保存版 グランドスラム大会 男子シングルスまとめ【2021-トピック】

ロッド・レーバー像 テニスのBonJin

凡そテニスプレイヤーと呼ばれるすべての者たちが憧れ、目指す究極のトーナメントが四大大会・グランドスラム大会です。
予選に出場することからすでに超のつく難関であり、限られた本戦出場者は最高級のステータスを手にします。
そして更に、ほとんど命懸けとも言える過酷なトーナメントを勝ち上がり頂点を極めることは、その時代の強者の象徴とまで例えられる栄誉となります。

本記事では、その強者たちの系譜を改めて見直すとともに、記録の更新も反映しつつ考察していきたいと思います。

尚、本来の言葉の定義としては、「グランドスラム」というのは四大大会すべてを制すること(「グランドスラム達成」と表現する)を指します。この記事では後述する記録の定義などに関してもできる限り表現を厳密に扱うほか、四大大会=グランドスラム大会と呼びます。

尚、本記事の記録に関してはいわゆる「オープン化」以降に限って取り上げています。

グランドスラム男子シングルス大会 時系列決勝一覧表

大会 決勝(優勝 / 準優勝
1968 全豪 全豪オープンは1969年からオープン化
  全仏 K.ローズウォール / R.レーバー
  WB R.レーバー / T.ローチ
  全米 A.アッシュ / T.オッカー
1969 全豪 R.レーバー / A.ヒメノ
  全仏 R.レーバー / K.ローズウォール
  WB R.レーバー / J.ニューカム
  全米 R.レーバー / T.ローチ
1970 全豪 A.アッシュ / D.クリーリー
  全仏 J.コデシュ / Z.フラヌロビッチ
  WB J.ニューカム / K.ローズウォール
  全米 K.ローズウォール / T.ローチ
1971 全豪 K.ローズウォール / A.アッシュ
  全仏 J.コデシュ / I.ナスターゼ
  WB J.ニューカム / S.スミス
  全米 S.スミス / J.コデシュ
1972 全豪 K.ローズウォール / M.アンダーソン
  全仏 A.ヒメノ / P.プロワジー
  WB S.スミス / I.ナスターゼ
  全米 I.ナスターゼ / A.アッシュ
1973 全豪 J.ニューカム / O.パルン
  全仏 I.ナスターゼ / N.ピリッチ
  WB J.コデシュ / A.メトレベリ
  全米 J.ニューカム / J.コデシュ
1974 全豪 J.コナーズ / P.デント
  全仏 B.ボルグ / M.オランテス
  WB J.コナーズ / K.ローズウォール
  全米 J.コナーズ / K.ローズウォール
1975 全豪 J.ニューカム / J.コナーズ
  全仏 B.ボルグ / G.ビラス
  WB A.アッシュ / J.コナーズ
  全米 M.オランテス / J.コナーズ
1976 全豪 M.エドモンドソン / J.ニューカム
  全仏 A.パナッタ / H.ソロモン
  WB B.ボルグ / I.ナスターゼ
  全米 J.コナーズ / B.ボルグ
1977 全豪
2大会
R.タナー / G.ビラス
V.ゲルレイティス
 / J.ロイド
  全仏 G.ビラス / B.ゴットフリート
  WB B.ボルグ / J.コナーズ
  全米 G.ビラス / J.コナーズ
1978 全豪 G.ビラス / J.マークス
  全仏 B.ボルグ / G.ビラス
  WB B.ボルグ / J.コナーズ
  全米 J.コナーズ / B.ボルグ
1979 全豪 G.ビラス / J.サドリ
  全仏 B.ボルグ / V.ペッチ
  WB B.ボルグ / R.タナー
  全米 J.マッケンロー / V.ゲルレイティス
1980 全豪 B.ティーチャー / K.ウォーウィック
  全仏 B.ボルグ / V.ゲルレイティス
  WB B.ボルグ / J.マッケンロー
  全米 J.マッケンロー / B.ボルグ
1981 全豪 J.クリーク / S.デントン
  全仏 B.ボルグ / I.レンドル
  WB J.マッケンロー / B.ボルグ
  全米 J.マッケンロー / B.ボルグ
1982 全豪 J.クリーク / S.デントン
  全仏 M.ビランデル / G.ビラス
