2019 全豪オープンDay3 西岡3回戦ならず アンダーソン敗退【2019全豪】

2019 グランドスラム 全豪オープンの3日目は、ボトムハーフの2回戦。

大会ドロー(トーナメント表)はこちら↓

2019 全豪オープン ドロー発表/結果 錦織・大坂【2019全豪】
テニス 2019 全豪オープン ドロー・結果など グランドスラム 全豪オープン メルボルン/...

西岡良仁がK.カチャノフと対戦です。また、女子ダブルス、日比野菜緒、二宮真琴、加藤未唯、青山修子が1回戦に登場。

K.カチャノフ(10) vs 西岡良仁
63 63 63

昨年、マスターズを制覇、トップ10にも間近の位置につけ覚醒した感のあるカチャノフ。

元々の豪打に粘り強さも加わり、本当に強くなってきました。

波に乗る西岡にとっても文字通り高い壁です。

西岡は、第1セット第1ゲームをいきなりブレイクされ、挽回できず。

第2セットは先にこの試合初のブレイクに成功しますが、第6、第8ゲームをブレイクバックされ落としました。

第3セット、ブレイクポイントは先に握りますが崩せず、逆に第5ゲームには先行ブレイクを許します。

優位に立ったカチャノフは、試合を決めるべくより攻撃力を強め、第7ゲームもブレイク。

西岡も崖っぷちの第8ゲームで意地のブレイクバックを見せますが、第9ゲームでまたも逆襲され決着。

決して大きくないものの、地力の差を感じる対戦となりました。

無念ではありましたが、ステップアップのための良い試合になったと思います。

ほか、主な2回戦の結果です。

R.フェデラー(3) vs D.エバンス
76 76
S.チチパス(14) vs V.トロイツキ
63 26 62 75
T.ベルディヒ vs R.ハーセ
61 63 63
K.アンダーソン(5) vs F.ティアフォー
64 46 46 57
J.ツォンガ vs M.クーリザン
64 64 76
G.ディミトロフ(20) vs P.クエバス
63 67 63 75
A.デミノー(27) vs H.ラクソネン
64 62 67 46 63
R.ナダル(2) vs M.エブデン
63 62 62

フェデラーはエバンスにストレート勝利。

順当と言えますが、内容的にはエバンスのミスの少ないプレーにかなり苦労させられました。

第5シードのアンダーソンが、ネクジェンのティアフォーに敗れる波乱です。

第2セット第4ゲームまでは磐石にみえたアンダーソンでしたが、その後はどちらかというとティアフォーにゲームの主導権を握られ続けます。

第2セットに逆転セットダウンを喰らうと、第3セットも先行されダウン。

後がない第4セットはお互いのキープが続きますが、第11ゲームにブレイクを許します。

第12ゲームも粘りましたが万事休す。

前大会も優勝して昨シーズンからの好調を維持していたアンダーソンでしたが、次世代に足をすくわれました。

ベルディヒ兄さんが好調です。

追い込んだトレーニングのせいか、少しスリムになり、動きも軽快です。

トップ10に戻る決意を感じさせますね。

改めて、今日もチチパス、ティアフォー、デミノーの勢いは止まりません。

ネクジェンたちの猛威はどこまで続くのでしょうか。

女子ダブルスでは、日比野菜緒 組が、二宮真琴/加藤未唯 組を破りました。また、青山修子 組は1回戦突破です。

日本人同士が1回戦から当たるとつらいですね。

Day4は、錦織圭(2回戦 vs I.カルロビッチ 第1試合)、ダニエル太郎(2回戦 vs D.シャポバロフ)、大坂なおみ(2回戦)、ダブルスのマクラクラン勉(1回戦)が予定されています。