テニス 2014 全仏オープン
ドロー・結果
ナダル大会5連覇達成!

グランドスラム 全仏オープン パリ/フランス
2014.05.26 – 2014.06.08
French Open, Roland Garros
Paris, France

2014年全仏オープンのドロー(トーナメント表)・結果(準々決勝・準決勝・決勝)などの情報です。

2014 全仏オープン 決勝 ジョコビッチ×ナダル【2014全仏】
テニス 2014 全仏オープン 決勝 5連覇!クレーキングは止まらない グランドスラム 全仏オ...

2014 ドロー

男子シングルス

PDFを画像表示しています(各2ページ)。画像下部のボタンより、ページ送りや拡大・縮小ができます。

draw-ms-2014zenfutsu-r

ドロー PDFリンク

男子シングルス

男子ダブルス

女子シングルス

女子ダブルス

混合ダブルス

男子シングルス上位シード

第1シード:R.ナダル
第2シード:N.ジョコビッチ
第3シード:S.ワウリンカ
第4シード:R.フェデラー
第5シード:D.フェレール
第6シード:T.ベルディヒ
第7シード:A.マレー
第8シード:M.ラオニッチ

2014年大会の日本人選手

男子シングルス本戦:錦織圭(DA)
男子シングルス予選:守屋宏紀・杉田祐一・ダニエル太郎・伊藤竜馬・添田豪
男子ダブルス本戦:なし

女子シングルス本戦:奈良くるみ・伊達公子・土居美咲
女子シングルス予選:
女子ダブルス本戦:奈良くるみ・伊達公子・青山修子

2014 大会結果

男子シングルス 準々決勝

R.ナダル(1) vs D.フェレール(5)
46 64 60 61

N.ジョコビッチ(2) vs M.ラオニッチ(8)
75 76 64

E.グルビス(18) vs T.ベルディヒ(6)
63 62 64

A.マレー(7) vs G.モンフィス(23)
64 61 46 16 60

男子シングルス 準決勝

R.ナダル(1) vs A.マレー(7)
63 62 61

N.ジョコビッチ(2) vs E.ガルビス(18)
63 63 36 63

男子シングルス 決勝

R.ナダル(1) vs N.ジョコビッチ(2)
36 75 62 64

全仏オープン4連覇中のナダルと2年ぶり2度目の決勝進出のジョコビッチの決勝。
3‐1のスコアでナダルが勝利し5連覇、全仏最多優勝記録となる9回目の優勝を果たしました。
ナダルはグランドスラム通算14個目のタイトルを獲得、この時点でP.サンプラスと並ぶグランドスラム優勝回数歴代2位となりました。
また全仏オープンでのマッチ戦績は通算66勝1敗となり、大会5連覇は自身の記録を更新し最多記録となりました。

2014 決勝 ハイライト

その他

女子シングルス 決勝
M.シャラポワ vs S.ハレプ
64 67 64
シャラポワが、初のグランドスラム決勝に挑んだハレプを降し全仏オープン2年ぶり2度目の優勝を果たしました。
決勝は激戦となり、全仏オープン女子シングルス決勝の試合時間3時間2分は1996年の3時間4分に次ぐ2番目の最長試合となりました。

男子ダブルス 決勝
J.ベネトー/E.R.バセラン vs M.グラノイェルス/M.ロペス
63 76
ベネトーとバセランはグランドスラム初優勝。
フランスペアの全仏オープン優勝は1984年以来30年ぶり。

女子ダブルス 決勝
シェ・シューウェイ/ペン・シューアイ vs S.エラーニ/R.ビンチ
64 61
シェとペンのペアは、2013年ウィンブルドン以来のグランドスラム2回目の優勝。

日本人選手

錦織圭
1回戦● vs M.クーリザン 67 16 26

奈良くるみ
1回戦〇 vs A.タチシビリ 61 64
2回戦● vs J.ヤンコビッチ 57 06

伊達公子
1回戦● vs パブリチェンコワ 36 60 26

土居美咲
1回戦● vs A.ペトコビッチ 36 36

奈良くるみ/A.シュミエドロバ
1回戦● 57 06

伊達公子/B.ストリコバ
1回戦〇 64 62
2回戦● 36 63 36

青山修子/R.ポラコバ
1回戦〇 61 64
2回戦● 46 46

同大会5度の決勝進出を誇るフェデラーが4回戦で気鋭のE.グルビスに敗れました。
フェデラーが、全仏オープンでベスト8に進出できなかったのは2004年以来10年ぶりのことです。

今季、遂にシングルスランキングでトップ10入りを果たし、第9シードで出場した錦織圭は、残念ながらM.クーリザンに1回戦で敗戦(クーリザンは4回戦まで進出)となりました。
先のムチュア・マドリードオープン(マスターズ1000 2014マドリード)決勝のナダル戦での故障(というより、準決勝のD.フェレール戦か)が響いたようです。
そもそも、この全仏オープンは、上位シードを獲得できた割には1回戦から厳しいドローでした。
しかし、間違いなく錦織は飛躍の時を迎えつつあります。
体調さえ問題なければ、必ず、また大きなチャンスは巡ってくるはずです。
この日本の至宝を、我々は応援し続けましょう。

また、錦織の同世代ライバル筆頭、第8シードのM.ラオニッチが準々決勝まで躍進。
クレーコートでもそのサーブの破壊力を見せつけました。