  WB J.コナーズ / J.マッケンロー
  全米 J.コナーズ / I.レンドル
1983 全豪 M.ビランデル / I.レンドル
  全仏 J.ノア / M.ビランデル
  WB J.マッケンロー / C.ルイス
  全米 J.コナーズ / I.レンドル
1984 全豪 M.ビランデル / K.カレン
  全仏 I.レンドル / J.マッケンロー
  WB J.マッケンロー / J.コナーズ
  全米 J.マッケンロー / I.レンドル
1985 全豪 S.エドバーグ / P.キャッシュ
  全仏 M.ビランデル / I.レンドル
  WB B.ベッカー / K.カレン
  全米 I.レンドル / J.マッケンロー
1986 全豪 開催なし
  全仏 I.レンドル / M.ペルンフォルス
  WB B.ベッカー / I.レンドル
  全米 I.レンドル / M.メチージュ
1987 全豪 S.エドバーグ / P.キャッシュ
  全仏 I.レンドル / M.ビランデル
  WB P.キャッシュ / I.レンドル
  全米 I.レンドル / M.ビランデル
1988 全豪 M.ビランデル / P.キャッシュ
  全仏 M.ビランデル / A.ルコント
  WB S.エドバーグ / B.ベッカー
  全米 M.ビランデル / I.レンドル
1989 全豪 I.レンドル / M.メチージュ
  全仏 M.チャン / S.エドバーグ
  WB B.ベッカー / S.エドバーグ
  全米 B.ベッカー / I.レンドル
1990 全豪 I.レンドル / S.エドバーグ
  全仏 A.ゴメス / A.アガシ
  WB S.エドバーグ / B.ベッカー
  全米 P.サンプラス / A.アガシ
1991 全豪 B.ベッカー / I.レンドル
  全仏 J.クーリエ / A.アガシ
  WB M.シュティッヒ / B.ベッカー
  全米 S.エドバーグ / J.クーリエ
1992 全豪 J.クーリエ / S.エドバーグ
  全仏 J.クーリエ / P.コルダ
  WB A.アガシ / G.イワニセビッチ
  全米 S.エドバーグ / P.サンプラス
1993 全豪 J.クーリエ / S.エドバーグ
  全仏 S.ブルゲラ / J.クーリエ
  WB P.サンプラス / J.クーリエ
  全米 P.サンプラス / C.ピオリーン
1994 全豪 P.サンプラス / T.マーティン
  全仏 S.ブルゲラ / A.ベラサテギ
  WB P.サンプラス / G.イワニセビッチ
  全米 A.アガシ / M.シュティッヒ
1995 全豪 A.アガシ / P.サンプラス
  全仏 T.ムスター / M.チャン
  WB P.サンプラス / B.ベッカー
  全米 P.サンプラス / A.アガシ
1996 全豪 B.ベッカー / M.チャン
  全仏 E.カフェルニコフ / M.シュティッヒ
  WB R.クライチェク / M.ワシントン
  全米 P.サンプラス / M.チャン
1997 全豪 P.サンプラス / C.モヤ
  全仏 G.クエルテン / S.ブルゲラ
  WB P.サンプラス / C.ピオリーン
  全米 P.ラフター / G.ルゼドスキー
1998 全豪 P.コルダ / M.リオス
  全仏 C.モヤ / A.コレチャ
  WB P.サンプラス / G.イワニセビッチ
  全米 P.ラフター / M.フィリポーシス
1999 全豪 E.カフェルニコフ / T.エンクビスト
  全仏 A.アガシ / A.メドベージェフ
  WB P.サンプラス / A.アガシ
  全米 A.アガシ / T.マーティン
2000 全豪 A.アガシ / E.カフェルニコフ
  全仏 G.クエルテン / M.ノーマン
  WB P.サンプラス / P.ラフター
  全米 M.サフィン / P.サンプラス
2001 全豪 A.アガシ / A.クレマン
  全仏 G.クエルテン / A.コレチャ
  WB G.イワニセビッチ / P.ラフター
  全米 L.ヒューイット / P.サンプラス
2002 全豪 T.ヨハンソン / M.サフィン
  全仏 A.コスタ / J.C.フェレーロ
  WB L.ヒューイット / D.ナルバンディアン
