2010 全米オープン ドロー/結果 ナダルがキャリア・ゴールデンスラム達成!【2010全米】

テニス 2010 全米オープン
ドロー・結果など

グランドスラム 全米オープン
ニューヨーク/アメリカ合衆国
2010.08.30 – 2010.09.12
US Open
New York, NY, U.S.A.

2010年全米オープンの出場選手ドロー(トーナメント表)・結果(準々決勝・準決勝・決勝)などの情報です。

上位シード
  1. R.ナダル
  2. R.フェデラー
  3. N.ジョコビッチ
  4. A.マレー
  5. R.セーデリング
  6. N.ダビデンコ
  7. T.ベルディヒ
  8. F.ベルダスコ
  9. A.ロディック
  10. D.フェレール
  11. M.チリッチ
  12. M.ユージニー
  13. J.メルツァー
  14. N.アルマグロ
  15. I.リュビッチ
  16. M.バグダディス

2010年全米オープン男子シングルス本戦には、日本人選手としてただ一人、錦織圭(予選勝者)が出場しています。

2010 ドロー・男子シングルス その他リンク

PDFデータを画像表示しています(2ページ)。
画像下部のボタンよりページ送り、拡大・縮小ができます。

draw-ms-2010zenbei-r

男子シングルスドロー公式PDFリンク

男子ダブルスドロー公式PDFリンク

(ATP公式ウェブ)

女子シングルス・ダブルス・混合ダブルスドロー公式PDFリンク

(WTA公式ウェブ)

2010 大会結果

準々決勝

R.ナダル(1) vs F.ベルダスコ(8)
75 63 64
M.ユージニー(12) vs S.ワウリンカ(25)
36 76 36 63 63
N.ジョコビッチ(3) vs G.モンフィス(17)
76 61 62
R.セーデリング(5) vs R.フェデラー(2)
46 46 57

準決勝

M.ユージニー(12) vs R.ナダル(1)
26 36 46
N.ジョコビッチ(3) vs R.フェデラー(2)
57 61 57 62 75

決勝

R.ナダル(1) vs N.ジョコビッチ(3)
64 57 64 62

全米オープンでは初の決勝進出となったナダルと、3年ぶり決勝進出のジョコビッチとの決勝。

ナダルがセットかウント3-1で勝利し全米オープンでの最初の優勝のチャンスをモノにしました。

ナダルはグランドスラム通算9回目の優勝を果たし、キャリアゴールデンスラム(キャリアで、グランドスラム4大会制覇とオリンピック金メダルの獲得)を達成しました。

また、1969年のR.レーバー以来となる、同じシーズンでの全仏オープン・ウィンブルドン選手権・全米オープンの3冠を果たし、男子初となる同じシーズンでのクレー・ハードコート・芝のグランドスラム優勝者ともなりました。

2010決勝 優勝決定シーン

その他

  • 2009年優勝のJ.M.デル・ポトロは欠場。
男子ダブルス

優勝:B.ブライアン/M.ブライアン組

準優勝:R.ボパンナ/I.ハククレシ組

女子シングルス

優勝:K.クライシュテルス

準優勝:B.ズボナレワ

決勝は、第2シードのクライシュテルスが第7シードのズボナレワをストレートで降し、全米オープン連覇。全米・グランドスラムともに通算3度目の優勝を果たしました(過去2005、2009)。

女子ダブルス

優勝: B.キング/J.シュベドワ組

混合ダブルス

優勝: L.フーバー/B.ブライアン組

日本人選手の結果

錦織圭

予選を勝ち抜き、全米オープン本戦には2008年以来2度目の出場でした。

2回戦で上位シードのM.チリッチをフルセットの激闘の末破り3回戦に進みましたがリタイヤとなりました。

1回戦 vs E.コロレフ 2-0 ret

2回戦 vs M.チリッチ(11) 3-2

3回戦 vs A.モンタニェス(21) 0-1 ret