横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区)

横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin

愛知県名古屋市中村区 横井山緑地テニスコートのご紹介

横井山緑地(よこいやまりょくち)テニスコートは、愛知県中村区にある公営テニスコートエリアです。

横井山緑地は、庄内川沿いにある総面積4.08haの広い都市街区公園です。

1980年に開園されたということです。

施設概要

横井山緑地は、四季の花々の鑑賞、散策路、軽スポーツ施設、子ども達の遊び場として、長く市民に愛されてきた公園です。

公園には、テニスコートのほか、以下の施設やエリアがあります。

  • 多目的広場
  • 噴水広場
  • 遊具広場
  • 児童園
  • ウォーミングアップコーナー
  • 区民の森(桜)
  • 八社コミュニティセンター
  • 植栽エリア
  • 健康散策園路(1周650mの散策路、スイセンの花や紅葉が楽しめます)

春には桜も楽しめるほか、夏はサルスベリ、秋は紅葉、冬にはスイセン(中村区の花、6万本もの植栽があるらしい)と、四季折々の便りを感じられる都会のオアシスです。

「横井山」という名称がついていますが、ほとんど平坦な場所で、あえて言うなら「丘」とも呼べるかどうか。

緑地の一部なのか独立しているのかは不明ですが、西側に準源寺という無住のお寺(大師堂などあり)の敷地が若干小山になっている程度です。

あとで調べたところ、どうやら加藤清正公をお祀りしている古いお寺とのこと。

名古屋市中村区ということで、豊臣に縁のある場所は多いですね。

アクセス

愛知県名古屋市中村区横井1

クルマ
駐車場 テニスコート利用者専用 5,6台

市バス
「横井町」停 徒歩2分、「中村住宅」停 徒歩5分

公共交通機関のアクセスは少し不便です。

最寄り駅は、近鉄名古屋線「伏屋(ふしや)」駅ですが、1.5kmほど離れています。

テニスコート

独立したテニスコートエリアで、ハードコートが1面です。

エリアの周りは、鬱蒼とした森林に囲まれ、木陰もできやすいため夏場でも意外に涼しく感じると思います。

コートには審判台、屋根付きベンチ、街なかですがナイター照明施設もあります。

テニスコートエリア外、すぐ隣に、更衣室、トイレ(公園共用)があります。

また、多目的広場のほうになりますが、壁打ちスペース(野球のバックネット兼用、地面はクレー)がありました。

市街地・住宅地なので、飲食店やコンビニエンスストアなどもちょっと歩けばあります。

飲食には困らないと思います。

名古屋市:中村土木事務所

052-412-7302

名古屋市スポーツ・レクリエーション情報システム:メニュー

各施設には、個別の利用条件などがありますので、都度運営元機関にご確認ください。


横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin
●テニスコート全景
ひっそりと1面。サーフェス塗装はあまり新しくはありません。横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin
●テニスコート全景
日中は日陰が多いコートです。横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin
●テニスコートエリア全景
奥は多目的広場です。横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin
●更衣室
テニスコートエリア入口すぐにあります。横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin
●公園共用トイレ
更衣室と並んであります。横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin
●多目的広場
中央左奥に壁打ち場があります。横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin
●噴水広場
テニスコート側通路から見ています。横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin
●緑地表札

横井山緑地テニスコート(愛知県名古屋市中村区) テニスのBonJin
●駐車場(テニスコート利用者専用)
コート1面利用なので、同じグループが5,6台詰めて利用しています。

愛知県名古屋市のテニスコート

愛知県のテニスコート一覧
愛西市 愛知郡 海部郡 あま市 安城市 一宮市 稲沢市 犬山市 岩倉市 大府市 岡崎市 尾張旭...

テニスコートの運営種別について

公営テニスコート

国営・県営・市営・町営など、公有地をテニスコート施設として運営している形態のものです。
公共サービスの一環として運営され、もっとも一般的で、一般の方でもなじみのあるテニスコートだと思います。
金額も格安で、単位時間は様々ですが、だいたいが1面1時間あたり300円~1,000円の範囲だと思います。
ほとんどの場合、抽選形式でコート予約をすることになりますが、各自治体、各コートによって申込み、利用、支払いなどのルールは異なります。

誰であれ登録すれば利用できる施設もあれば、その自治体に住所か勤務地がないと利用できないケースや、利用はできても利用料金が異なるケースもよく見られます。

現在はネット予約・抽選の方法が幅広く利用されるようになっていますが、その前提条件としてのルールを事前によく確認して利用するようにしましょう。

民営テニスコート

単に一般の方や企業が私有地テニスコートを商用として貸し出ししているケースはほとんどないと思います。

団体と継続的な契約でも結べない限り、スペースと運営費を考えても面貸しだけの事業化は困難と言えます。

民営の場合は、テニススクールの一定時間の面貸しや、ホテル、ペンション、旅館など宿泊施設の施設としての面貸し、或いは企業の福利厚生として従業員のために貸し出しているケースなどがほとんどだと思います。

企業の福利厚生利用施設以外は、利用者の制限はあまりないものの(スクール生のみの貸し出しというスクールもありますが)、費用は割高になることが多く、1面1時間あたり1,500円~3,000円ほどにはなると思います。

テニスは、天候にも左右され、また、一人ではできない(壁打ち、サーブ練習を除く)ものなので、コート予約や、人集めなどサークルや複数の人との協力が必要なスポーツです。

逆にだからこそ、雑多なことも含め、年齢や性別、それぞれの立場を超えた社会性も養えるスポーツであると、前向きにとらえて楽しむことも重要ではないでしょうか。