  全米 P.サンプラス / A.アガシ
2003 全豪 A.アガシ / R.シュットラー
  全仏 J.C.フェレーロ / M.フェルカーク
  WB R.フェデラー / M.フィリポーシス
  全米 A.ロディック / J.C.フェレーロ
2004 全豪 R.フェデラー / M.サフィン
  全仏 G.ガウディオ / G.コリア
  WB R.フェデラー / A.ロディック
  全米 R.フェデラー / L.ヒューイット
2005 全豪 M.サフィン / L.ヒューイット
  全仏 R.ナダル / M.プエルタ
  WB R.フェデラー / A.ロディック
  全米 R.フェデラー / A.アガシ
2006 全豪 R.フェデラー / M.バクダディス
  全仏 R.ナダル / R.フェデラー
  WB R.フェデラー / R.ナダル
  全米 R.フェデラー / A.ロディック
2007 全豪 R.フェデラー / F.ゴンザレス
  全仏 R.ナダル / R.フェデラー
  WB R.フェデラー / R.ナダル
  全米 R.フェデラー / N.ジョコビッチ
2008 全豪 N.ジョコビッチ / J.W.ツォンガ
  全仏 R.ナダル / R.フェデラー
  WB R.ナダル / R.フェデラー
  全米 R.フェデラー / A.マレー
2009 全豪 R.ナダル / R.フェデラー
  全仏 R.フェデラー / R.セーデリング
  WB R.フェデラー / A.ロディック
  全米 J.M.デルポトロ / R.フェデラー
2010 全豪 R.フェデラー / A.マレー
  全仏 R.ナダル / R.セーデリング
  WB R.ナダル / T.ベルディヒ
  全米 R.ナダル / N.ジョコビッチ
2011 全豪 N.ジョコビッチ / A.マレー
  全仏 R.ナダル / R.フェデラー
  WB N.ジョコビッチ / R.ナダル
  全米 N.ジョコビッチ / R.ナダル
2012 全豪 N.ジョコビッチ / R.ナダル
  全仏 R.ナダル / N.ジョコビッチ
  WB R.フェデラー / A.マレー
  全米 A.マレー / N.ジョコビッチ
2013 全豪 N.ジョコビッチ / A.マレー
  全仏 R.ナダル / D.フェレール
  WB A.マレー / N.ジョコビッチ
  全米 R.ナダル / N.ジョコビッチ
2014 全豪 S.ワウリンカ / R.ナダル
  全仏 R.ナダル / N.ジョコビッチ
  WB N.ジョコビッチ / R.フェデラー
  全米 M.チリッチ / 錦織圭
2015 全豪 N.ジョコビッチ / A.マレー
  全仏 S.ワウリンカ / N.ジョコビッチ
  WB N.ジョコビッチ / R.フェデラー
  全米 N.ジョコビッチ / R.フェデラー
2016 全豪 N.ジョコビッチ / A.マレー
  全仏 N.ジョコビッチ / A.マレー
  WB A.マレー / M.ラオニッチ
  全米 S.ワウリンカ / N.ジョコビッチ
2017 全豪 R.フェデラー / R.ナダル
  全仏 R.ナダル / S.ワウリンカ
  WB R.フェデラー / M.チリッチ
  全米 R.ナダル / K.アンダーソン
2018 全豪 R.フェデラー / M.チリッチ
  全仏 R.ナダル / D.ティエム
  WB N.ジョコビッチ / K.アンダーソン
  全米 N.ジョコビッチ / J.M.デルポトロ
2019 全豪 N.ジョコビッチ / R.ナダル
  全仏 R.ナダル / D.ティエム
  WB N.ジョコビッチ / R.フェデラー
  全米 R.ナダル / D.メドベージェフ
2020 全豪 N.ジョコビッチ / D.ティエム
  全仏 R.ナダル / N.ジョコビッチ
  WB 開催なし
  全米 D.ティエム / A.ズベレフ
2021 全豪 N.ジョコビッチ / D.メドベージェフ
  全仏 N.ジョコビッチ / S.チチパス
  WB N.ジョコビッチ / M.ベレッティーニ
  全米 D.メドベージェフ / N.ジョコビッチ
2022 全豪 R.ナダル / D.メドベージェフ
  全仏 R.ナダル / C.ルード
  WB  
  全米  

