グリップ考 試してみるしかないが、変えるなら少しずつ

恐らく、ほとんどの方はグリップ(握り)は若干変化していきます。

こればかりは、とりあえずの基本形でしばらく練習してみて、徐々に自分に合ったグリップを見つけていくしか方法がありません。

私も、初心者指導の際には、モダンテニスの「とりあえず」の基本形、下記の4パターンを試してもらっています。また、あまり選択肢が多くても、初心者~初級者は迷ってしまいますので最低限のグリップチェンジで済むように単純化しています。

暴言を恐れず言い切ると、私は、ストロークでの最適打点(身体からの水平距離と高さ)の感覚さえ掴めれば、中級者くらいまでは以下のグリップで十分だとさえ思っています。

  1. フォアハンド:セミウェスタン …早い時期からスピン系打球を前提としたスイングに慣れておきたい。
  2. バックハンド(片手):セミウェスタン …準備を早く、前でさばくことに慣れたい。
  3. バックハンド(両手):セミウェスタン …非利き手のスイングに慣れたい。
  4. サーブ、ボレー、スマッシュ:コンチネンタル …スライス系打球の感覚に慣れたい。

※ 地面にラケットを水平に置いて、グリップをうえから掴むかたちの握りがウェスタン系です。そこからミリ単位で調整します。

※ ラケットの側面フレームで釘を打つイメージで持つのがコンチネンタルです。金槌をイメージしてください。

そして上記1については、過去記事の ケガをしないために で触れた内容の補足も兼ねています。

私は、ミスショットがトドメとなりましたが、フラットボールを多く打ちたいがための薄めのグリップでテニスエルボーという地味な大ケガを負いました。

テニスエルボーは、フォアかバックでそれぞれ原因や症状も変わるとされており、また、個人のクセもあって一概には決めつけることはできませんが、打球頻度からみてもフォアハンド要因は確率が高いようです。

特にストロークにおける薄いグリップでは、現在のボールスピードやラケット性能に、関節や腱がついていけていないと思うのです。

なので、フォアハンドには、身体の前でボールを捉える(捉えようとする)セミウェスタン以上の厚いグリップをおすすめします。