鼓ヶ浦サン・スポーツランドテニスコート(三重県鈴鹿市)

鼓ヶ浦サン・スポーツランド テニスのBonJin

三重県鈴鹿市
鼓ヶ浦サン・スポーツランドテニスコート

鼓ヶ浦サン・スポーツランドテニスコートは、三重県鈴鹿市の公営テニスコート。
鼓ヶ浦サン・スポーツランドという名称の総合運動施設内にあります。

この施設は、大正時代に開設され多くの人で賑わう「鼓ヶ浦海水浴場」に沿った立地に1987(昭和62)年に建設されたもので、長く市民の憩いの場として人気のあるスポットです。

鼓ヶ浦海水浴場 | 三重県鈴鹿市を観光するなら すずかし観光ガイド

施設概要

鼓ヶ浦サン・スポーツランドは総合運動施設で、以下のような施設があります。

  • フットサルコート
    砂入り人工芝サーフェス1面。ナイター照明あり。
  • 多目的広場
    クレー1面。軟式野球、ソフトボール、運動会など。
  • クリケットボールコート
    クレー1面。
  • 遊具広場
  • 会議室
  • テニスコート 矢印↓

アクセス

〒510-0254 三重県鈴鹿市寺家3-14-1

クルマ
駐車場 無料 56台
近鉄名古屋線
「鼓ヶ浦(つづみがうら)」駅 徒歩約10分。

テニスコート

総合運動施設として運営されていますが、中でもテニスコートがメインと言っても良いほどエリアが広く、きれいに整備されています。

スポーツランドは、上述したように名勝地でもある「鼓ヶ浦海水浴場」と堀切川という小さな川を挟んで接している立地で、コートにも潮風が香るある意味贅沢な環境とも言えます。

テニスコートは全部で6面、3面ずつのエリア区画で、それぞれが広々として開放的な空間です。
また、ちょっとした大会でも観客など対応可能なようにコートエリア全体を囲むように観覧スペース兼専用通路があり、随所にベンチもある設計です。

サーフェスはすべて砂入り人工芝で、全面ナイター照明があります。
コートエリアの南側に接する管理棟(クラブハウス)は、受付事務所のほか、余裕のあるロビーやトイレ・更衣室が用意されています(シャワー設備もあります)。

飲料自動販売機が管理棟外側にありますが、立地的に飲食店はあまり見られないのでそれなりの準備があったほうが良いでしょう(夏場の海水浴シーズンならば歩いてビーチまで行けば露店や海の家があると思いますが…^^;)

海辺のリゾート気分を満喫できそうなテニスコート。
まるでアメリカなどで見られるような風景、海水浴も楽しみながら短パンだけで日焼けテニスといったシチュエーションが実現できるかもしれません。

問合せ・予約:
鼓ヶ浦サン・スポーツランド 059-386-3745

スポーツ施設(公園)/鼓ヶ浦サン・スポーツランド - 鈴鹿市ホームページ
三重県鈴鹿市の公式ホームページです。国際的な観光都市として知られる鈴鹿市は、産業・経済・文化・市民生活など調和の取れた発展を続け、日本有数のレーシングコースである鈴鹿サーキットがあり、日本のモータースポーツの聖地とも言われます。
施設案内-鼓ヶ浦サン・スポーツランド

各施設には、個別の利用条件などがありますので、都度運営元機関にご確認ください。


鼓ヶ浦サン・スポーツランド テニスのBonJin
●テニスコート全景

鼓ヶ浦サン・スポーツランド テニスのBonJin
●テニスコート全景
テニスコートエリアの周囲は通路兼観覧席でもあります。

鼓ヶ浦サン・スポーツランド テニスのBonJin
●テニスコート全景
大型の照明施設があります。

鼓ヶ浦サン・スポーツランド テニスのBonJin
●管理棟

鼓ヶ浦サン・スポーツランド テニスのBonJin
●管理棟ロビー

鼓ヶ浦サン・スポーツランド テニスのBonJin
●駐車場

鼓ヶ浦サン・スポーツランド テニスのBonJin
●鼓ヶ浦サン・スポーツランド案内看板

鼓ヶ浦サン・スポーツランド テニスのBonJin
●鼓ヶ浦海水浴場(オマケ)
あまりに美しい砂浜だったので載せておきます。
伊勢湾に面し、遠浅で立派な松の木が多いです。


愛知県のテニスコート一覧
愛西市 愛知郡 海部郡 あま市 安城市 一宮市 稲沢市 犬山市...

にほんブログ村 テニスブログへ 

テニスコートの運営種別について

公営テニスコート

国営・県営・市営・町営など、公有地をテニスコート施設として運営している形態のものです。
公共サービスの一環として運営され、もっとも一般的で、一般の方でもなじみのあるテニスコートだと思います。
金額も格安で、単位時間は様々ですが、だいたいが1面1時間あたり300円~1,000円の範囲だと思います。
ほとんどの場合、抽選形式でコート予約をすることになりますが、各自治体、各コートによって申込み、利用、支払いなどのルールは異なります。

誰であれ登録すれば利用できる施設もあれば、その自治体に住所か勤務地がないと利用できないケースや、利用はできても利用料金が異なるケースもよく見られます。

現在はネット予約・抽選の方法が幅広く利用されるようになっていますが、その前提条件としてのルールを事前によく確認して利用するようにしましょう。

民営テニスコート

単に一般の方や企業が私有地テニスコートを商用として貸し出ししているケースはほとんどないと思います。

団体と継続的な契約でも結べない限り、スペースと運営費を考えても面貸しだけの事業化は困難と言えます。

民営の場合は、テニススクールの一定時間の面貸しや、ホテル、ペンション、旅館など宿泊施設の施設としての面貸し、或いは企業の福利厚生として従業員のために貸し出しているケースなどがほとんどだと思います。

企業の福利厚生利用施設以外は、利用者の制限はあまりないものの(スクール生のみの貸し出しというスクールもありますが)、費用は割高になることが多く、1面1時間あたり1,500円~3,000円ほどにはなると思います。

テニスは、天候にも左右され、また、一人ではできない(壁打ち、サーブ練習を除く)ものなので、コート予約や、人集めなどサークルや複数の人との協力が必要なスポーツです。

逆にだからこそ、雑多なことも含め、年齢や性別、それぞれの立場を超えた社会性も養えるスポーツであると、前向きにとらえて楽しむことも重要ではないでしょうか。