グランドスラム大会 優勝記録

グランドスラム大会に関する記録を特に抜き出してみます。
尚、記事タイトルにも記載したようにここでは男子シングルスの記録に限ってまとめますのでご了承ください。

歴代グランドスラム大会 優勝回数

グランドスラム大会通算

  • 1位:22回 R.ナダル:全豪2・全仏14・WB2・全米4
  • 2位:20回 R.フェデラー:全豪6・全仏1・WB8・全米5 / N.ジョコビッチ:全豪9・全仏2・WB6・全米3
  • 4位:14回 P.サンプラス
  • 5位:11回 B.ボルグ
  • 6位:  8回 J.コナーズ・I.レンドル・A.アガシ
  • 9位:  7回 J.マッケンロー・M.ビランデル

全豪オープン

  • 1位:  9回 N.ジョコビッチ

全仏オープン

  • 1位:14回 R.ナダル

ウィンブルドン

  • 1位:  8回 R.フェデラー

全米オープン

  • 1位:  5回 J.コナーズ・P.サンプラス・R.フェデラー

グランドスラム大会 複合記録

グランドスラム大会に関しては、単に各大会を制覇するだけでなく、その時代の王者の証ともなる複合制覇の記録も話題になります。
記録の難易度や稀少性も段違いで、永遠に語り継がれる伝説と言っても過言ではありません。

キャリア・グランドスラム

「生涯グランドスラム」とも呼ばれます。
選手がその現役中に四大大会のすべてを制覇すること。
うち、更に難易度の高いものとして年間グランドスラム(ある1年の全豪から全米までの4大会を順に連続制覇すること。達成者は1969年のR.レーバーのみ。)、ノン・カレンダー・イヤー・グランドスラム(年をまたぐかたちで4連続制覇すること)などと呼ばれる栄誉があります。

キャリア・グランドスラム達成者(オープン化以降)

  • R.レーバー
    1969年に年間グランドスラムで達成。
  • A.アガシ
    1999年全仏で達成。
  • R.フェデラー
    2009年全仏で達成。
  • R.ナダル
    2010年全米で達成。
    2022年全豪でダブル・キャリア・グランドスラム達成。
  • N.ジョコビッチ
    2016年全仏で、ノン・カレンダー・イヤー・グランドスラムと同時達成。
    2021年全仏でダブル・キャリア・グランドスラム達成。

ゴールデン・スラム

4年に1度のオリンピックイヤーに年間グランドスラムとオリンピックを制覇することをこう呼びます。機会も限られるため最難関とされ、達成者は1988年、女子のS.グラフのみです。

キャリア・ゴールデン・スラム達成者(オープン化以降)

  • A.アガシ
    1996年アトランタ五輪で達成。
  • R.ナダル
    2010年全米で達成。

スーパー・スラム

ゴールデン・スラム(年間グランドスラム・オリンピック制覇)に加え同年の年間ツアー最終戦を制することをスーパー・スラム呼びます。2020年現在達成者はいません(ノン・カレンダー・イヤー・スーパー・スラムは女子のS.グラフが1988年に達成)。

キャリア・スーパー・スラム達成者(オープン化以降)

  • A.アガシ
    全豪4回・全仏1回・WB1回・全米2回・アトランタ五輪・1990年最終戦

まとめ

2021年最初のグランドスラム大会である全豪オープンが間もなく開幕します。
その大イベントを前に、かねてよりまとめたいと思っていた項目を記事にしてみました。
また、本記事は、追記・更新を重ねていきたいと考えていますので、今後とも読者の皆様のご参考になれば幸いです。

今年の大会は、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で異例づくしの開催となるようですが、無事に運営されることを切に願うばかりです。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確で新鮮な情報を掲載するよう努めておりますが、文責者の個人的主観による情報、誤情報、内容が最新のものではない情報もございます。訪問・閲覧者の方が当サイトの情報をもとにしたご伝聞・ご利用など企図される場合は、事前に当該各運営元に直接ご確認いただくことをお奨めします。
尚、掲載された内容の正確性の保証及び、正・不正に関わらず生じた損害等の補償に関しましては、当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

テキストのコピーはできません。